ワークマンといえば、作業服、作業用品のイメージが強いですが、最近はカジュアルな女性向けウェアやスポーツ・アウトドアウェアが従来の高品質・低価格で購入できると人気沸騰中です。この記事では、ワークマンの新コンセプトストアと、春夏新製品をご紹介しています。

ワークマンの「春夏新製品発表会」に参加しました!

ワークマンといえば、作業服、作業用品のイメージが強いですが、最近はカジュアルな女性向けウェアやスポーツ・アウトドアウェアが従来の高品質・低価格で購入できると人気沸騰中です。この記事では、話題の女性向けアイテム・スポーツウェア・アウトドアウェアをはじめとした注目の春夏新製品をご紹介します。

また、新しく改装された「ワークマンさいたま佐知川店」では、従来通りの建築作業員等の仕事でワークマンを利用する顧客と、ファッションアイテムやスポーツウェアを購入する一般顧客それぞれに合わせて看板や内装が変化する「W's Concept Store」という新しい試みが進行中です。

この記事では、ワークマン「2020年の春夏新製品発表会」の様子と、新しい試み「W's Concept Store」の魅力に迫ります。

編集部が話題の「ワークマン佐知川店」に突撃!

「W's Concept Store」って?

画像: 「W's Concept Store」って?

2020年3月18日に、ワークマンさいたま佐知川店にて、2020年春夏新製品発表会が行われました。実は、この佐知川店、訪れるお客さんの客層に合わせて看板や内装が変化する「W's Concept Store」なんです!

時間帯によって変化する店舗

画像: 【WORKMAN】佐知川店看板 youtu.be

【WORKMAN】佐知川店看板

youtu.be

看板、正面マネキン、パネル、照明、香りや音楽など、様々な要素を変えることで、同じ商品でも、作業着を買いに来たプロ客も、ファッション・アウトドアアイテムを買いに来た一般客も、店頭に置かれた製品を「自分の購入対象製品」にみえるようにするための工夫を施しています。

この試みの背景には、ファッション性を重視した「ワークマンプラス」で販売されている商品と、従来の作業着・作業用品を提供する「ワークマン」で販売されている製品が同じであることを一般客に印象付けることで、一般客の「ワークマン」既存店への来店を促進したいという思いがあるそうです。

画像: ワークマンプラス店舗の様子。スタイリッシュな外観で一般客から人気沸騰中。 www.workman.co.jp

ワークマンプラス店舗の様子。スタイリッシュな外観で一般客から人気沸騰中。

www.workman.co.jp
画像: ワークマン店舗の様子。作業服を購入するプロ客は、やっぱりこちらの店舗に愛着がある。 www.workman.co.jp

ワークマン店舗の様子。作業服を購入するプロ客は、やっぱりこちらの店舗に愛着がある。

www.workman.co.jp

見せ方ひとつで印象がガラリと変化

それでは、さっそく店内の様子を見ていきましょう!

同じジャケットも別々の印象に

画像: 同じジャケットも別々の印象に

まずはこちらのマネキンに注目。なんと、2体のマネキンが着用しているジャケットは、実は同じシリーズのデザインのものなんです!着こなし次第で、ラフなイメージにも、カチッとした仕事着にもなり、同じ製品でも見せ方次第でイメージがガラッとかわるのが印象的ですね。

店内のディスプレイにも注目

朝、昼、夕方と、訪れる客層に合わせて店内を変化させていくワークマン。こちらの動画は、朝(プロ客向け「ワークマン」)から、昼(一般客向け「ワークマンプラス」)に切り替わる際にディスプレイに映されるものになります。コミカルな演出がかわいらしい雰囲気ですね。

画像: 【WORKMAN】佐知川店店内ディスプレイ www.youtube.com

【WORKMAN】佐知川店店内ディスプレイ

www.youtube.com

そのほかにも、「ワークマン」から「ワークマンプラス」に変身する際に、照明は「無機質な昼光色」からスポットライトによるやさしい暖光色」に、店内の香りも「仕事用にやる気の出る爽やかな香りから、リラックスできる香り」に切り替えているそうです。

展示会のみの体験ブースを体験

編集部イシジマさんの愛機iPhoneXを…

店内には、展示会のみの特別ブースとして、製品の撥水性を試せる体験ブースも設置されていました。ワークマン製品といえば機能性の高さが有名ですが、その中でも撥水性はピカイチ。「ワークマンといえば防水ウェア」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。

せっかくなので、編集部メンバーも体験ブースで撥水性を試してみました!今回撥水性を実験するのは、「4D撥水STRETCHデニムパンツ」です。

画像: イシジマ「ちょいと、失礼します(ビクビク…)」

イシジマ「ちょいと、失礼します(ビクビク…)」

同行していた編集部メンバー・イシジマさんのiPhoneを、水でぬらす前のポケットにイン。ポケットのファスナーにもしっかりと撥水加工がされていましたが、「ほんとに水をかけても大丈夫なの?」と心配そうなイシジマさん…
その心配をよそにYさんがジャーっとシャワーをかけていきます。写真ではわかりにくいですが、ブース内は水たまりができるほどしっかり水浸しになっています。水をかけ終わった後、恐る恐るiPhoneをとりだすと、ポケット内は驚くほどさらりとしていて、iPhoneも全く濡れておらず、無事でした!

画像: 編集部イシジマさんの愛機iPhoneXを…

ジーンズの裏地を見てみると、しっかりと撥水加工が施されていることがわかります。水辺に行くことも多いこれからの時期、このジーンズが1本あると重宝しそうですね!

気になる春夏新製品は?

編集部の春夏イチオシウェアはコレ

編集部メンバーのイチオシは、なんといってもデザイン性の優れた女性向けウェアの数々。デイリー使いはもちろんのこと、キャンプなどのアウトドアや、ちょっとしたスポーツ等でも大活躍しそうな「ハイストレッチUVワンピース」は、実際に着用してみると肩のラインがほっそり見え、気になる腰回りもしっかりカバーしてくれます。こんなに高機能なのに、1500円(税込)という価格にも驚きです。この夏大活躍間違いなしの一着ですね。

画像1: workman.jp
workman.jp

ほかにも、シンプルなデザインがおしゃれな「高撥水フーデッドロング」は、かわいさだけでなくワークマン製品独自の高撥水性が魅力的です。トレンチ感覚でさらりと羽織れるので、少し肌寒い時や梅雨時期にヘビロテしそうな予感。2900円(税込)というアウターとしては破格のお値段も、うれしいポイント。

画像2: workman.jp
workman.jp

ハイコスパなスポーツ用ウェアも

ランニングや部活など、毎日使うスポーツウェアは何枚あってもうれしいですね。こちらの「冷感リフレクティブ フランク半袖Tシャツ」は、一枚580円(税込)で吸汗速乾、接触冷感、UVカットを兼ね備えたハイコスパな一品。反射板もついており、夜道のランニング等も安心です。

画像3: workman.jp
workman.jp

一部店舗での先行販売であっという間に完売してしまう人気商品も多数だとか。販売開始されたら、即ゲットにし行ってくださいね!

まとめ

ファッショナブルさと、プロから支持される「高品質・低価格」が見事に融合

今回の「春夏新製品発表会」に参加して、「作業服・作業用品のワークマン」ならではの機能性や、そして新しいニーズにこたえファッショナブルさを追求した新製品の魅力をとことん味わうことができました。

スポーツやアウトドアの機会が増える夏、高機能・高品質なワークマンの新商品をワードローブに取り入れてみてはいかがでしょうか?また、「ワークマン」「ワークマンプラス」両方の顔を持つ「W's Concept Store さいたま佐知川店」にも、ぜひ足を運んでみてくださいね!

This article is a sponsored article by
''.