クラウドファンディング(略してクラファン)は、クラウド(群衆)とファンディング(投資)を組み合わせた造語。新しい物や、人とは違った物が好きな人は、購入型プロジェクトが多いサイト「Makuake」などがおすすめだ。災害復興支援などを目的にした寄付型もある。

クラウドファンディングって最近よく聞くけど、何なの?

クラウドファンディング(略してクラファン)は、クラウド(群衆)とファンディング(投資)を組み合わせた造語だ。ここでは、購入型を中心に説明しよう。

例えば、あなたが画期的な製品を思いついたとする。しかし、それを作る資金と販路がない。そこで、クラウドファンディングのサイトに自分のアイデアを公開し、その製品に賛同する支援者を募る。そして、代金を前払いしてもらい、目標金額が集まったら製品を作って支援者に送るというのが、一般的な仕組みだ。

買う側(支援者)からすると、限定品の予約購入のように考えると理解しやすい。ただし、支援者が少なくて予定の金額が集まらないと、企画が流れて返金される。

クラウドファンディングでの購入の流れ

購入型クラウドファンディングは、企画段階の製品を購入予約するイメージだ。ほかに、寄付型や融資型もある。

画像: ● クラウドファンディングでの購入の流れ

今は、個人や中小企業だけでなく、大手メーカーが意欲的な新製品の企画を載せていることも多い。新しい物や、人とは違った物が好きな人は、購入型プロジェクトが多いサイトを閲覧してみると、それだけで楽しいはずだ。

購入型のプロジェクトが多い定番サイト

Makuake

スマホで閲覧していたら、コーヒー焙煎機を見つけた。すでに支援が成立している。

画像: Makuake(プロジェクトページ)

Makuake(プロジェクトページ)

自分も欲しくなったので支払い手続きページへ。カード払いとコンビニ決済が可能。

画像: Makuake(支払い手続きページ)

Makuake(支払い手続きページ)

そのほかの大手クラウドファンディング

CAMPFIRE

購入型クラファンの老舗。プロジェクト成立率が高く、楽しい企画を探すならここ。

画像: CAMPFIRE

CAMPFIRE

READYFOR

国内初の購入型クラファンとしてスタートし、今は支援型や社会貢献型が多い大手。

画像: READYFOR

READYFOR

なお、こうした購入型のほかに、災害復興支援などを目的にした寄付型もある。イベントを開催したい、本や写真集を出したいといったプロジェクトも多い。

目標金額に達しなくても、集まった分だけ企画者に贈られる方式もある。支援金額によってリターン(返礼品)が変わることも多い。

◆解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.