YouTubeには、撮影動画の投稿だけでなく、「ライブ配信」というリアルタイムの動画もある。実は今、このライブ配信機能がとても人気で、有名ユーチューバーや芸能人も利用している。ここでは、「スーパーチャット」や「スーパーステッカー」という投げ銭のような機能についても解説する。

▼こちらの記事もお読みください。
【ユーチューバーとは】YouTubeで広告収入を得る仕組みは?広告を設置できる条件とは
https://tokusengai.com/_ct/17409899

撮影した動画だけでなく、ライブの生配信も簡単

YouTubeには、撮影動画の投稿だけでなく、「ライブ配信」というリアルタイムの動画もある。実は今、このライブ配信機能がとても人気で、有名ユーチューバーや芸能人も利用している。

投稿者が顔を出して話をしたり、ゲームのプレー画面を見せて実況中継したりなど内容はさまざまだが、いずれも投稿者や、ほかの視聴者と同じ時間を共有でき、一般の動画にはない魅力がある。

今、配信しているライブ動画には「ライブ配信中」と赤で表示されるが、チャンネル登録していれば、配信の開始時に通知が来るのでわかる。

配信中の動画の右側にはチャット欄があり、視聴者がその場でコメントを付けることができ(非表示の場合もあり)、出演者がコメントを読み、答えてくれると、一段と盛り上がる。

ライブ配信中の動画の探し方

画像: ホーム画面左のメニューから「ライブ」をクリックするか、上部の検索ボックスに「ライブ」と入力して検索する。配信中のライブは、赤い文字で「ライブ配信中」と表示される。

ホーム画面左のメニューから「ライブ」をクリックするか、上部の検索ボックスに「ライブ」と入力して検索する。配信中のライブは、赤い文字で「ライブ配信中」と表示される。

さらに、そのチャットには「スーパーチャット」や「スーパーステッカー」という投げ銭のような機能があり、投稿者への寄付が可能。

スーパーチャットの使い方

画像: チャット欄の「¥」アイコンをクリックすれば寄付できる。支払いはクレジットカード、デビットカード、バンドルカード(プリペイド)、PayPal(オンライン決済)から選べる。

チャット欄の「¥」アイコンをクリックすれば寄付できる。支払いはクレジットカード、デビットカード、バンドルカード(プリペイド)、PayPal(オンライン決済)から選べる。

お金を入れると、チャット欄の上部に視聴者名が表示され(金額によって色や表示時間が異なる)、ファンであることをアピールできる。

ファンであることをアピールできる

画像: お金を寄付すると、視聴者名が上部に表示され目立つようになる。金額によって色と掲載時間が異なる。スーパーステッカーの場合は画像が表示される。

お金を寄付すると、視聴者名が上部に表示され目立つようになる。金額によって色と掲載時間が異なる。スーパーステッカーの場合は画像が表示される。

最近では、「メンバーシップ」という機能が導入され、月額料金を払うことで、特別なバッジや絵文字の使用、メンバー限定の動画の視聴なども可能だ。

なお、スーパーチャット、スーパーステッカー、メンバーシップを設置できるのは、広告収益を得られる投稿者のチャンネルのみとなっている。

チャンネルのメンバーには、さらなる特典がある

画像: メンバーシップを取り入れているチャンネルもあり、動画下の「メンバーになる」ボタンをクリックして参加できる。料金はチャンネルによって異なる。

メンバーシップを取り入れているチャンネルもあり、動画下の「メンバーになる」ボタンをクリックして参加できる。料金はチャンネルによって異なる。

■解説/桑名由美(ITライター)

▼こちらの記事もお読みください。
【ユーチューバーとは】YouTubeで広告収入を得る仕組みは?広告を設置できる条件とは
https://tokusengai.com/_ct/17409899

This article is a sponsored article by
''.