最新モデルの気になる実力を、プロが実写でズバリ診断!オリンパスのフラッグシップたるE-M1シリーズの最新モデル。AFの性能向上や、ライブND、ジョイスティックの装備など、見逃せない進化点も多い。

システム全体でコンパクトなのでネイチャー系に強い

ミラーレス/マイクロフォーサーズ

オリンパス
OM-D E-M1 MarkⅢ
●実売価格例:21万7800円(ボディ)
●サイズ・重量/幅134.1㎜×高さ90.9㎜×奥行き68.9㎜・580g

画像: システム全体でコンパクトなのでネイチャー系に強い
画像: グリップの前後に二つの電子ダイヤルを備えるほか、機能を変えられるボタン類も多く、カスタマイズ性の高さも見どころだ。

グリップの前後に二つの電子ダイヤルを備えるほか、機能を変えられるボタン類も多く、カスタマイズ性の高さも見どころだ。

画像: 十字ボタンの上にジョイスティックを新設。測距点の移動操作が快適になった。モニターはバリアングル式でタッチ操作も可能だ。

十字ボタンの上にジョイスティックを新設。測距点の移動操作が快適になった。モニターはバリアングル式でタッチ操作も可能だ。

レンズマウント有効画素数
マイクロフォーサーズ2037万
AF測距点最高感度
121点ISO 2万5600
最高連写速度撮影可能枚数
18コマ/秒420枚

外観が先代モデルと変わらず新型感は低めだが、機能や操作性が大きく進化

同社のフラッグシップたるE-M1シリーズの最新モデル。最大7段分の効果を誇るボディ内手ブレ補正や、夜空にもピントが合う星空AF、5000万画素記録が可能な手持ちハイレゾショット、USB給電/充電対応などの機能強化が図られている。

外観は先代のMarkⅡとほぼ同じで、撮像センサーやEVF(電子ビューファインダー)などのスペックも同じとあって、新型感が低めなのは物足りないが、画像処理エンジンは最新鋭。

顔/瞳優先AFの性能向上や、日中でも低速シャッターが切れるライブND、素早く直感的な測距点選択が可能なジョイスティックの装備など、見逃せない進化点も多い。

実写ではローパスフィルターレスならではのキレのいい描写を見せ、発色は鮮やかめ。撮像センサーが小さいこともあって高感度はやや弱いが、ISO3200でも実用的な画質が得られるので、不満を感じない人も多そうだ。

マイクロフォーサーズとしては大がらで重さもあるが、堅牢なマグネシウム合金ボディにトップクラスの防塵・防滴・耐低温仕様とあってネイチャー系の撮影に強い。交換レンズを含むシステムのコンパクトさも売りなので、野鳥をねらいたい人にもおすすめだ。

■ISO3200でもノイズは少なく、細かい部分の描写も良好

画像: キットレンズのM.ED12~40ミリで撮影。ISO3200の高感度だが、ノイズは少なく、細かい部分の描写も良好。発色もいい。

キットレンズのM.ED12~40ミリで撮影。ISO3200の高感度だが、ノイズは少なく、細かい部分の描写も良好。発色もいい。

■採点表

基本画質高感度画質
★★★★ ★★★  
AF・連写ボディの作り
★★★★★★★★★★
先進機能レンズラインアップ
★★★★★★★★★ 
※満点は5個

■こんな人におすすめ!
ハイエンドのスペックを軽快に楽しみたい人。高速連写性能や悪天候への強さを生かしたスポーツ、ネイチャー系など、これ一台で多用途に活用したい人にもおすすめだ。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/北村智史(カメラライター)

This article is a sponsored article by
''.