キャッシュレス決済や動画視聴、ビデオ通話と日常生活で活躍するフマートフォン。気になる5Gの展開なども合わせ、富士通「arrows」やソニー「Xperia 1 II」、サムスン「Galaxy S20 Ultra 5G」、OPPO「Reno3 5G」など、5Gのおすすめモデルを6つ紹介する。

5Gスマホが続々登場!エリアも拡大中で、いよいよ普及加速へ

次世代の高速通信規格、5G。2020年3月の開始当初はスポット的な展開で、つながる場所を探す必要があったが、各社ともエリアは徐々に強化している。5Gは基地局を数多く設置する必要があり、現状では4Gのように広範囲をカバーできているわけではないが、東京都の主要駅など、5Gで高速通信できるケースも増えてきた。

現状ではスポット的な展開にとどまる

2020年8月時点では、5Gエリアはスポット的な展開。下の画像はau(KDDI)のエリアマップだが、赤や黄色の丸が5Gで、オレンジの4Gに比べて限られる。

画像: 現状ではスポット的な展開にとどまる

とはいえ、各社がエリア整備に本腰を入れるのは、秋以降と見られる。その鍵になるのが、「周波数の転用」だ。5Gには、従来よりもはるかに高い周波数帯の「ミリ波」、従来より少し高い周波数帯の「サブ6」があるが、加えて、4G用に割り当てた周波数の一部を5Gに転用する方針を総務省が表明。

これによってエリアが一気に拡大する可能性が高まってきた。転用なら、ソフトウエアの更新だけで済む場合も多く、短期でのエリア化が可能(速度やエリアは4Gと同じ)。さらに、DSSという技術により、4Gと5G、それぞれに割り当てる帯域の幅を動的に変更できるため、4G端末と5G端末の共存が可能となる。

5Gの新しい周波数帯に注目!

種類周波数帯特徴
ミリ波28Gヘルツ極めて高速かつ大容量通信が可能。電波の直進性が強く、エリアが限定される。
現在は、対応端末が少ない。
サブ6
(Sub-6)
3.7Gヘルツ
4.5Gヘルツ
4Gよりも高速かつ大容量通信が可能。4Gに近い周波数帯で、つながりやすく、
エリアも広げやすい。
4G転用
※今後開始予定
800Mメルツ
900Mヘルツ
2.0Gヘルツ
3.5Gヘルツ
4Gの周波数帯を流用するもので、新しく設置が許可された。基地局は設置し
やすいが、速度やエリアは、現在の4Gとほぼ同じ。

実際、KDDIソフトバンクは、基地局の増設に加え、4Gの周波数を積極的に転用する方針を明かしている。そして、両社は、それぞれ2022年3月に5万局の5G基地局を設置する予定だ。

5G基地局も、今後急速に設置が進む

楽天モバイルは、5Gサービス開始を2020年9月以降に延期すると発表。

画像: 5G基地局も、今後急速に設置が進む

端末も、秋には5G対応ⅰPhoneの発売が噂されているほか、Googleなどでミドルレンジモデルの登場も予定され、さらにラインアップが広がっていくだろう。いよいよ5Gの本格普及が近づいている。

5Gおすすめモデルはこれだ!
富士通
arrows 5G

実売価格例:11万8008円

ドコモ

画像: arrows 5G

arrows 5G

ディスプレイ6.7型有機EL 1440×3120
メインカメラ4800万/1680万/800万
●本体サイズ/幅76㎜×高さ164㎜×厚さ7.7㎜
●本体重量/171g

超高速なミリ波対応の国内メーカーモデル

arrowsでは久しぶりのハイエンドモデルで、ミリ波にも対応。下り最大4.1Gbpsの超高速通信を利用できる。ハンドソープで丸洗いも可能。「Photoshop Expressモード」により自動補正がかけられるカメラも魅力だ。

5Gおすすめモデルはこれだ!
ソニー
Xperia 1 II

実売価格例:12万3552円

ドコモ  au  SIMフリー 

画像: Xperia 1 II

Xperia 1 II

ディスプレイ6.5型有機EL 1644×3840
メインカメラ1220万/1220万/1220万※深度測定(ToF)カメラも搭載
●本体サイズ/幅72㎜×高さ166㎜×厚さ7.9㎜
●本体重量/181g

大型センサー搭載でカメラを大幅に強化

Xperia初の5Gモデルで、カメラを大幅に強化。メインカメラは大型の1/1.7型センサーで、暗所でも美しい写真が撮れる。20コマ/秒の高速連写など一眼レフの技術を応用。有機ELディスプレイも色合いが美しい。

5Gおすすめモデルはこれだ!
サムスン
Galaxy S20 Ultra 5G

実売価格例:16万5980円

 au 

画像: Galaxy S20 Ultra 5G

Galaxy S20 Ultra 5G

ディスプレイ6.9型有機EL 1440×3200
メインカメラ1億800万/1220万/4800万※深度測定(ToF)カメラも搭載
●本体サイズ/幅76㎜×高さ167㎜×厚さ8.8㎜
●本体重量/222g

1億800万画素の超高精細カメラを搭載!

Galaxy S20シリーズの最上位モデルで、カメラ性能が売り。メインカメラは1億800万画素で、センサーサイズも1/1.33型と大型。望遠カメラはペリスコープ型で、光学4倍、超解像なら100倍ズームに対応する。

5Gおすすめモデルはこれだ!
ZTE
ZTE a1

実売価格例:5万9980円

 au 

画像: ZTE a1

ZTE a1

ディスプレイ6.5型液晶 1080×2340
メインカメラ4800万/800万/200万 ※深度測定(ToF)カメラも搭載
●本体サイズ/幅76㎜×高さ164㎜×厚さ9.2㎜
●本体重量/190g

4眼カメラ搭載の割安なミドルレンジモデル

「ちょうどいい5G」をうたい、価格はハイエンドの半額程度となる約6万円。背面カメラは、4800万画素のメインのほかマクロなど4眼構成。前面カメラも3200万画素。ただし、おサイフケータイや防水には非対応。

5Gおすすめモデルはこれだ!
シャープ
AQUOS R5G

実売価格例:11万8008円

ドコモ  au  ソフトバンク 楽天モバイル

画像: AQUOS R5G

AQUOS R5G

ディスプレイ6.5型液晶 1440×3168
メインカメラ4800万/1220万/1220万 ※深度測定(ToF)カメラも搭載
●本体サイズ/幅75㎜×高さ162㎜×厚さ8.9㎜
●本体重量/189g

10億色表示の高速IGZOディスプレイ搭載

4キャリアから販売される5G端末。広角レンズで8K動画の撮影ができ、再生時にAIが被写体を自動で追いかける「フォーカス再生」にも対応。ディスプレイは10億色表示の120ヘルツ駆動で、動画再生も滑らかだ。

5Gおすすめモデルはこれだ!
OPPO
Reno3 5G

実売価格例:6万8400円

ソフトバンク

画像: Reno3 5G

Reno3 5G

ディスプレイ6.55型有機EL 1080×2400
メインカメラ4800万/1300万/800万/200万
●本体サイズ/幅72㎜×高さ159㎜×厚さ7.7㎜
●本体重量/171g

6.55型有機EL&4眼カメラ搭載の買い得機

新興メーカーOPPO製で、6万円台後半ながら、おサイフケータイにも対応。超広角、標準、モノクロ、望遠のクアッド(4眼)カメラを搭載し、前面カメラも3200万画素と高画素。動作も速く、使い勝手がいい。

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.