自分が食べたものをすべて書き出すレコーディングダイエットは、食べ過ぎを防ぐ効果的な方法。けれども「食事記録を書くことが面倒で長続きしない」という人におすすめしたいのが、ダイエットアプリ『あすけん』です。食事メニューを選ぶだけで摂取カロリーや栄養の過不足がわかり、栄養士のアドバイスも届く優れもの。夏に向けて健康的にダイエットをはじめませんか。

レコーディングダイエットとは?

食事制限なし。食べたものを記録するだけ

レコーディングダイエットは、食事制限をせずに1日の食事量と運動量を記録するだけで痩せられるというダイエット法。自分が食べたものを把握することで問題点がわかり、食べ過ぎ予防につながります。2007年に「オタキング」こと評論家の岡田斗司さんが、117キロから67キロへの大減量を成功し、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)をきっかけに流行しました。

ダイエットアプリ『あすけん』とは?

3カ月で平均4.0キロ減

毎日の食事と運動を記録するだけで、カロリー計算だけでなく、タンパク質や炭水化物などの栄養素を自動計算。栄養士からのアドバイスを参考に食生活や運動習慣を改善して健康的なダイエットをサポートします。実際にユーザーデータ分析では、3カ月で平均4.0キロ減のダイエット効果も実証済み(※)。会員数は400万人を超え、App Storeでは4.2の高評価を得ています。※初期体重がBMI25以上で3カ月継続したユーザーの平均

『あすけん』のココがスゴイ!

外食メニューやコンビニ商品にも対応

ご飯、味噌汁、焼き魚…などの食事メニューはもちろん、コンビニ商品や外食メニュー、市販の冷凍食品を含む10万件以上のデータをインプット。「セブンイレブンの〇〇弁当」「すき家の牛丼」「日清カップヌードル」を選ぶだけで食事記録が完成します!

カロリーと栄養素の摂取量がわかる

1日の食事を記録すると摂取カロリーだけでなく、15の栄養素の構成グラフが表示されます。ダイエットというとカロリーに目がいきがちですが、「タンパク質が不足」「糖質が過剰」などがわかるので、栄養バランスを意識しながら食生活を改善できます。

日常活動の消費カロリーも一目瞭然

消費カロリーは、家事や掃除、階段の上り下り、ウオーキングなどの日常活動を選択して時間を入力するだけで自動計算。摂取カロリーと比べて消費カロリーが少なければ、もっと運動を取り入れようと自ら積極的に行動ができます。

栄養士の評価とアドバイスが毎日届く

1日の食事と運動を総合評価した点数と栄養士によるアドバイス、食事の改善法やおすすめメニューを参考に健康的にダイエットができます。マンツーマンで指導してくれる専属コーチのような存在です。

『あすけん』の使い方

まずは、App Storeでアプリを無料ダウンロード。生年月日や身長、体重などの基本情報を入力しておきましょう。

カラダ記録

今日の日付を選ぶと「カラダ記録」「朝食」「昼食」「夕食」を入力できる画面が表示されます。一番上の「カラダ記録」の「記録」を選択!

画像1: カラダ記録

② 画面に体重・体脂肪、お通じ、本日の調子を入力します。朝起きたとき、お風呂に入る前など時間を決めて計測しましょう!

画像2: カラダ記録

食事記録

①まずは朝食の記録からスタート!フリーワードで食べたものを入力します。

画像1: 食事記録

②「ご飯」を選択すると白米・玄米・雑穀などの種類やグラム数が表示されます。この中から当てはまるものを選択。

画像2: 食事記録
画像: 「納豆」を選ぶと商品名が出てくるので簡単に入力できます!
「納豆」を選ぶと商品名が出てくるので簡単に入力できます!

③すべてのメニューを入力すると朝食の摂取カロリーが表示されます

画像3: 食事記録
画像: グレープフルーツは丸ごとではなく、1/3個であれば数値を変更。すべてこのように調整できます。

グレープフルーツは丸ごとではなく、1/3個であれば数値を変更。すべてこのように調整できます。

④同様に昼食や夕食も入力します。

画像4: 食事記録
画像: カレーライスを入力すると外食メニューやコンビニ商品、レトルト商品が表示されます。

カレーライスを入力すると外食メニューやコンビニ商品、レトルト商品が表示されます。

⑤間食は「おせんべい」「チョコレート」などをフリーワードで入力。それぞれ商品名が出てくるので選択します。

画像5: 食事記録
画像: 商品名と数量、カロリーが出てきます。すべて入力すると「こんなに食べていた!?」と驚いてしまいます(笑)

商品名と数量、カロリーが出てきます。すべて入力すると「こんなに食べていた!?」と驚いてしまいます(笑)

運動記録

①運動記録の画面は、「日常生活」「歩行・走行」などのカテゴリーに分かれています。「日常生活」には、「家事全般」「入浴」「部屋の掃除」などのメニューがあるので該当するものを選んで所要時間を入力。

画像1: 運動記録

②すべて入力すると消費カロリーが表示されます。

画像2: 運動記録

摂取カロリーと総合評価、アドバイス

食事記録が終わると1日の摂取カロリーが表示されます。ちなみに私の本日の摂取カロリーは1861カロリーでした。そして「アドバイス」を選択します。

画像1: 摂取カロリーと総合評価、アドバイス

あすけん健康度(総合評価)と栄養士からのアドバイスが表示されます。カロリーは適正ですが、脂質が多いので量を減らした方がいいと改善策が書かれています。

画像2: 摂取カロリーと総合評価、アドバイス

栄養素グラフも表示されます。脂質と飽和脂肪酸、塩分が過剰。ビタミンAとビタミンB2が不足。あとは適正でした。

画像: 食事バランスでは主菜と間食(お菓子・アルコール)が過剰と診断されました。おすすめの食材やメニューなども紹介してくれます。

食事バランスでは主菜と間食(お菓子・アルコール)が過剰と診断されました。おすすめの食材やメニューなども紹介してくれます。

実際にチャレンジした感想

食事の記録は選ぶだけ。納豆などの市販商品、コンビニのお弁当やスイーツ、外食メニューもインプットされているので、とても簡単に正確な数値を入力できます。これまで3日坊主でしたが、2週間程度続いています!

そして栄養素の摂取量が数値化されて過不足がわかるので、食事メニューを選ぶときに「脂質や糖分は控えよう」「野菜や果物を食べてビタミンを摂ろう」と意識するように。間食もあらかじめ数量を決めるなど自分自身をコントロールできるようになりました。

まとめ

『あすけん』を使ったレコーディングダイエットなら我慢したり、やらされてる感ではなく、自主的に正しい食生活と運動を意識して健康的にダイエットができます。ぜひ、みなさんもチャレンジしてみてください。

◆藤田美佐子(編集ライター)
京都在住。フリーランスの編集兼ライターとして観光、食、求人、医療、ブライダルなど幅広い取材・執筆活動を行う。1児の母。趣味はマラソン、糖質オフやグルテンフリーを実践する健康オタク。

This article is a sponsored article by
''.