iOS14は、現在、パブリックベータ版が配信中で、正式版が秋にリリースされる。5G対応の新iPhoneともども、登場が今から楽しみだ。iPhone登場時から続いてきたホーム画面の"基本"が大きく変わり、「ウィジェット」と「App(アップ)ライブラリ」が導入される。

ウィジェットなどiPhoneのホーム画面が大きく変わる!

間もなく登場するiOS14では、iPhone登場時から続いてきたホーム画面の"基本"が大きく変わり、「ウィジェット」と「App(アップ)ライブラリ」が導入される。

ウィジェットは、ホーム画面に配置できるミニアプリで、ニュースや天気予報といった情報を常時表示可能。アプリをわざわざ起動することなく、必要な情報にアクセスできる。これまでも、ウィジェット自体は存在したが、専用画面にまとめられていた。iOS14では、これをホーム画面に直接配置できるのが最大の違いだ。

iOS14にはウィジェットのほか、さまざまな機能の追加や改善が含まれる

Appライブラリとは、iPhoneにインストールした全アプリを表示する画面のこと。つまり、ホーム画面にはユーザー自身がセレクトしたアプリしか表示されなくなる。Androidスマホでいうホーム画面とドロワーの関係と同じで、利用頻度の高いアプリだけをホーム画面に置いておけるので、アプリを探しやすくなる。Appライブラリの導入に伴い、新規でインストールしたアプリもここに表示される。

新ホーム画面

ホーム画面にウィジェットを置けるようになる。ウィジェットは小、中、大の3サイズ。アプリを開く必要がなく、最新情報を確認できる。

画像1: ● iOS14にはウィジェットのほか、さまざまな機能の追加や改善が含まれる

Appライブラリ

インストールしたアプリは、いったんAppライブラリに格納される。AIがアプリを区分けするので探しやすい。

画像2: ● iOS14にはウィジェットのほか、さまざまな機能の追加や改善が含まれる

音声アシスタントの「Siri(シリ)」もデザインや機能が大きく進化。画面全体を覆わなくなり、画面に表示されている情報を見ながら、Siriに質問できるようになった。

Siri

Siriはコンパクトになり、画面を見ながらの問いかけが可能に。音声でメッセージ送信までできるようになる。

画像3: ● iOS14にはウィジェットのほか、さまざまな機能の追加や改善が含まれる

そのほか、検索機能やマップも強化され、マップは自転車でのルートに対応。オフラインでの利用も可能な翻訳アプリも、新たに加わる。

マップ

マップは、自転車や電気自動車に特化した経路検索に対応。街のガイドが表示されるなど、情報量も増える。

画像4: ● iOS14にはウィジェットのほか、さまざまな機能の追加や改善が含まれる

iOS14は、現在、パブリックベータ版が配信中で、正式版が秋にリリースされる。5G対応の新iPhoneともども、登場が今から楽しみだ。

※iOS 14の画面は、取材に基づく特別な許可を得て、パブリックベータ版のものを掲載しています。

◆解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.