【スミッシングとは】銀行や宅配業者を装ったフィッシング詐欺 SMSのリンクはクリックしてはいけない

ガジェット

「スミッシング」は、SMSとフィッシングを合わせた造語だ。スマホのSMS(ショートメッセージ)で銀行や宅配便、ケータイキャリアから連絡が来ることがある。銀行なら「異常な利用が確認された」、宅配便なら「不在のため持ち帰った」といった内容。これらは、すべて詐欺なので注意してほしい。

セキュリティの最強極意(3)
銀行、宅配便、ケータイキャリア……

SMSから誘導する怪しいリンクに引っかからないための対策はこれ!

スマホのSMS(ショートメッセージ)で銀行や宅配便、ケータイキャリアから連絡が来ることがある。銀行なら「異常な利用が確認された」、宅配便なら「不在のため持ち帰った」といった内容。これらは、すべて詐欺だ。SMSとフィッシングを合わせた造語で「スミッシング」と呼ばれている。

以前から問題になっており、現在、銀行や宅配業者がSMSで連絡することはない。ケータイキャリアの場合は、サービス変更の連絡などが来ることがあるので、内容を見て判断しよう。

SMSは文字しか送れないので、メッセージを見た時点では被害がない。そのまま無視すればいい。犯人は、ランダムに作成した電話番号に無差別に送っているだけで、あなたに向けて送っているわけではない。

ただし、文中のリンクをタップすると、新しい画面が開いて個人情報の入力を求められたり、アプリのインストールや更新を求められたりする。個人情報を入力すれば盗まれるし、アプリは間違いなくマルウエア(悪質なプログラム)だと思っていい。

宅配便の不在通知SMSはすべて偽物

実際に筆者のiPhoneに届いた詐欺メッセージ。リンクをタップすると無関係なサイトが開く。宅配業者が送ることはないので無視すればいい。

対策としては、まずスマホに対応したウイルス対策ソフトを入れること。リンクをタップしたときやアプリをダウンロードしようとしたときに察知して止めてくれる。

ウイルス対策ソフトで防衛する

ウイルスバスターモバイルには詐欺メッセージ対策の機能がある。有効にすると危険なリンクがないか自動的にチェックしてくれる。

あるいは、3大キャリアにはセキュリティ対策サービスがあるので、これを利用するのもいい。月額200~500円程度で多様なリスクから守ってくれる。

キャリアのサービスを利用する

ドコモの「あんしんセキュリティ」の案内。auは「安心ネットセキュリティ」、ソフトバンクは「セキュリティパック」という名称で同様のサービスを提供している。

SMSを悪用したスミッシングとは別に、大手通販サイトや銀行、カード会社を装ったフィッシングメールも減っていない。しかも、日本語が自然になってきたし、実際の会社名や所在地などが記載されていて、ますます巧妙になっている。本文中のリンクをクリックしないように気をつけよう。

Amazonや楽天などをかたるメールに注意

今も頻繁に届くAmazonをかたった詐欺メールの例。楽天やカード会社をかたったメールも届く。文面が変わるので、うっかり対応しないよう気をつけよう。

解説/下島 朗(エントラータ)

スポンサーリンク
ガジェットスマホセキュリティ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース