よく使う書式設定は、新しい「スタイル」として登録することをおすすめする。メニューから選ぶだけで同じ効果を違う文書でも簡単に適用できる。複数の小見出しに適用するときは、「Ctrl」を押しながら選択していくと一度で済む。

Word時短
めんどうな書式設定を複数の場所に素早く行う

よく使う見出しの設定を登録すると時短効果が高い

文中の小見出しや囲み記事などは、文字の種類やサイズ、文字修飾を本文とは変えることが多い。

ここで解説する例題の文書の中の「3R(スリーアール)」の文字列は、フォントをメイリオの太字(ボールド)にして下線を追加、文字色を「濃い青」にしている。

同じ設定を「エコ」の文字にも適用したいが、一つ一つ作業するのはめんどうだ。

そこで、この書式設定を新しい「スタイル」として登録し、メニューから選ぶだけで同じ効果を適用できるようにした。

複数の小見出しに適用するときは、「Ctrl」を押しながら選択していくと一度で済む。大見出しなども、好みの設定をスタイルに登録しておくと便利だ。

書式設定したい部分を選択して「ホーム」画面の「スタイル」で「スタイルの作成」を選ぶ。

画像: ❶ 書式設定したい部分を選択して「ホーム」画面の「スタイル」で「スタイルの作成」を選ぶ。

「書式から新しいスタイルを作成」の画面でわかりやすい名前を付けて「OK」。

画像: ❷ 「書式から新しいスタイルを作成」の画面でわかりやすい名前を付けて「OK」。

同じ書式にしたい部分を選択して「スタイル」欄から作成したスタイルを選ぶ。

画像: ❸ 同じ書式にしたい部分を選択して「スタイル」欄から作成したスタイルを選ぶ。

■解説/下島 朗 [エントラータ]

This article is a sponsored article by
''.