キャノンデール・ジャパンが、日本仕様の新型e-bike「Quick NEO」を発売した。ボッシュ製の高性能ドライブユニット「G3アクティブラインプラス」の搭載により、パワフルなアシスト走行を実現したのが特徴。

キャノンデール
Quick NEO

●価格:31万9000円

キャノンデール・ジャパンが、日本仕様の新型e-bike「Quick NEO」を発売した。ボッシュ製の高性能ドライブユニット「G3アクティブラインプラス」の搭載により、パワフルなアシスト走行を実現したのが特徴。

画像1: キャノンデール Quick NEO

このユニットは軽量かつ静音で、ペダルにかかる抵抗も少なく設計されているためアシストオフ状態でも軽快な走りが楽しめる。

画像2: キャノンデール Quick NEO

また、500Whの大容量バッテリーをフレーム内に格納したことで、スマートな外観も実現している。変速機はSHIMANO ALTUS(9速)。タイヤは700×35c。スタンド、ラックマウントなども標準付属。

画像3: キャノンデール Quick NEO

●問い合わせ先:キャノンデール・ジャパン https://www.cannondale.com/ja-jp

This article is a sponsored article by
''.