動画に広告を入れるには、「YouTubeパートナープログラム」に参加する必要がある。審査もあり、「12ヵ月間で総再生時間4000時間以上」「チャンネル登録者数1000人以上」という条件が必要だ。ここでは、広告の仕組みを解説する。

▼こちらの記事もお読みください。
【YouTubeのライブ配信とは】動画の探し方やスーパーチャットの使い方
https://tokusengai.com/_ct/17409870

人気の動画投稿者になれば、多額の広告収入も夢じゃない

YouTubeでは、動画の最初または途中に広告が流れることがある。これは、投稿者が広告を設定しているからだ。ユーチューバーと呼ばれている人たちは、この広告によって収入を得ている。興味がある人も多いだろうが、一足飛びに広告収入を得ることはできない。

動画に広告を入れるには、「YouTubeパートナープログラム」に参加する必要があるのだ。それには審査があり、「12ヵ月間で総再生時間4000時間以上」「チャンネル登録者数1000人以上」という条件が必要となる。

パートナープログラムへの申請は、YouTube Studioの画面から行う。申請しても条件を満たすまで審査してもらえないので、その期間は動画を投稿し続けてチャンネルを充実させよう。

審査後、無事承認されたら通知が来るので、手続きをする。その際、まずは広告配信サービスのGoogle AdSenseに申し込み(広告の収益はAdSenseから受け取る)、そのあとで、自分の動画に広告を設定する。

広告の仕組みはこうなっている

動画の投稿はYouTubeだが、広告収入については広告配信サービスのGoogle AdSenseから受け取ることになるので、その手続きが必要だ。

画像: 人気の動画投稿者になれば、多額の広告収入も夢じゃない

広告を設置するまでの流れ

パートナープログラムに承認されたらGoogle AdSenseに申し込む。承認前に同じアカウントで登録して準備してもOK。その後は広告のタイプを選んで動画に設定する。

①YouTubeパートナープログラムの参加申請をする
②Google AdSenseに申し込む
③収益化を設定する
④動画に広告を設定する

広告は、動画の冒頭に流すものや、動画の下部にバナーで表示させるものなどがあり、投稿者が選んで設置できる。チャンネルを収益化できれば、スーパーチャットやメンバーシップからの収入も得られるようになる。

パートナープログラムに申請する

画像: YouTube Studioの画面左にある「収益受け取り」をクリックし、「参加条件を満たしたら~」をクリックする。条件を満たすと、審査に入る。

YouTube Studioの画面左にある「収益受け取り」をクリックし、「参加条件を満たしたら~」をクリックする。条件を満たすと、審査に入る。

広告のタイプは投稿者が選べる

画像: 広告の表示形態の種類を選べるほか、その配置(「動画再生中の広告を有効にする」)などを設定できる。

広告の表示形態の種類を選べるほか、その配置(「動画再生中の広告を有効にする」)などを設定できる。

条件や手続きが大変そうに思うかもしれないが、動画投稿で毎月収入が入るのはおいしい。慣れてきたら、挑戦してみてはどうだろうか?

■解説/桑名由美(ITライター)

▼こちらの記事もお読みください。
【YouTubeのライブ配信とは】動画の探し方やスーパーチャットの使い方
https://tokusengai.com/_ct/17409870

This article is a sponsored article by
''.