放送コンテンツをネット配信し始めたのはテレビよりもラジオが先。まずは全国の民放ラジオが放送と同時にネット配信(サイマル配信)を行なった。民放とNHKラジオ番組を配信する「radiko(ラジコ)」は大人気だ。また、2020年4月からNHKのテレビがネット同時配信を開始した。

NHKテレビサイマル配信を開始。テレビ/ラジオ用アプリはここがすごい!

テレビ・ラジオがネット経由で楽しめるようになって、もう数年が経過したが、2020年4月からNHKのテレビがネット同時配信を開始して、新たなステージに到達した。現状でのテレビ/ラジオのネット配信がどのようになっているのか確認しておこう。

radiko
提供元:radiko Co.,Ltd.
無料

画像1: radiko 提供元:radiko Co.,Ltd. 無料
AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

放送コンテンツをネット配信し始めたのはラジオが先。まずは全国の民放ラジオが放送と同時にネット配信(「サイマル配信」という)を行う「radiko(ラジコ)」というサービスが登場(対応アプリもリリース。以下同)。

radikoは、自分が今いる地域で聴取できる放送局のサイマル配信と、その放送局の聴き逃し配信(過去1週間分)を無料で聴ける。また、月額385円のプレミアム会員になれば、日本全国のサイマル配信と聴き逃し配信を利用できる。

民放&NHKラジオ番組配信
民放ラジオとNHK第1・NHK-FMのサイマル配信が無料で聴ける。有料プランでは全国の番組が聴ける。

画像2: radiko 提供元:radiko Co.,Ltd. 無料

らじるらじる
提供元:NHK
無料

画像1: らじるらじる 提供元:NHK 無料
AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

NHKも、ラジオ第1・第2・FMの3波を自社サービスおよびスマホアプリの「らじる・らじる」でサイマル配信、一部番組の聴き逃し配信を無料で行っている。現状、ラジオ放送のほとんどの番組は、リアルタイムと聴き逃し配信がスマホで楽しめるわけだ。

NHKラジオ番組配信
全国のNHK第1、第2、NHK-FMの3波のサイマル配信と一部番組の聴き逃し配信が無料で聴けるアプリ。

画像2: らじるらじる 提供元:NHK 無料

TVer
提供元:PRESENTCAST INC.
無料

画像1: TVer 提供元:PRESENTCAST INC. 無料
AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

テレビは、民放各社の見逃し配信サービスにアクセスできるポータルとして、無料で利用できる「TVer(ティーバー)」がある。残念ながら原則としてサイマル配信はない。

民放テレビのポータル
民放テレビ各社の無料見逃し配信へアクセスできるポータルアプリ。地方局の番組も見ることができる。

画像2: TVer 提供元:PRESENTCAST INC. 無料

NHKプラス
提供元:NHK
無料

画像1: NHKプラス 提供元:NHK 無料
AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

民放テレビがサイマル配信を開始しない中、NHKは「NHKプラス」というサービスを開始し、地上波総合テレビとEテレのサイマル放送を開始。

現在は午前6時から深夜0時までの約18時間にわたり、サイマル配信を行っている。事実上、これが日本初の地上波番組サイマル配信となる。権利の関係上、ネットで見せられない映像に静止画がかぶるといった難点もあるが、テレビにとって大きな一歩といえるだろう。

NHKテレビ番組配信
NHKの地上波総合とEテレのサイマルと見逃し配信が無料で見られる。サイマル配信は6時から24時まで。

画像2: NHKプラス 提供元:NHK 無料

※価格は記事作成時のものです。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.