リモートデスクトップ関連のアプリは数多くあるが、初心者でも特に扱いやすいのが、Googleの「Chrome(クローム))リモートデスクトップ」だ。導入方法はいたって簡単。自宅のパソコンとタブレットやスマホ側の設定について解説する。

オフィスの机だけが仕事の場所ではない!
仕事で会議をしたり、学校の授業を受けたり、ライブに参加したり、ショッピングをしたりなど、今、私たちの生活は急速にオンライン化が進んでいます。それを使いこなすカギは、スマホとパソコン。さあ、この特集で、新たな日常を、もっと便利に楽しみましょう。

オンライン生活 リモートワーク編
自宅に置き忘れたファイルを取り寄せる!

スマホやタブレットからパソコンをリモートで操作する

リモートワークで自宅のパソコンでの作業が多くなると、当然、書類や資料なども自宅のパソコンに保存することが増えてくる。そうなると、出社してオフィスのパソコンで作業を行う際に、ファイルが自宅のパソコンにしかない、という失敗が起こりがちだ。

そうしたミスをカバーするのに役立つのが、「リモートデスクトップ」環境の導入だ。これを使えば、オフィスのパソコンからはもちろん、スマホやタブレットからも自宅のパソコンを遠隔操作できる。自宅のパソコンに保存されているファイルを引き出したり、そこにしか入っていないアプリを操作したりすることもできる。

リモートデスクトップ関連のアプリは数多くあるが、初心者でも特に扱いやすいのが、Googleの「Chromeリモートデスクトップ」だ。

導入方法はいたって簡単で、まず自宅のパソコンで「Chrome」を開き、アドレスバーに「remotedesktop.google.com/access」と入力する。

次に、設定画面のダウンロードボタンをクリックし、拡張機能のインストールを実行。あとは画面の指示に従って作業を進め、最後にリモート接続用に6桁以上のPINコードを入力すれば設定完了だ。

一方、スマホ側はアプリストアから「Chromeリモートデスクトップ」アプリをインストールし、パソコンと同じGoogleアカウントで起動。

自宅パソコンのデスクトップ画面が表示されたら、スマホのタップ操作で遠隔操作を行うことが可能だ。

「Chromeリモートデスクトップ」の導入

まずパソコンの「Chrome」からリモートデスクトップ設定を表示し、「リモートアクセスの設定」のダウンロードボタンをクリックしよう。

画像1: ● 「Chromeリモートデスクトップ」の導入

画面の指示に従ってインストールを実行。最後に、別のデバイスから接続する際の暗証番号として6桁以上のPINコードを入力すればOKだ。

画像2: ● 「Chromeリモートデスクトップ」の導入

カーソル操作は「トラックパッドモード」がおすすめ

スマホで操作する場合、画面右下のメニューの「トラックパッドモード」をオンにすると、スマホの画面全体を使って緻密なカーソル操作が行える。右クリックは2本指タップで実行可能だ。

画像: ● カーソル操作は「トラックパッドモード」がおすすめ

キーボードで文字を入力する

文字入力が必要な際は、メニューから「キーボードを表示」をタップ。なお、iOS端末の標準キーボードで日本語入力ができない場合は、代わりに「Gboard」というキーボードアプリを使うといい。

画像: ● キーボードで文字を入力する

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.