たくさんのショッピングサイトを使っていると、覚えるのがめんどうで同じメールアドレスやパスワードを使い回してしまう人も多いだろう。セキュリティの観点からは最悪の対応だ。Gmailの「エイリアス」なら、一つのGmailアドレスを本体として、別名のメールアドレスを複数作成できて便利だ。

セキュリティの最強極意⑤
たくさんのサイトに登録している人は注意!

サイトごとにアドレスを使い分けて芋づる式の情報漏えいを防げ!

コロナ禍の影響もあり、Amazonなどのネットショッピングを利用する機会が増えている。当然のことながら、これらのサイトを利用するには、会員登録時に設定したメールアドレスやID、パスワードが必要。

しかし、たくさんのショッピングサイトを使っていると、ついつい覚えるのがめんどうで、同じメールアドレスやパスワードを使い回してしまう人も多いだろう。同じ情報を使うのは効率的にも思えるが、セキュリティの観点からは最悪の対応だ。

万一、不正アクセスやフィッシング詐欺などで、あるサイトから情報が流出した場合、犯人は入手したメールアドレスやパスワードを使って、ほかのショッピングサイトやネットサービスにもログインを試みる。すべてのサイトで同じ情報を使っていると、芋づる式にログインされることになり、不正利用につながるというわけだ。メールアドレスやID、パスワードは必ずサイトごとに使い分けて、万一のときも被害を最小限に食い止められるようにしておこう。

とはいえ、サイトごとにメールアドレスを新たに取得するのはかなりめんどう。そこでおすすめしたいのが、Gmailの「エイリアス」。一つのGmailアドレスを本体として、別名のメールアドレスを複数作成できる機能だ。通常のメールアドレスの「@」の前の部分に「+〇〇」のように任意の文字列を追加するだけで別名のメールアドレスとして利用できるようになる。

Gmailのエイリアスで複数のメールアドレスを利用

画像: Gmailでは上図のように、通常のGmailアドレスの「@」の前の部分に任意の文字列を追加した形式で好きな別名アドレスを作成できる。

Gmailでは上図のように、通常のGmailアドレスの「@」の前の部分に任意の文字列を追加した形式で好きな別名アドレスを作成できる。

画像: エイリアスを作成するには、Gmail公式サイトにログインし、「設定」→「アカウントとインポート」→「他のメールアドレスを追加」をクリック。

エイリアスを作成するには、Gmail公式サイトにログインし、「設定」→「アカウントとインポート」→「他のメールアドレスを追加」をクリック。

画像: アドレス欄に先ほど説明した形式でメールアドレスを入力し、「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックすればいい。

アドレス欄に先ほど説明した形式でメールアドレスを入力し、「エイリアスとして扱います」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックすればいい。


また、メールアドレス以外のIDやパスワードは、パスワード管理アプリを使うと大量の情報も覚えておく手間が省けるうえ、入力も簡単に行える。中でも、「Bitwarden(ビットワーデン)」は、無料でありながら高機能かつ利便性にも優れていると人気が高い。

IDやパスワードはアプリで管理する

Bitwardenは、高機能なパスワード管理アプリ。WindowsやMacに加え、iPhone/Android、各種ブラウザーの拡張機能としても利用可能。「ログイン」や「カード」など、管理情報のタイプに応じて、データを登録できる。

画像: https://bitwarden.com/

https://bitwarden.com/

解説/宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.