LINEを使い始めて、「友だち」を確実に登録したい場合は、「QRコード」か「招待」を使うのがおすすめ。さらに、登録した友だちの名前を、自分がわかりやすいように変更することも可能。これを機会に、文字サイズを大きく表示してLINEをもっと使いやすいようにするなど覚えておくと便利だ。

友だち登録する方法を教えて

LINEで友だちを登録するには、まず、「ホーム」画面右上の友だち追加アイコンをタップして、「友だち追加」画面を表示する。連絡先を登録したい相手が目の前にいる場合は、QRコードを使うと便利だ。

お互いのスマホで「友だち追加」画面を表示し、画面の上にある「QRコード」をタップ。QRコードの読み取り画面が表示されたら、その中に「マイQRコード」という文字があるので、どちらかがそこをタップ。すると、その人のQRコードが表示されるので、相手がそのQRコードを読み取って、次に表示される画面で「追加」をタップすればOK。

離れた場所にいる人を追加したい場合は、「招待」機能を使おう。「招待」をタップすると、SMSかメールアドレスかを選ぶ画面が表示されるので、そのどちらかを選んで招待したい相手に招待メールを送る。それを受け取った相手がメールの文面に表示されているリンクをタップすると、友だちに追加してもらえるという仕組みだ。

スマホの位置情報をオンにして、近くにいるLINEユーザーを検出する「ふるふる」という機能を使う方法もある。こちらは、複数人の友だちをまとめて追加したいときに便利だ。

ただし、この機能は、偶然近くでふるふる機能を使っている人も表示されてしまうことがあるので、気をつけよう。

そのほか、LINE IDや電話番号を使って友だちを探す「検索」機能も利用できるが、これらは相手が年齢認証やID登録をしていないと検索結果に出てこない。確実に登録するなら「QRコード」か「招待」を使うのがおすすめだ。

「友だち追加」の方法は4種類

画像1: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう

「ホーム」画面を開き、右上の人型のアイコンをタップする。

画像2: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう

「友だち追加」画面が表示される。「招待」「QRコード」「ふるふる」「検索」という4種類の方法が選べる。

相手の「QRコード」を読み取る

「QRコード」をタップすると、QRコードの読み取り画面になる。相手のQRコードを枠内に写そう。

画像3: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう
画像4: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう

読み取った相手のプロフィール画像と名前が表示される。間違いなければ「追加」をタップ。

SMSやメールで「招待」できる

画像5: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう

「招待」をタップし、ここでは「SMS」を選択した。招待したい相手を選択し、「招待」をタップ。

画像6: 【LINEとは③】友達の追加方法は4種類 離れた場所なら「招待」機能を使おう

受信した人がSMSの本文の中にあるリンクをタップすると、送信した人を友だちに登録できる。



This article is a sponsored article by
''.