ここでは、光回線3社のプランを紹介する。NTT東西の「フレッツ光クロス」とKDDIの「auひかり」、「NURO光」いずれの光回線の場合も、導入に伴う工事費や開通までの期間が発生する。申し込む場合は、費用や提供条件などを確認しよう。

▼こちらの記事もお読みください。
【夜ネットが遅くなる】iPoE接続で混雑解消!最近普及し始めた技術「IPv4 over IPv6」とは?
https://tokusengai.com/_ct/17406379

NTT、au、NUROがプランを提供中

1Gbps超えの光回線に変更して快速ネット環境を実現!

回線混雑による速度低下は、IPoEの導入で、ある程度改善できる。しかし、そもそも契約している回線自体が遅いという人もいるだろう。速度を根本的に改善したいなら、より高速な光回線に変更することも視野に入れたい。最近は1Gbpsをゆうに超え、最大速度10Gbpsに迫る光回線サービスも登場。もちろん告知されている速度は理論値だが、より高速なネット環境の実現が可能だ。

例えば、NTT東西の「フレッツ光クロス」は、最大通信速度が上下ともにおよそ10Gbps。現在の提供エリアは東京都の一部、大阪市、名古屋市に限定される。

フレッツ光に最大10Gbpsコースが登場

上下ともに最大10Gbpsに対応した超高速コース。なお、西日本では「フレッツ光クロス ファミリータイプ」として提供されるが、工事さえすればマンションでも導入可能。

画像1: 1Gbps超えの光回線に変更して快速ネット環境を実現!

KDDIの「auひかり」では、戸建て向けのホームタイプでのみ、上下10Gbpsと5Gbpsの2種類のプランを用意。提供エリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の各都県の一部となる。

auも戸建て専用の5Gbpsと10Gbpsプランを投入

最大10Gbpsと5Gbpsの2種類のコースを用意。auブランドを生かしたスマホとのセット割「スマートバリュー」など、割引や特典が充実しているのも特徴。

画像2: 1Gbps超えの光回線に変更して快速ネット環境を実現!

「NURO光」は従来の2Gプランに加え、上下10Gbpsや上下6Gbpsのプランも用意。こちらは戸建てもしくは5階建て以下の集合住宅が対象だ。提供エリアは、北海道、関東、東海、関西、九州の各一部。ほかに、上下20Gbpsという触れ込みの「20Gs」というプランもある。ただし、専用ルーターの関係上、2Gと20Gのプランでは、有線接続時の最大速度がおおむね半分にとどまる点に注意したい。

2Gbpsの元祖も6G/10Gbps の超高速プランを提供

下り最大2Gbpsの「G2V」に加え、それぞれ上下最大10Gbps、6Gbpsの「10Gs/6Gs」、同じく20Gbpsの「20Gs」プランがある。

画像3: 1Gbps超えの光回線に変更して快速ネット環境を実現!

いずれの光回線の場合も、導入に伴う工事費や開通までの期間が発生する。申し込む場合は、費用や提供条件などを確認しよう。

光回線3社の1Gbps超プランの概要

事業者プラン最大通信速度月額利用料提供エリア
NTT東西フレッツ光クロス下り上りとも10Gbps6930円東京都の一部/大阪市/名古屋市
KDDIホーム10ギガ・5ギガ10ギガ:下り上りとも10Gbps
5ギガ:下り上りとも5Gbps
10ギガ:7018円
5ギガ:6160円
※「ずっとギガ得プラン」適用時
東京都、神奈川県、埼玉県、
千葉県の各一部
NUROG2V下り2Gbps/上り1Gbps
※ホームゲートウェイから端末までの速度は1Gbps(有線)
5217円北海道、関東、東海、関西、
九州の各一部
6Gs下り上りとも6Gbps5767円
10Gs下り上りとも10Gbps6317円
20Gs下り上りとも20Gbps
※ホームゲートウェイから端末までの速度はおおむね10Gbps
8517円東京都豊島区、港区の各一部

■解説/宮下由多加(ITライター)

▼こちらの記事もお読みください。
【夜ネットが遅くなる】iPoE接続で混雑解消!最近普及し始めた技術「IPv4 over IPv6」とは?
https://tokusengai.com/_ct/17406379

This article is a sponsored article by
''.