アユートは、Astell&Kernブランドのポータブルハイレゾプレーヤー「A&futura SE200」の国内販売を開始した。最大の特徴は、史上初となるマルチDAC設計。ESS社の最新チップ「ES9068AS」を左右独立搭載したデュアル構成のDACと、旭化成エレクトロニクス社の最高級チップ「AK4499EQ」によるシングル構成のDACを搭載しており、聴く音楽や好みに合わせて選択できる。

Astell&Kern 
A&futura SE200

●実売価格:24万円程度

アユートは、Astell&Kernブランドのポータブルハイレゾプレーヤー「A&futura SE200」の国内販売を開始した。最大の特徴は、史上初となるマルチDAC設計。

画像1: Astell&Kern A&futura SE200

ESS社の最新チップ「ES9068AS」を左右独立搭載したデュアル構成のDACと、旭化成エレクトロニクス社の最高級チップ「AK4499EQ」によるシングル構成のDACを搭載しており、聴く音楽や好みに合わせて選択できる。

画像2: Astell&Kern A&futura SE200

アンプ回路も、それぞれ独立設計されているので、DACの個性と性能を最大限引き出すことが可能だ。音源は、DSD11.2Mヘルツ、PCM384kヘルツ/32ビットに対応。

●問い合わせ先:アユート https://www.aiuto-jp.co.jp/

※この記事は『特選街』2020年7月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.