【既定のアプリとは】起動するアプリを変更する方法(Windows10)

ガジェット

ここでは、Windows10の設定操作の疑問と悩みを解説する。Windowsでは、ファイルをクリックしたときに起動するアプリが、ファイルの種類ごとに決められている。これを「規定のアプリ」という。ファイルをクリックしたら、思っていたのとは違うアプリが起動することがないように設定しておきたい。

設定操作の疑問と悩み
ファイルをクリックしたら、思っていたのとは違うアプリが起動した

Windowsでは、ファイルをクリックしたときに起動するアプリが、ファイルの種類ごとに決められている。これを「規定のアプリ」という。

どの種類のファイルにどのアプリが割り当てられているかは「設定」→「アプリ」→の「規定のアプリ」で確認できる。

「規定のアプリ」を確認する

どのファイルがどのアプリに割り当てられているか、ファイルの拡張子を基準に確認することができる。

規定のアプリは簡単に変更することができる。開きたいファイルを右クリックし「プロパティ」を選択。「全般」タブの「プログラム」項目で「変更」をクリックする。

そこに、その種類のファイルを開くことができるアプリがリスト表示されているので、その中から好きなアプリを選べばいい。選んだアプリが「このアプリを今後も使う」に表示され、「規定のアプリ」になる。

開くアプリを変更し、それを「既定のアプリ」にする

開きたいファイルを右クリックし、「プロパティ」→「プログラム」の「変更」をクリック。

このファイルを開くことができるアプリがすべて表示される。その中から、規定のアプリにするものを選ぶ。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース