多くの定額制サービス(サブスク)では、契約者を増やすために「最初の1ヵ月間は無料」などのキャンペーンを展開。無料期間経過後は自動的に有料に切り替わるため、意図しない支払いにつながりやすい。ここでは、パソコンから契約した場合やiPhoneやAndroidから契約した定額制サービスを確認する方法を解説する。

セキュリティの最強極意17
月額や年額料金をうっかり払い続けていないか、契約を確認すべし!

ウイルスや犯罪にかかわるものではないものの、ネットの世界では、ちょっとした"うっかり"が思わぬ損失を招くこともある。中でも注意したいのが、「サブスクリプション(サブスク)」と呼ばれる定額制ネットサービスだ。「Amazon Music」などの音楽配信や、「Netflix(ネットフリックス)」といった動画配信など、定額料金を支払うことで一定期間のサービスが使い放題になるのが特徴だ。

最近は「Microsoft365」のように、ビジネス系アプリもサブスクで提供されることが増えている。
定額制サービスの契約期間は月単位や年単位になっていることが多いが、大半のサービスでは特に手続きしない限り、契約が自動更新される仕組みになっている。自分で意識して利用し続けているぶんには問題ないが、うっかり解約するのを忘れてしまっている場合は、無駄に料金を支払い続けることになる。

特にうっかりの要因になりやすいのが、無料お試し期間の存在だ。多くの定額制サービスでは、契約者を増やすために「最初の1ヵ月間は無料」などのキャンペーンを展開している。しかし、無料期間経過後は自動的に有料に切り替わるため、意図しない支払いにつながりやすい。

「お試し無料期間」にご用心!

画像: 大手のサブスクリプションサービスでは無料のお試し期間を設けていることが多いが、申し込み画面をよく確認すると、トライアル終了後に有料プランに自動更新される旨が記載されている。

大手のサブスクリプションサービスでは無料のお試し期間を設けていることが多いが、申し込み画面をよく確認すると、トライアル終了後に有料プランに自動更新される旨が記載されている。

定額制サービスの申し込み時にスマホアプリから契約した場合は、履歴管理や専用アプリから確認できるので、利用しないものは解約しよう。お試し無料期間の場合も期間内に解約すれば、料金を支払う必要がなくなる。

スマホから契約した定額制サービスを確認しよう

iPhoneの場合は「設定」を開き、いちばん上のアカウント名をタップ→「サブスクリプション」をタップすると、契約中の定額サービスを確認できる。ここからキャンセル処理をすれば、解約が可能だ。

画像1: セキュリティの最強極意17 月額や年額料金をうっかり払い続けていないか、契約を確認すべし!

Androidの場合はGoogle Playの「定期購入」から契約したサブスクリプションサービスなら、「Playストア」→メニュー→「定期購入」で確認して解約が可能。ただし、それ以外のアプリの場合は、それぞれのアプリから個別に解約する必要がある。

画像2: セキュリティの最強極意17 月額や年額料金をうっかり払い続けていないか、契約を確認すべし!

また、パソコンから契約した場合は、ブラウザーから各サービスの公式サイトにログインして解約手続きを行おう。また、万一の病気や事故に備えてアカウント情報を書き出しておくと、家族を通じて解約しやすくなるので安心だ。

パソコンから契約した場合は公式サイトで解約

画像: パソコンから契約した場合は、スマホから決済したわけではないのでスマホの履歴には表示されない。クレカや銀行の明細でサブスクの支払いがないか確認し、公式サイトや専用アプリからログインして解約を行おう。

パソコンから契約した場合は、スマホから決済したわけではないのでスマホの履歴には表示されない。クレカや銀行の明細でサブスクの支払いがないか確認し、公式サイトや専用アプリからログインして解約を行おう。

解説/宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.