子供が大きくなると浮上してくる教育問題。学校の成績アップや進学準備のため、塾に通わせるのがマストになってきます。では、たくさんある中で、どうやって塾を選べばいいのでしょうか。塾のタイプ別のメリットは? 選ぶときの決め手は? お金のことはどう? こんな噂は本当なの? 塾について知りたいあれこれを、現役の先生に聞いちゃいます。今回は気になる「塾の費用」についてです。

回答者のプロフィール

画像: 回答者のプロフィール

佐々木高雅(ささき・たかまさ)

進学塾フォルテ講師。指導歴15年以上。大手学習塾在籍時は、難関高校等に1000名以上の生徒を合格させた実績を持つ。現在は横浜市に進学塾フォルテを開校し、1年間で模試の偏差値20アップの指導力を発揮している。
▼進学塾フォルテ(公式サイト)

塾の費用をなるべく安くすませたい

——高校入試の塾代をなるべく安く済ませたい場合、どうすればいいですか?

佐々木 ある程度自分を管理できるお子さんであれば、進研ゼミやZ会などの通信教育等を活用すれば、塾に比べて安く済ませる事ができます。中3の場合ですと、通信教育だと10万円〜20万円台、塾や家庭教師は50万円〜100万円(年間)がひとつの目安ですね。

——わ、金額がずいぶん違う! 教材のレベルの違いとかですか?

佐々木 教材の問題ではないです。通信教育で送られてくる教材を自分でこなして返送し、採点されたのもすべて自分でチェックして解き直しをする。そういったことが継続してできる子は、通信教育の教材で力は十分つくでしょう。ただ、自分を律して自主的に取り組める意識の高い生徒さんは、残念ながら多くないんです。大多数の子は、自力で続けるのは難しいですね。

——なるほど、そこがネックなんですね。

佐々木 僕が中学生でも、正直1人で続けられる自信はないです。ただ、ご家庭の方などがある程度管理できて、やっていける体制が取れるのであれば、その方法でもOKだと思います。

あと、他の科目はしっかりとできるけれど、この科目はどうしても苦手だというのが1~2科目ある場合は、個別指導や家庭教師でその科目だけ見てもらい、残りは自分でやるという方法もありますよ。 

成績のいい子は塾が安くなるって本当?

——成績がいい子は、塾が安くなることがあるって聞いたんですけど。

佐々木 はい。塾のなかには、成績上位者の授業料を全額もしくは一部免除する特待生制度を設けているところがあります。優秀な生徒を集めて有名校の合格者を増やせば、実績アップにつながり、塾の宣伝になるんですね。

——なんと、そんなおとなの事情が!

佐々木 ただ、その恩恵を受けるためには「トップ校を必ず受ける」や「私立難関校を受験する」などの縛りがでてきます。本命1本だけでなく、ほかの学校も受ける場合はその分負担が増すので、特待生となる前にどんな規約や条件があるのか、必ず確認したほうがいいですね。

——そういうのを負担に感じない子ならOKなんですね。でも全額無料になるなら悪くないかも!

佐々木 そこも確認してほしい点です。実は授業料は無料になっても、テキスト代や模試代、諸経費などは必要なケースが多いんですね。中にはすべて免除としている塾もありますが、多くの塾では入塾金や月々の授業料以外の費用は発生するので、そのつもりでご準備ください。

年間の塾代がわかりづらい!どうして?

——年間の塾代をネットで調べたら、いろんな金額がバラバラに書いてあって、すごくわかりづらいんです。

佐々木 年間のトータル費用を明確にしていない塾は多いですね。私が以前在籍していた大手塾もそうでした。

——なんでそんなまどろっこしいことを?

佐々木 一目見て「高い」という印象を回避するためです。特に大手塾はライバルが多いので、月々の料金をなるべく安く見えるようにしないと、ほかとの競争に勝てないんですね。なので、多くの大手塾は、最初に入塾代と1年分の月謝だけ提示して、入塾後に季節講習費や模擬試験代、維持費などをその都度上乗せしていくシステムになっています。その結果、最終的には積もり積もって思ってもいない金額になることが珍しくありません。もちろん最初に、月謝以外の費用が別途かかることは説明しますが、具体的な金額は示さないですね。

——最終的にはどれくらい増えるんですか?

佐々木 私の知っている範囲だと、大手塾が最初に提示するのが大体30万円〜40万円、それが最終的には55万円〜65万円くらいになります。最初に提示した金額の1.5倍から2倍ぐらいになるのがひとつの目安ですね。

ちなみにうちの塾は、中3生が年間でかかる費用は全部ひっくるめて50万円ちょっとで、最初にすべて提示しています。30〜40万円と謳っている塾に比べると高い印象になってしまいますが、トータルでは安いですし、入塾後に「今度の季節講習はいくらかかるんだろう」と気を揉んだり、急いでまとまったお金を用意するといった負担もないので、親御さんには好評です。

——たしかに、そっちの方が気が楽ですね。

佐々木 年間費用をオープンにしていない塾でも、「1年でいくらかかるかトータルの金額を教えてください」と言えば教えてくれるので、はっきりさせたい場合はぜひ聞いてみてください。

また、個別指導の塾では、オプションでいろんな授業をプラスしていった結果、月々の支払いが10万円以上になったという話も耳にします。その生徒さんには、確かにその授業が必要かもしれませんが、そういうケースがあることも覚えておいた方がいいですね。

以上、「塾の費用」編をお届けしました。ほかにも「塾選びの基礎知識」「素朴な疑問」「先生についての疑問」「塾で習うことって?」「生徒に関する疑問」がありますので、併せてお読みください!

This article is a sponsored article by
''.