「OTTAVA f SC-C70MK2」は、Chromecast built-in(クロームキャスト ビルト イン)やAirPlay2(エアプレイ ツー)など、最新の音楽ソースが楽しめる機能を採用している。また、「Spotify(スポティファイ)」などの音楽配信サービスにも対応。スピーカーユニットの改良で、音質も向上した。

今回のテストアイテムはこちら
テクニクス「OTTAVA f SC-C70MK2」

実売価格例:11万円

●プロフィール
Chromecast built-in(クロームキャスト ビルト イン)やAirPlay2(エアプレイ ツー)など、最新の音楽ソースが楽しめる機能を採用。また、「Spotify(スポティファイ)」などの音楽配信サービスにも対応する。スピーカーユニットの改良で、音質も向上した。

画像: ルーバーふうの前面パネルなど、デザインは前モデルとほぼ同じ。写真のシルバーのほか、ブラックモデルも追加されている。前面のディスプレイは、有機ELを採用。

ルーバーふうの前面パネルなど、デザインは前モデルとほぼ同じ。写真のシルバーのほか、ブラックモデルも追加されている。前面のディスプレイは、有機ELを採用。

SPEC
●定格出力/フロント:30W+30W、サブウーハー:40W●スピーカー/2㎝ツイーター、8㎝ウーハー、12㎝サブウーハー●対応CD/CD、CD-R、CD-RW●チューナー/AF、FM●Bluetooth対応コーデック/AAC、SBC●端子/USB A、ヘッドホン(3.5㎜)、AUX入力(3.5㎜)、光デジタル入力、LAN●対応ファイル形式/WAV、FLAC、DSD、AAC、MP3●対応フォーマット/PCM:最高384kHz/32bit、DSD:最高11.2MHz●サイズ/幅450㎜×高さ143㎜×奥行き280㎜●重量/8.0kg

各種の音楽配信サービスが再生可能

CDプレーヤーやFM/AMチューナーを内蔵し、多彩なデジタルソースにも対応する、テクニクスの一体型オーディオシステム。本機は、スマホ連係や家電連係機能が加わり、さらに使いやすいモデルに進化した。まず、Chromecast built─inに対応したことで、各種の音楽配信サービスやインターネットラジオなどの再生が可能。Googleアシスタント機器と連係して、音声操作も利用できる。

ネットワーク設定も、スマホアプリの「Technics Audio Center」でスムーズに行える。細かな設定をはじめ、HDDやNASに保存してある音楽ファイルも、スムーズに操作できるようになっている。

多機能な一体型オーディオシステムが、スマートスピーカーのように使うことができるのは非常に便利。音声操作により、誰でも簡単に、好みや気分に合わせた楽曲を再生できるため、より気軽にさまざまな音楽を楽しめるようになった。

さらに、設置場所に合わせて音質を最適に調整する「Space Tune」は「Auto」モードが追加され、より簡単な操作で音質の最適化ができるようになった。身近な音楽システムとしての完成度を大幅に高めている。

◾️CDプレーヤーは手動開閉式

画像: 天面にはトップローディング方式のCDプレーヤーを搭載。再生中はLEDでディスクを照らし、回転するディスクの様子が見える。

天面にはトップローディング方式のCDプレーヤーを搭載。再生中はLEDでディスクを照らし、回転するディスクの様子が見える。

オーケストラは雄大で、ボーカルは力強い

CDやハイレゾ音源(ネットワーク再生)を聴いてみたが、前モデルよりも音場の広がりが豊かになり、スピーカーが別体のシステムにも迫る広がり感が得られた。

クラシック曲では、オーケストラのステージを雄大に再現。ボーカル曲も、センターに定位する声を力強く描く。ツイーターとウーハーユニットは改良が加えられており、さらに音質が磨き上げられたということがよくわかる。

◾️多彩なオーディオ入力に対応

画像: ネットワーク端子やUSB、光デジタル入力に加え、アナログ音声入力も備える。FM/AMチューナーも内蔵しており、多彩な音楽ソースに幅広く対応する。

ネットワーク端子やUSB、光デジタル入力に加え、アナログ音声入力も備える。FM/AMチューナーも内蔵しており、多彩な音楽ソースに幅広く対応する。

おすすめ度…A₊

一体型とは思えない広がり豊かな音場。楽しめる音楽ソースも多彩になった

ココが〇
初期設定が簡単になり、音楽配信サービスにも対応するなど機能はかなり充実。何よりも、一体型とは思えない音場感がみごとだ。

ココが✖️
低音がかなり力強いので、しっかりした置き台が必要。

※価格は記事作成時のものです。
解説/鳥居一豊(AVライター)

This article is a sponsored article by
''.