関東をはじめ、全国的に梅雨入りとなった6月中ば。通勤や通学などで使うレインシューズの購入を考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、数あるレインシューズを形のタイプ別にご紹介。あなたのライフスタイルやファッションに合わせたお気に入りの一品を見つけてみてください。

梅雨といえばレインシューズ

実は大人かわいいデザインが豊富

6月も半ばになり、関東をはじめ、全国的に梅雨入りとなりました。通勤や通学などで使うレインウェアを買い足したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

レインコート、レインポンチョなど、様々な雨具がありますが、どんな方にとってもこの時期重宝するのはやはり「レインシューズ」ではないでしょうか。水たまりや、横殴りの雨、車の水はねなどによって、ついつい水浸しになりやすい足元をカバーしてくれるレインシューズは、1つあるだけでもとても便利。

また、最近のレインシューズは大人でもお洒落に履けるデザインが豊富。「雨靴なんて幼稚園以来履いてない…」「子どもっぽくならないか不安」という心配は無用です。この記事では、数あるレインシューズを形のタイプ別にご紹介。あなたのライフスタイルやファッションに合わせたお気に入りの一品を見つけてみてください。

ロングブーツタイプ

アウトドアからガーリーまで豊富なデザイン

「レインシューズ」と聞いてまず思い浮かべるのはこちらの「長靴」タイプのブーツではないでしょうか?最近では大人用も豊富なデザイン・カラーバリエーションのものが増え、雨の日のファッションのワンポイントとして取り入れる人が急増中。このタイプなら、雨の日だけでなく、水辺のキャンプなどのアウトドアでも大活躍。梅雨だけでなく、夏のアウトドアも視野に入れて新調してみるのも良さそう。

HUNTER(ハンター)

画像1: www.locondo.jp
www.locondo.jp

英国王室御用達の伝統的ラバーブーツブランド、ハンターブーツのレインシューズは形のスタイリッシュさやカラーバリエーションの豊富さのみならず、機能性・履き心地も抜群。ちょっとお値段は張るけれど、永く良いものを使いたい人には一押しのブランドです。

Achilles(アキレス)

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

千鳥格子模様がワンポイントのガーリーなデザインのロングブーツ。日用生活用品から産業資材まで、多彩なゴム製品を手掛ける日本の老舗企業「アキレス」の国産長靴です。品質はもちろん、通勤やガーデニングなどに気軽に使えるお値段もありがたいポイント。

ショートブーツタイプ

サイドゴアタイプが人気

蒸し暑い梅雨時期でも履きやすいショート丈のレインブーツは人気の型。その中でも、最近流行中のサイドゴアブーツタイプが人気。様々なブランドがサイドゴアタイプの商品を展開しているので、お気に入りを探してみるのも良さそう。もちろん、他のデザインでも履きやすくファッショナブルなデザインが多いのが特徴。

Odette e Odile(オデット エ オディール)

画像2: www.locondo.jp
www.locondo.jp

ウィングチップデザインが可愛らしい、普段使いもできそうなファッショナブルなレインブーツ。サイドゴアタイプのなのでレインブーツ特有の履きにくさを解消しています。

K's PLUS(ケーズプラス)

画像3: www.locondo.jp
www.locondo.jp

サイドのボタンがポイントとなったおしゃれなレインブーツ。雨の日のコーディネートのワンポイントになりそうです。雨の日ならではのおしゃれを楽しみたい人におすすめ。

パンプスタイプ

普段使いOKなおしゃれデザインが豊富

雨の日はレインシューズを履きたいけど、ちゃんとオフィスに合ったファッションをしたいという方は、パンプスタイプがおすすめ。電車通勤などでほとんど雨に濡れない場合でも、ちょっとした水たまりを防げるレインシューズは便利です。

MAMIAN(マミアン)

画像4: www.locondo.jp
www.locondo.jp

雨の日に限らず、普段使いもできるおしゃれなレインパンプス。カラーバリエーションも豊富なので、自分の普段のファッションに合わせて選んでみてください。

Launa lea ballet (ラウナレアバレエ)

画像5: www.locondo.jp
www.locondo.jp

可愛らしいバレエシューズタイプのレインシューズ。ふかふかの履き心地が持続するクッション性に優れたインソールを使用しているので長時間履いても疲れにくいのが特徴。

スニーカータイプ

防水機能付きのスニーカー

防水機能のついたスニーカータイプのレインシューズは、カジュアルファッション好きの方に人気。「えっ?スニーカーなのに防水?」と思った方も、一度お試しあれ。ブーツよりも楽な履き心地に、病みつきになる人も多いそう。

moz(モズ)

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

北欧の人気ブランド「moz」のスニーカータイプのレインシューズ。愛嬌たっぷりのエルク(ヘラジカ)の柄が魅力で子供から大人まで広く愛されています。

ARNOLD PALMER(アーノルドパーマー)

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

人気ブランド「アーノルドパーマー」のスニーカー。シンプルなデザインで普段着に合わせやすく、1つあると重宝します。アウトドアでも大活躍の一足。

ローファータイプ

フォーマルなのに雨仕様

カジュアルすぎず、かと言ってパンプスほど張り切らず…そんなレインシューズをお探しの方にはローファータイプがおすすめです。もちろん、ローファーといっても革製ではなく、合成皮革なので、雨をしっかり弾いてくれますよ。

unity (ユニティ)

画像6: www.locondo.jp
www.locondo.jp

マニッシュなスタイルだけでなく、さまざまなスタイルに合う1足。つま先の圧迫を軽減するスクエアトゥを採用しているので疲れにくいのも魅力です。

JELLY BEANS(ジェリービーンズ)

画像7: www.locondo.jp
www.locondo.jp

晴雨兼用で履けるレースアップシューズ。黒のレースアップシューズはどんな服装にも合わせやすいですよね。雨の日だけでなく、普段履きにしても◎

まとめ

いかがでしたでしょうか?ひとくちに「レインシューズ」といっても種類は様々。お気に入りのブランドで探すもよし、お値段で探すもよし。きっとあなたのライフスタイルや普段のファッションに合うものがきっと見つかるはずです。素敵なシューズで快適な梅雨ライフを!

This article is a sponsored article by
''.