新型コロナウイルスの影響で、web会議やテレワークが急増中。こちらの記事では、初めてオンライン会議用の機材を購入する人向けに、スピーカーとマイクがセットになった、ヘッドセットとスピーカーフォンの2種類の機材のそれぞれの選び方や、おすすめ製品をご紹介していきます。

web会議用のオーディオ機器の選び方

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、様々な会社でテレワークやweb会議が取り入れられ、web会議用のオーディオ機器の需要が高まっています。しかし、今までweb会議をしたことがない人にとっては、いきなりニーズに合った適切な機器を選ぶのは少し大変かもしれません。

ヘッドセットかスピーカーフォンがおすすめ

こちらの記事では、初めてweb会議用の機材を購入する人向けに、スピーカーとマイクがセットになったオーディオ機器をセレクトしてご紹介していきます。今回ご紹介している機器は、ヘドセットとスピーカーフォンの2種類。大型ECサイト等で評価が高い、売れ行き商品の中から、それぞれの用途に合った製品をご紹介。

それぞれのメリットを確認しよう

ヘッドセットはヘッドフォン・イヤフォンとして着用して使用するオーディオ機器で、周囲の音を遮断して作業したい場合や、周囲の人に会議の音声を聞こえないように作業したい場合、音質の良さ・クリアさを求める場合におすすめです。

スピーカーフォンは、スピーカーと集音マイクが一体化された製品で、机の上に直置きして使用します。ハンズフリーで作業したい人や、イヤフォン・ヘットフォンの着用感が苦手な人、周囲の音に気を配らなくてもいい場合などにおすすめです。

有線・無線どちらを選ぶかも重要

また、どちらの製品もUSBケーブルなどでPCやスマホに接続して使用する「有線タイプ」と、Bluetooth接続などができる「無線・ワイヤレスタイプ」があります。有線タイプは通信の安定性があり、無線タイプはケーブルがないため持ち運びや着用が楽、といったそれぞれのメリットがあるため、自分が何を重視しているかに合わせて選びましょう。

ヘッドセット(マイク付きヘッドフォン)

①有線タイプ

ゼンハイザー
PCヘッドセット

画像: ゼンハイザー PCヘッドセット

通話音声のクオリティの評価が高い、ドイツの有名ヘッドフォンブランド「ゼンハイザー」のヘッドセット。価格が安価でありながら、ノイズキャンセリング機能など、通話に必要な機能は十分なクオリティ。また、高音質でクリアな通話が可能なため、オンライン会議のオーディオ機材に悩んでいるなら、とりあえずコレ!という一品。シンプルなデザインで軽いつけ心地も人気です。

画像1: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
ゼンハイザー
PCヘッドセット PC3
▼ヘッドバンド型ステレオVoIPヘッドセット 英語版(日本語ガイド付き)▼対応機種 : φ3.5mmステレオミニジャック仕様のマイク入力およびヘッドフォン出力端子を装備したPC/AT互換機▼保証期間 : 2年▼附属品 : クイックガイド(保証書含む)(Amazon)

Razer
Kraken Green ゲーミングヘッドセット

画像: Razer Kraken Green ゲーミングヘッドセット

もともとはゲーミング用のヘッドセットでありながら、1万円以下で購入できる価格の安さと、音質の良さからweb会議用にも人気の高い製品。ゲームプレイ中のかすかな足音や爆発音などのダイナミックな音までを幅広く対応できるヘッドセットなので、よりクリアな音声でweb会議ができるとユーザーの間で人気沸騰中です。長時間のゲームプレイに合わせて、冷却ジェル注入型イヤークッションで熱がこもる不快感を抑制し、柔らかい布とレザーレットで快適性と遮音性を実現しているので、着用感も良いです。

画像2: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
Razer(レイザー)
Kraken Green ゲーミングヘッドセット
RZ04-02830200-R3M
▼プラットフォームを超えた互換性:3.5 mm ステレオミニ端子を使用して PC、PS4、Xbox One、Switch、モバイルデバイスで使用可能。▼PCヘッドセット端子接続用スプリッターケーブル(3.5mm端子x 2)も付属▼周波数特性:100 Hz ~ 10 kHz / S/N 比:≥ 60 dB(Amazon)

②無線タイプ

ビーツ
Beats Solo3

画像: ビーツ Beats Solo3

スタイリッシュなデザインと、細かなチューニングと幅広い音域で、高音質で音楽鑑賞をしたいユーザーの間で人気のワイヤレスイヤホン。電話への応答、音楽の操作、Siriの起動もできる多機能のオンイヤーコントロールがついてるため、web会議にも対応できます。音質・デザイン重視のワイヤレスヘッドフォンを求めている人におすすめ。

画像3: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
ビーツ
Beats Solo3
▼Class 1のBluetooth経由であなたのデバイスと接続して音楽をワイヤレスで楽しめます▼世界中で支持されている、賞を獲得したBeatsのサウンドとデザイン▼最大40時間持続するバッテリーで数日間再生できます▼Fast Fuel機能を搭載し、バッテリー残量が少なくなっても5分の充電で約3時間再生できます(Amazon)

サウンドピーツ
Q30 HD Bluetooth イヤホン

画像: サウンドピーツ Q30 HD Bluetooth イヤホン

スポーツにも最適な軽量・高音質のワイヤレスイヤフォン。一度充電すれば14時間程度連続して使用可能です。マイクは完全内蔵型で、ノイズキャンセリング機能付きなので、クリアな音声で通話することが可能です。また、ワイヤレスイヤフォンにありがちな接続の問題もクリア。混雑した街中でも安定して通信できます。

画像4: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
SoundPEATS(サウンドピーツ)
Q30 HD Bluetooth イヤホン
▼最先端のチップ[クアルコム社のQCC3034]を採用し、最新規格であるBluetooth 5.0に対応。▼コーデックはAAC、aptX、aptX HDに対応し、iPhoneやAndroidスマートホンなど多くのモバイルデバイスでの高音質な音楽・動画再生を実現いたしました。(Amazon)

スピーカーフォン

①有線タイプ

サンワサプライ
USBマイク

画像: サンワサプライ USBマイク

高感度マイクユニットを採用しており、集音範囲5m以内という広範囲の音を拾うことができるUSBマイク。多人数での会議やパソコンから離れた場所での通話などに便利です。エコーキャンセリング機能付きです。Skypeなどのインターネット通話に対応しています。しっかりした重みのあるメタルハウジングです。

画像5: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
サンワサプライ
USBマイク
MM-MCUSB33
▼広範囲の集音が可能な高感度マイクユニットを採用しています。▼多人数での会議やパソコンから離れた場所での通話などに便利です。▼エコーキャンセリング機能付きです。(Amazon)

Kaysuda
USBマイクロホン

画像: Kaysuda USBマイクロホン

コンパクトなサイズでどこでも手軽に持ち運ぶことができるスピーカーフォン。半径3mを周王できる全指向性集音マイクで、まるで対面で会話をしているかのような、鮮やかな音声を再現することができます。また、エコー除去技術を使用しているので、周りの反響および雑音を気にせず会議をすることができます。スピーカーフォンの中でもクオリティと低価格を兼ね備えたハイコスパな一品。

画像6: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
Kaysuda
USBスピーカーフォン
▼プラグ・アンド・プレイ技術を使用されていますので、専用のドライバーをインストールする必要がなく、パソコンに差し込むとすぐに使用できます。▼QQ,Wechat,Skype, Google Hangout, Facetime, Chromebox,Zoom, Cisco WebEx, GotoMeetingなど、主要なオンライン会議アプリに対応しています。(Amazon)

②無線タイプ

アンカー
PowerConf

画像: アンカー PowerConf

全指向性マイクにより、全方向から声を漏れなく集めることができ、最大8人程度までの会議に対応しています。エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を採用しており、クリアな通話を実現しました。また、声の大きさ・距離に関係なく音量を最適化し、相手側に均一な音量で声を届けます。Bluetoothによるワイヤレス接続と付属のUSB-C & USB-Aケーブルでの有線接続に対応しており、複雑な設定をすることなく簡単に使用することができます。一度の満充電で最大24時間の連続使用が可能。

画像7: 【web会議の機材アイテム】マイクが一体化したヘッドセットがおすすめ 多人数ではスピーカーフォンが有効
Anker
スピーカーフォン
AK-A3301011
▼全指向性マイク搭載:6つの全指向性マイクを360°に配置することにより、全方向から声を漏れなく集めます。▼8人程度までの会議に最適です。▼優れた音声処理機能:エコーキャンセリングや残響抑制、ノイズリダクション機能を採用しており、クリアな通話を実現しました。(Amazon)

まとめ

いかがでしたか?「急きょweb会議をやることになったけど、何から揃えればいいかわからない!」という時は、スピーカーとマイクが一体化したヘッドセットやスピーカーフォンが1つあると重宝します。作業環境や周囲の人と相談し、自分にあった製品を選んでみてください。質の高いオーディオ機材でテレワークを快適に過ごしてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.