殺風景になりがちな駐車スペースに緑をあしらうだけで、彩りが生まれ家全体が明るく目立ちます。コンクリートのすき間やデッドスペースの植栽演出で庭のような雰囲気になり、奥行きや立体感を出すことができます。人気のタマリュウ、セダム、スカイロケット、アベリア、アガパンサス、ヒメイワダレソウ、フィカス プミラなどを紹介しています。【解説】戸倉多未子(ガーデナー)

著者のプロフィール

戸倉多未子(とくら・たみこ)

有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする緑の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中。
▼グレイスオブガーデン(公式サイト)
▼戸倉多未子(facebook)
▼@tamikosanexma(Twitter)
▼tamiko.tokura(Instagram)

本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。

少しの植栽演出で庭のような雰囲気に!
駐車スペース

殺風景になりがちな駐車スペースに植物を入れるだけで、彩りが生まれ家まわりが明るく目立ちます。コンクリートのすき間やデッドスペースを使って小さな庭に。

駐車場に緑をあしらうだけで家全体がやわらかな印象に!

庭として使えるスペースが少ない場合、駐車場に緑をあしらうのも方法です。

舗装から考える際は、車幅に合わせて枕木やタイルを敷いて、その間の目地に地面をはうような植物をあしらったり、脇にできるデッドスペースに、大きくなりすぎない低木を植えるのも方法のひとつです。

建物と駐車場の間にシンボルツリーを植えるとスペースを分けることができますし、外からの目隠しにもなります。また、パーゴラや柵を設置すれば、狭い駐車場でも奥行きや立体感を出すことができます。

画像: 駐車スペースのまわりを植物で囲むと家全体がやわらかい印象に。コンクリートの石畳は、一部に芝生を敷いて庭の緑になじませると車がないときも明るい空間になります。

駐車スペースのまわりを植物で囲むと家全体がやわらかい印象に。コンクリートの石畳は、一部に芝生を敷いて庭の緑になじませると車がないときも明るい空間になります。

画像: 駐車場の入り口にアーチに見立てたモッコウバラを植えました。モッコウバラは樹形を整えやすいのでおすすめ。花が咲いたときの眺めも意識して仕立てます。

駐車場の入り口にアーチに見立てたモッコウバラを植えました。モッコウバラは樹形を整えやすいのでおすすめ。花が咲いたときの眺めも意識して仕立てます。

すき間やデッドスペースに緑をあしらう
植栽演出で駐車場が素敵な庭空間に!

駐車場奥のデッドスペースに植栽スペースを設けることで、癒し空間を演出できます。自然にはみ出したように植えてある植物がかわいらしい印象に。

画像1: すき間やデッドスペースに緑をあしらう 植栽演出で駐車場が素敵な庭空間に!

駐車場のまわりを緑で囲むようにすると、庭のような雰囲気になります。多種類の植物がイキイキと茂り、家族を送り迎えします。鉢植えも使いこなして。

画像2: すき間やデッドスペースに緑をあしらう 植栽演出で駐車場が素敵な庭空間に!

家の基礎を石貼りで隠して重厚感を演出。建物沿いの植栽スペースは、奥行き70cmあればシンボルツリーも植えられます。車がないときにも絵になる空間です。

画像3: すき間やデッドスペースに緑をあしらう 植栽演出で駐車場が素敵な庭空間に!

POINT
“敷き素材 + 草花”のコーディネートで明るく生まれ変わる駐車スペース
駐車場は人工的で平坦な印象になりがちですが、明るい色みのレンガを敷くと印象が変わります。複数の色を組み合わせたり、ランダムな配置でリズミカルな雰囲気にするのもおすすめです。植栽の緑が映えるおしゃれな空間になります。

画像: 駐車場の床面にはレンガを組み込み、少ない土の部分を生かして低木や草花を植え込み、庭の中に駐車スペースがあるイメージに。

駐車場の床面にはレンガを組み込み、少ない土の部分を生かして低木や草花を植え込み、庭の中に駐車スペースがあるイメージに。

小さな庭の植物カタログ
駐車スペースにおすすめの植物

駐車場のすき間がきれいに埋まる草 BEST3

タマリュウ

チャボリュウノヒゲとも呼ばれ、葉が小さく密生してマット状に茂る。草姿が安定しているため、芝生のような景観をつくるのに向く。冬には青紫の実をつける。場所を選ばず、手間いらずで育てられる。混みあってきたら株分けを。

画像: タマリュウ

クリーピング タイム

ハーブのひとつであるタイムの仲間で、地をはうように広がるほふく性の代表種。踏みつけにも強いので、グラウンドカバーにぴったり。春に5mm程度の小さな花を手まり状に咲かせる。乾燥を好むので、蒸れないように風通しのよい場所で育てる。

画像: クリーピング タイム

セダム

500種類以上もの品種がある多肉植物。葉は緑色でマット状に群生するものや、茎が伸びて枝垂れるものなどさまざま。乾燥には強いが、春と秋の生育期には、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるのがポイント。

画像: セダム

枝葉が張らずかさばらない樹木

スカイロケット

樹形はピラミッド形で横に広がらず、スペースが少ない場所でも植えやすい直立性の樹木。蒸れないよう秋には透かし剪定をするのがおすすめ。

画像: スカイロケット

マホニアコンフューサ清流

糸のように細い葉が特徴で、早春に長い花穂に黄色い花を咲かせる。植えつけ場所を選ばない。病害に強く手がかからないが水枯れには注意を。

画像: マホニアコンフューサ清流

アロニア

まっすぐ伸びて、軽やかな立ち姿。生長もゆるやかなので、小さな庭におすすめ。赤い実がなるものと、黒い実がなるものがある。高温多湿は避ける。

画像: アロニア

自由に剪定しても枯れにくい植物

マートル

糸のように細いおしべが特徴的で、白い花を枝先に開花させる花木。病害虫に強く、育てやすい。

画像: マートル

アベリア

花期が長く、大きく育てると枝が枝垂れてアーチ状になる。品種によっては季節ごとに葉色が変わるものも。冷たい風があたらない場所に植えて。

画像: アベリア

シルバープリベット

葉色が明るく、葉の縁に入った白い斑が花のない時期でも周囲を明るく演出する。6月に甘く香る小さな白い花を多数つける。排気ガスや潮風に強い。

画像: シルバープリベット

スペースの脇に植えやすい植物

エリゲロン

プロフュージョンという品種は、キクのような小花が花期の間に白からピンクに変化する。丈夫で育てやすく、植える場所を選ばない。

画像: エリゲロン

ロニセラ 二ティダ レモンビューティ

1cm程度のレモン色の斑入りの美しい小さな葉が、はうように枝を伸ばす。季節の変化とともに葉の色が変わるので、年間を通して楽しめる。

画像: ロニセラ 二ティダ レモンビューティ

アガパンサス

初夏に淡い青紫や白の美しい花を多数咲かせ、立ち姿も優雅。草丈や花形は種類によって異なる。かなりの乾燥にも耐えるため、水やりはほとんど不要。

画像: アガパンサス

踏みつけに強い植物

ヒメイワダレソウ

花期が長く、3~4mmの小花が多数集まって、1.5cmくらいの球状の花を咲かせる。強い日差しや高温に強く、コンクリートの上でも茂る。

画像: ヒメイワダレソウ

フィカス プミラ

ハート型の葉に白く縁どるような斑がアクセント。つる性の茎を伸ばし、壁や地面をはわせることも。水はけのよい土を使って育てて。

画像: フィカス プミラ

ペニーロイヤルミント

地をはうほふく性のミントの一種。踏みつけにも負けない繁殖力の強さで、あっという間に広がる。毒性があるため、口にしないよう注意して。

画像: ペニーロイヤルミント

なお、本稿は『小さな庭のつくり方』(永岡書店)から一部を抜粋して掲載しています。下記の本は、知りたい情報の全文がコンパクトにまとまった一冊です。詳しくは以下のリンクをご参照ください。

画像: 【駐車場DIY】ガーデニング編 おしゃれで安いアイデア 駐車スペースにおすすめの植物・植栽を紹介
草花で素敵に彩る小さな庭のつくり方 SMALL GARDEN [ 戸倉多未子 ]
SMALL GARDEN 戸倉多未子 永岡書店クサバナ デ ステキニ イロドル チイサナ ニワ ノ ツクリカタ トクラ,タミコ 発行年月:2019年02月 予約締切日:2019年01月22日 ページ数:127p サイズ:単行本 ISBN:9784522435748 戸倉多未子(トクラタミコ) 有限会社グレイスオブガーデン代表。ガーデナー。暮らしを豊かにする縁の庭づくりをモットーに、小さな庭からエクステリア、ガーデンリフォームまでオリジナルガーデンを手がける。化学肥料に頼らない、自然の恵みを生かした庭づくりを得意としている。ガーデニング講師歴30年、ガーデニング関連の雑誌などでも活躍中(本...
¥ 1,320
2020-10-29 7:03

※④「場所別アイデア(メインの庭)」はこちら

This article is a sponsored article by
''.