メインに使うブラウザーとしてはおすすめしないが、まだWindows10でもIEは付属している。スタートメニューの「Windowsアクセサリ」の中にある「Internet Explorer」をクリックすれば、IEを起動可能だ。ここでは、他のおすすめブラウザーも併せて解説していく。

ブラウザーの疑問と悩み
「IE」って、もうなくなってしまったの? 使う方法はある?

Windows10では「Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)」(Edge)標準のブラウザーとなっており、「インターネット エクスプローラー」(IE)は使えないと思っている人もいるかもしれない。だが、IEはまだWindows10に付属しており、スタートメニューをたどると、「Windowsアクセサリ」の中にある。

ただし、メインに使うブラウザーとしてはおすすめしない。Windows10に移行したばかりの人だと、なじみ深いIEを使いたい人も多いだろう。しかし、最近はIEに非対応のサイトもあり、「ページの表示速度」「安全性」「機能性」のいずれの面でも、やや時代遅れの感が否めない。

Windows10で「IE」を使う方法

スタートメニューの「Windowsアクセサリ」の中にある「Internet Explorer」をクリックすれば、IEを起動することができる。

画像: ■ Windows10で「IE」を使う方法

標準のEdgeでは、ウエブページの表示速度が大幅にアップ。最新のセキュリティ技術により安全性も向上している。また、文字が書き込める「Webノート」などのユニークな機能もある。

半面、一部ではIEでしか閲覧できないサイトもある。IEは、このようなサイトに使うサブ的な存在と割り切ろう。

Windows10では、Edge以外にも、「Google Chrome(グーグルクローム)」(Chrome)「Firefox(ファイアーフォックス)」などのブラウザーがあるので、これらへ乗り替える手もある。

「IE」よりもほかのブラウザーがおすすめ

現在、初めてIEを起動すると、Edgeへの移行を促すページが表示される。IEを使っている人は、ほかのブラウザーへ乗り替えるのが無難だ。

画像: ■ 「IE」よりもほかのブラウザーがおすすめ

Windows10で利用される主なブラウザー

アプリ名提供元特徴など
Microsoft
Edge
マイクロ
ソフト
Windows10の標準ブラウザー。IEよりもウエブを高速表示
でき、安全性も向上。2020年4月以降、Chromeと同じベースの
ブラウザーに生まれ変わる。
Google
Chrome
Google世界で最もユーザー数が多い。「YouTube」「Gmail」など、
Googleの各種サービスとの連係が強み。ブックマークや履歴は、
複数機器間での同期に対応。
FirefoxMozilla広告のブロック、メモリー使用量の低減などにより、ページ読み
込み速度を高速化。テーマなどカスタマイズ性にも優れ、拡張
機能の種類もかなり充実。
インターネット
エクスプローラー
マイクロ
ソフト
Windows 8.1までの標準ブラウザー。最新バージョンは11。
Windows10にも互換性などのためインストールはされているが、
推奨はされていない。---

解説/宮下由多加(ライター)

This article is a sponsored article by
''.