庭として使えるスペースがなくてもテラスやベランダ、バルコニーを活用して緑を楽しむことはできます。コンテナや棚などで空間を立体的に使って奥行きが生まれる配置を考えましょう。ローズマリー、コモンセージ、多肉植物、ワイヤープランツ、ワイルドストロベリー、ラベンダー、バーベナ、バジル、パセリ、レモングラスなどを紹介しています。【解説】戸倉多未子(ガーデナー)

著者のプロフィール

戸倉多未子(とくら・たみこ)

有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)

本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

地面がなくても“庭”はつくれる!
テラス&ベランダ

地面がなくても憩いの場はつくれます。コンテナや棚などの構造物を上手に組み合わせて、高低差や奥行きが生まれる配置を考えましょう。

画像: 風に強いシマトネリコ3本が主役。自然光が入り、枝葉から風が抜けて優しい風が吹き込む空間です。ベランダでも工夫次第で緑豊かなスペースに。

風に強いシマトネリコ3本が主役。自然光が入り、枝葉から風が抜けて優しい風が吹き込む空間です。ベランダでも工夫次第で緑豊かなスペースに。

鉢植えやコンテナを利用して土がなくても緑豊かな空間に

庭として使えるスペースがないマンション暮らしでも、テラスやベランダ、バルコニーを活用すれば緑を楽しむことはできます。限られたスペースなので、何をどう配置するか、工夫が大切になってきます。棚や柵があると空間を立体的に使えるので、鉢植えや雑貨を置く場所も増やせるでしょう。

鉢植えは高低差のあるものをとり混ぜて、空間をリズミカルに演出します。また、ベランダは乾燥しやすく、強風にさらされることも多いので、しっかり対策を。

画像: 無機質になりがちなコンクリートのテラスも、少しの草花あしらいで変身! 同じ規格の花壇を規則的に並べた空間は、ほどよくモダンな空気をまといます。

無機質になりがちなコンクリートのテラスも、少しの草花あしらいで変身! 同じ規格の花壇を規則的に並べた空間は、ほどよくモダンな空気をまといます。

コンテナの活用で“地面”はつくれる
ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

まっ白な木箱はべランダの壁になじむので、狭さを感じさせません。優しい緑がリビングからも眺められ、心が和みます。

画像1: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

ベランダは風が強く吹き込むことがあるので、コンテナの素材や置く場所に気をつけて。木製や背の低いコンテナなら吹き飛ばされず、風通しもよくなります。

画像2: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

レモンの木もベランダで育てることができます。コモンセージやタイム、ローズマリーなどハーブもいっしょに植えておけば、料理で使えて便利です。

画像3: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

棚を設置するとベランダ内に高低差をつけられるので、空間に動きを出したり、草花を置くスペースも増やせます。部屋からの眺めを楽しんで。

画像4: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

高低差をつけたディスプレイ。植物の器はなるべく大きめを選んだほうが、水やりなどの手入れが楽になります。コンテナひとつで小さな庭ができ上がりました。

画像5: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

物干しにハンギングを掛け、柵際の木箱で季節感のある花あしらいを楽しみます。縦を意識した演出は、空間の広がりを感じさせるので、狭いベランダにも効果的です。

画像6: コンテナの活用で“地面”はつくれる ベランダの柵際に花壇を設けてたっぷりの草花で演出しましょう!

小さな庭の植物カタログ
テラス&ベランダにおすすめの植物

▼ベランダでよく育つキッチンコンテナ BEST3

ローズマリー(立ち性)

葉に爽快で力強い香りのあるハーブ。秋から春にたくさんの小さな花を咲かせ、花色、葉色のバリエーションが豊富。肉料理から魚料理まで多くの料理で活躍するので、部屋の近くに植えてあると便利。真夏の日差しや乾燥に強く、育てやすい。

画像: ローズマリー(立ち性)

コモンセージ

シルバーの葉、紫色の花が美しく、観賞用として人気のハーブ。香りが強いため虫がつかず、近くに植えた植物にも虫がつきづらくなる効果が。料理に使う際は肉の臭みを消して風味を豊かにする。やや乾燥気味に管理をするのがコツ。

画像: コモンセージ

コモンタイム

春から初夏に小さな花を咲かせる。殺菌防腐効果が高く、古代ローマ・ギリシャ時代から葉をいぶして浄化に、また紙類の虫食い防止などに使われてきたハーブ。比較的乾燥には強い一方、高温多湿には弱い。水やりは土が乾いたらたっぷりと。

画像: コモンタイム

▼乾燥に強い植物

多肉植物

多肉質な葉を持つ独特なフォルムが人気の植物。種類が多く、それぞれ生長する季節によって、春秋型種、夏型種、冬型種の3つに分けられる。
春秋型種…セダム、ペペロミア、ハオルチア
夏型種…アロエ、ユーフォルビア、カランコエ
冬型種…アエオニウム、リトープス、オトンナ

画像: 多肉植物

ペラルゴニウム

ゼラニウムの仲間で、春から初夏にかけて咲く。5~8枚の花弁が重なりあったものや、花弁の縁がフリルのように波打つものが多く、華やか。

画像: ペラルゴニウム

ローダンセマム

マーガレットによく似た花で、葉も美しい。乾燥に強い一方、高温多湿には弱い。鉢植えなら雨を避けて置くとよい。

画像: ローダンセマム

▼風に強い植物

ハゴロモジャスミン

4~5月ごろにたくさんの花をつけるつる性植物で、香りのよい花が人気。真夏は半日陰の涼しい場所に移す。冬は5℃程度で保つと翌年も蕾をつける。

画像: ハゴロモジャスミン

ワイヤープランツ

小さな緑の葉がかわいらしいほふく性の常緑低木。針金のような茎が横にはって長く伸びる。冬は霜にあたると落葉するので、軒下や霜よけ下に置く。

画像: ワイヤープランツ

ガザニア

春から秋に勲章のような鮮やかな花を咲かせる。日光があたると花が開き、日が出ていないときは閉じる性質がある。日あたりのよいところで育てる。

画像: ガザニア

▼日なたに強い植物

ワイルドストロベリー

5~7月につける実は、フルーティーな香りが魅力で、食べられる。乾燥させた葉はハーブティーになる。暑さ、寒さに強く場所を選ばずに育つ。

画像: ワイルドストロベリー

ラベンダー

鮮やかな紫などの花が特徴で、優しい香りを放つハーブ。香りにはリラックス効果があり、精油や香料にも使われるほど。風通しのよい場所で育てる。

画像: ラベンダー

バーベナ

真夏の炎天下でも生育旺盛で、春から秋までサクラソウに似た小さな花をたくさん咲かせる。蒸れを防ぐため、花がらはこまめに摘んで。

画像: バーベナ

▼デッドスペースでも育つハーブ

バジル

フレッシュな香りの葉が、料理に活躍するハーブ。春から秋まで長く収穫が楽しめ、真夏は朝夕に水を与えると、常にやわらかい葉が収穫できる。

画像: バジル

パセリ

セリ科特有の、爽やかな香りが特徴のハーブ野菜。パセリの根はまっすぐに深く伸びる性質があるので、植える場所は深く耕すことが大切。

画像: パセリ

レモングラス

葉にレモンのような爽やかな香りがあり、エスニック料理の香りづけやハーブティーにおすすめ。暑さに強い一方、寒さには弱いため置き場所に注意。

画像: レモングラス

なお、本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。下記の本は、知りたい情報の全文がコンパクトにまとまった一冊です。詳しくは以下のリンクをご参照ください。

画像: 【ベランダDIY】ガーデニング編 初心者でもおしゃれに マンションでも狭くても大丈夫!おすすめの植物はコレ
草花で素敵に彩る小さな庭のつくり方 SMALL GARDEN [ 戸倉多未子 ]
SMALL GARDEN 戸倉多未子 永岡書店クサバナ デ ステキニ イロドル チイサナ ニワ ノ ツクリカタ トクラ,タミコ 発行年月:2019年02月 予約締切日:2019年01月22日 ページ数:127p サイズ:単行本 ISBN:9784522435748 戸倉多未子(トクラタミコ) 有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする縁の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中(本...
¥ 1,320
2020-10-29 7:43

※⑤「場所別アイデア(駐車スペース)」はこちら

This article is a sponsored article by
''.