この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、アウターとしてもミドルインナーとしても使える「ダイヤフリース 裏アルミベスト」をレビュー。防寒ベストの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(ワークマン調査隊46)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むワーキングマザー。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

防寒ベストの選び方

気温差に対応できる便利なアウター

このところ天候も気温も不安定で、毎朝服装に迷いがち。先日は厚手すぎるアウターを選んでしまったせいで、日中ほとんど着ることができず荷物になってしまいました。季節の変わり目など気温差の激しい時期にぴったりなのが、袖のないベストタイプのアウター。今回は自分にぴったりな防寒ベストを選ぶ際のポイントや、おしゃれな着こなし方について調べていきましょう。

ベストのデザインは襟元がポイント!

ベストは本来ジャケットの下に着るためのアイテム。そのため防寒用ベストの多くも、アウターの下に重ね着するミドルインナーとして作られています。素材は薄手のフリースや、風を通しにくいポリエステル生地が定番。薄手で着ぶくれしにくく、室内で着たまま過ごしても違和感のないデザインが人気です。

まだそれほど寒くない時期ならば、ベスト単体で着てもOK。その場合は軽くて保温性の高いダウンベストがぴったりですよ。袖がない分体温調節がしやすく、汗をかいても蒸れにくい点が最大のメリット。肩回りがすっきりしていて動きやすいため、作業やスポーツにも向いています。

防寒ベストの印象を左右するのは、襟元のデザイン。首回りがすっきりするVネックは重ね着がしやすく、重ね着コーデ初心者におすすめです。一方襟元にボリュームのあるハイネックタイプなら、スタイリッシュでカジュアルなイメージに。マフラーなしでも暖かいのがうれしいですね。

私は暖かさと軽さを重視し、ワークマンの「ダイヤフリース 裏アルミベスト」を購入。男女兼用で幅広い体型の人にフィットするアウターです。

画像: ベストのデザインは襟元がポイント!

「ダイヤフリース 裏アルミベスト」を買ってみた

価格は?

ポリエステル100%のフリース素材と、保温性の高いアルミプリントを使用した同商品。高性能でファッショナブルなアウターが、1780円(税込)という驚きの価格で手に入ります。

画像: workman.jp
workman.jp

特徴は?

表面に使われているフリースは、表面にダイヤ型の模様が浮き出た「ダイヤフリース」と呼ばれる種類のもの。一方裏面には特殊なアルミプリントが仕込まれており、体温を逃がさない仕組みになっています。

画像1: 特徴は?
画像2: 特徴は?

Mサイズを着てみた

160cmの私にはMサイズがピッタリ

さっそく羽織ってみたところ、アウターとは思えない軽さ。最初はアルミプリントが少しひんやりと感じますが、着ているうちにほんのりと背中が暖かくなってきました。

画像: 身長160cm、体重46kgの女性が着用

身長160cm、体重46kgの女性が着用

画像1: 160cmの私にはMサイズがピッタリ

左胸にはファスナーポケットがついており、ファスナーの周囲には反射プリントつき。ポケットの大きさはちょうどスマホが入るくらいのちょうどいいサイズ感です。脇の部分にはストレッチニットがあしらわれているため、腕を大きく動かしても問題ありません。

画像2: 160cmの私にはMサイズがピッタリ
画像3: 160cmの私にはMサイズがピッタリ

【ワークマン調査隊】
購入レビューまとめ

軽くてコンパクトな防寒ベスト

画像: 機能性の高さが自慢の「ダイヤフリース 裏アルミベスト」

機能性の高さが自慢の「ダイヤフリース 裏アルミベスト」

購入した人からは、「中に着ても外に着ても暖かくて使い勝手がいい」「フリースの手触りとおしゃれなデザインがお気に入りです」「軽くて薄手だから脱いでも邪魔にならない」といった声が。いつものファッションに「ダイヤフリース 裏アルミベスト」を取り入れて、寒さ知らずの冬コーデを楽しんでみては?

画像: 【ワークマン】防寒対策に1枚あると安心!ダイヤフリース裏アルミベスト購入レビュー
ダイヤフリース 裏アルミベスト
▼背中の裏側はアルミプリントで高い保温性▼肌触りなめらかなダイヤフリース▼左胸ファスナーポケットと反射プリント付き▼脇はストレッチニット使用

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.