青汁メーカーのキューサイ株式会社が開催するオンライン講座「ケール de エディブルガーデン講座」を受講した感想をレポートします。青汁の原料となるケールは、家庭菜園でも育てられるのをご存じですか? 自宅でのケールの育てかたや、家庭菜園をもっと楽しく、おしゃれにする「エディブルガーデン」のやり方について、教えてくれました。

青汁の「キューサイ」がオンライン講座を開催!

「まずい、もう一杯!」で有名な青汁メーカー「キューサイ」。そんなキューサイが創業55周年を記念して、無料オンライン講座をスタートしました。オンライン講座名は「ケール de エディブルガーデン講座」。ちなみに、エディブル(Edible)とは、「食用に適する」という意味の英語です。青汁の原料であるケールの魅力や楽しみ方について、深堀りした内容です。

「ケール de エディブルガーデン講座」を開催した目的

キューサイが今回「ケール de エディブルガーデン講座」の開催を決めた理由のひとつに、コロナ禍が関係していました。自主的な外出自粛によって、「おうち時間」が増える昨今、家庭菜園に踏み出す方が増えています。プランターで育てる野菜といえば、トマトやなすを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

しかし実は、ケールも同じように家庭菜園で育てられることは、あまり知られていません。ケール自体がスーパーではなかなか手に入りづらく、トマトやなすのような「一般的な野菜」という枠組みではありませんよね。

それならば、家で育てみてほしい。家庭菜園にぴったりで栄養豊富なケールを、もっと身近な存在に感じてほしい。そう願い、今回のオンラインイベント開催に踏み切ったそうです。

実際にイベントに参加!

「ケール de エディブルガーデン講座」の第1回目は、12月4日に開催されました。例に漏れず、コロナ禍によって家庭菜園をはじめた私も、今回の講座に興味津々。受講者募集の知らせを聞き、応募をすることに。講座は45分間でしたが、あっという間に時間が過ぎるほど、充実した内容でした!

画像: 「ケール de エディブルガーデン講座」

「ケール de エディブルガーデン講座」

家庭菜園に興味のない方でも「へぇ~!」と思えることが多かったので、その詳細をレポートします。ちなみに、当日参加した受講者は全部で40人ほど。Zoomでの開催でした。

「キューサイファーム島根」の広大なケール畑から生中継!

講座といっても、ホワイトボード前や講壇で行うものでありません。「ケール de エディブルガーデン講座」の開催場所は、キューサイファーム島根の広大なケール畑。

画像: 広大なケール畑

広大なケール畑

その広さはなんと、東京ドーム15個分だそうです。思わず「おお~…!」とパソコンの前で素の声が漏れてしまいました。マイクがオフでよかった…! そんな美しい画面を眺めながら、ケールとエディブルガーデンの魅力について学んでいきます。

イベントレポート①
エディブルガーデンとは?

講座の最初に行われたプログラムは、エディブルガーデンについてです。講座名にもついているエディブルガーデンとは、どんなものなのでしょうか?

ガーデニングクリエイターのたなかやすこ先生が、エィデブルガーデンについて詳しく説明してくれました。

エディブルガーデン=食べられる庭

エディブルは、英語で「食用の」「食べられる」という意味があります。つまり直訳すると、エディブルガーデンとは「食べられる庭」、大きなくくりとしては、家庭菜園です。

ただ、普通の家庭菜園と違うのは、ひとつの鉢にいくつもの野菜や花を組み合わせて植え、彩り豊かな小さなガーデンを作る、という点です。野菜を育てて食べるだけではなく、庭のように眺めてるだけで楽しい栽培を目指すのが、エディブルガーデンの本質だそう。

先生の作ったエディブルガーデンに感動!

講座中に、たなかやすこ先生自身が作ったエディブルガーデンを披露してくれました。その食べられる庭の、かわいいことかわいいこと……!

画像: 先生の作ったおしゃれなエディブルガーデン

先生の作ったおしゃれなエディブルガーデン

これをもぎって食べるのは、ちょっと勿体無い気さえしてしまいます。

エディブルガーデンは「食育」を促す

しかし食べてこそ、エディブルガーデンの本当の良さがわかるというもの。先生は「エディブルガーデンそのものとパンを食卓に乗せて、野菜をもぎってサンドイッチを作り、その場で食べる」という提案をしていました。

この提案が、私のエディブルガーデンへの興味を強くかき立てました。

エディブルガーデンは見た目がかわいいです。しかし子持ちの親としては、育てる・収穫する・料理を手軽に体験できるのが、見た目以上の魅力かもしれないと強く感じたのです。

エディブルガーデンは狭いベランダでもできる

講座中、先生がエディブルガーデンの始め方について解説してくださいました。先生がおっしゃるには、エディブルガーデンを作るのに場所は必要なく、容器もトマトの空き缶に穴を開けたものでスタートしてOKとのこと。

画像: エディブルガーデンを始めるのは簡単

エディブルガーデンを始めるのは簡単

土も、100均で手にはいるような土で問題ありません。あとは同じく100均で売っている有機肥料と根腐れ防止用の石さえあれば、エディブルガーデンの環境としては充分だそうです。思った以上に簡単に始められそうですね。

育てる野菜は、これからの時期なら、小松菜や水菜、ミックスサラダなどがおいしくて見た目もかわいいのだとか。もちろんその他の野菜でも構いません。

エディブルガーデンは、一度にたくさんの野菜を育てるため、何を組み合わせて育てるべきか、少し悩むかもしれませんね。「このへんは森っぽくしたい」「森の抜けた先にお花畑があるといい」といったふうに、小さな庭の中に世界観をしっかり作っておくのが大切かな、というのが個人的な印象です。

もちろん、植物同士の相性や発芽時期の見極めなども大切です。しかし、初めのうちは見た目重視のほうが楽しいかと思います。先生のようなおいしさとかわいさが混ざった、素敵なエディブルガーデンを頭に思い浮かべて、野菜を選んでみましょう。

This article is a sponsored article by
''.