アメトーーク!年末スペシャルの家電芸人で、大注目を浴びた日立の新型スティック掃除機。軽さが大注目されてましたが、おそうじ力もすごいんです。床のホコリが見えやすい工夫があったり、壁際や部分掃除にも強かったり、ゴミがスマートに捨てられたり。番組では触れられていなかったそんな魅力をレポートします!

ラクかるスティックってどんな掃除機?

画像: ラクかるスティックPV-BL2H kadenfan.hitachi.co.jp

ラクかるスティックPV-BL2H

kadenfan.hitachi.co.jp

家電大好きな芸人さんがお気に入り家電を熱くプレゼンする「アメトーーク!!家電芸人」は、最新の家電の魅力がわかる人気企画。その中でトップを飾った「日立ラクかるスティック」は、いろんな機能を盛り込みつつ、業界最軽量の1.1kgという軽さが自慢です。番組でも、製品を手にしたMCの蛍原さんが「軽っ! 指1本で持てますよ」と、驚愕していました。

では、どんな掃除機か見ていきましょう。発売は昨年12月中旬。商品には、本体のほか、パワーヘッド、延長パイプ、ACアダプター、スタンドなどが付属します。アタッチメントは、ハンディブラシと隙間用ノズル、ほうきブラシ。隙間用ノズルとほうきブラシは、スタンドのくぼみに収納が可能で、ハンディブラシは本体にの先に付けっぱなしにして使用します。本体と延長パイプ、パワーヘッドを合体させ、実際に使うときの重量が1.1kgとなります。

画像: ラクかるスティックってどんな掃除機?

素材や構造の見直しで業界最軽量を実現。パイプはわずか100g

どうしてそんなに軽いかというと、これまで使ってきた素材や構造を徹底的に見直し、無駄を省いたり軽い素材に変えたりしたのがその理由。本体の重さは800g、延長パイプはわずか100gとなっています。
番組では和牛の水田さんが「100gといったら小さめのハンガーグくらい」と言っていましたが、実際に延長パイプを持ってみると、中が空洞になってるおもちゃの刀みたいな軽さです。ちょっと不安になりましたが、このパイプは部分的に壁を厚さを変えるという技術を使って、軽さと強さを両立させているとのこと。この技術は自動車にも使われているそうで、耐久性はしっかり保持されいます。

画像: 延長パイプはたった100gながら耐久性を保持

延長パイプはたった100gながら耐久性を保持

番組で紹介していなかった特徴はこれ!

番組では軽さに加え、
・吸引力の高さ
・自動で進む自走ヘッドの快適さ
・横に入るキワピタヘッド構造
・暗がりで便利なLEDライト

などが紹介されていました。それ以外にどんな特徴があるのでしょうか。

LEDの光で床のホコリも見えやすい

ヘッドのLEDライトは、ベッドや家具の下など、暗い隙間の掃除に役立つと紹介されていましたが、実は床掃除にも便利。部屋を暗くした状態の中では、明るいときには見えなかったチリやホコリが、LEDライトを浴びた途端に浮かび上がります。それらを見つけて吸うのが想像以上に楽しくて、気分はすっかりゴミハンター。あっちはどうだ、こっちもあるか?と掃除が一気にはかどり、気づけば毎日お掃除していました。

画像: 明かりをつけた状態ではこんな状態

明かりをつけた状態ではこんな状態

画像: 電気を消した状態でLEDの光を浴びると、チリやホコリの存在があらわに

電気を消した状態でLEDの光を浴びると、チリやホコリの存在があらわに

壁際の掃除力が高い!

番組では、吸引力やヘッドをつけたままの隙間掃除が話題になっていました。それに加えて、新型ラクかるスティックは、壁際のお掃除にも強いのです。軽量化のためヘッドのサイズもコンパクトになったのですが、無駄なスペースを抑えてキュッとまとめたことで、回転ブラシと前面のカバーが大接近。壁際にブラシが届きやすくなりました。

画像: 前面カバーと回転ブラシが至近距離に設置され、壁際により近づけるようになった

前面カバーと回転ブラシが至近距離に設置され、壁際により近づけるようになった

試しに壁際に重曹を撒いて吸い取ってみたところ、吸い残しがほぼゼロという結果に。通常は、どんな掃除機でもちょっとは粉が残ってしまうのですが、普通に1往復させただけで、重曹を巻いた形跡がまったくなくなりました。これは期待以上の壁際力です。

画像: 壁際に撒いた重曹が

壁際に撒いた重曹が

画像: ワンストロークでここまできれいに

ワンストロークでここまできれいに

アタッチメントが優秀

ラクかるスティックPV-BL2Hは、床掃除だけでなく、隙間などの部分も得意です。大活躍するのが、真ん中に細い吸い込み口が6個ついたほうきブラシ。毛足が長いブラシで掃いたホコリを、ストローのようなチューブが強力に吸い取ってくれて、細かい隙間や段差などの掃除に威力を発揮します。

画像: 通常のハンディ状態(左)と、ほうきブラシ(右)。細いチューブが、狭い場所のホコリを強力に吸引する

通常のハンディ状態(左)と、ほうきブラシ(右)。細いチューブが、狭い場所のホコリを強力に吸引する

画像: 吸い込み口が大きいと、狭い場所のゴミが吸いきれない

吸い込み口が大きいと、狭い場所のゴミが吸いきれない

画像: ブラシでホコリを掃きながら、中央のチューブで強力に吸引

ブラシでホコリを掃きながら、中央のチューブで強力に吸引

窓の格子や、スイッチの枠、椅子の縁など、家の中の細かい段差って意外に多いですよね。しかもそういう場所は掃除がしにくく、ついスルーしてしまいがちですが、そんなところもあっという間にきれいにできます。また、引き出しや小物入れの掃除もお手の物。細いチューブが、クリップやヘアピン、小銭などを吸い込むことなしに、ゴミだけを取り除いてくれます。

画像: 面倒でスルーしがちな細い場所もあっという間にきれいに

面倒でスルーしがちな細い場所もあっという間にきれいに

掃除機が軽いので、高いところのヘリの掃除に効果的です。普段見過ごしがちなこんな場所をあちこち掃除してみたら、「え……?」と思うくらいホコリが取れました。考えてみると、こういうところも床と同じで、当たり前に毎日ホコリがたまるんですよね。

画像: 重量が軽いので、高い場所の掃除も楽ちん

重量が軽いので、高い場所の掃除も楽ちん

ゴミがスマートに捨てられる

吸い取ったホコリがダストケースで圧縮されるのも、ラクかるスティックの特徴。綿ゴミも髪の毛もキュッと圧縮され、ドーナツ状にまとまります。ゴミ捨てのときは、本体にケースをつけたままボタンを押すだけ。いかにもゴミという見た目ではなく、ドーナツみたいなものがポコンと出てくる様子は、かわいくてちょっと和みます。
また、ゴミがコンパクトになることで、捨てる回数が減らせるとのこと。カタログには20日分のゴミがストックできると記載されていました。

画像: 水色のボタンを押せばゴミがぽろっと捨てられる。本体からケースを外して捨ててもok

水色のボタンを押せばゴミがぽろっと捨てられる。本体からケースを外して捨ててもok

なお、圧縮する作業はケースの外で行うので、内側のネットの部分に髪の毛がからまないというメリットもあります。掃除のあとにつきものの「掃除機の掃除」が楽になり、こんなところも嬉しいですね。

画像: PV-BL2H商品紹介動画・からまんプレス構造 www.youtube.com

PV-BL2H商品紹介動画・からまんプレス構造

www.youtube.com

まとめ

画像: 【アメトーーク!で話題】日立の1.1kg激軽スティック掃除機レビュー 番組で紹介されなかった魅力に迫る!
【送料無料】HITACHI/日立 ラクかるスティック コードレススティッククリーナー 『パワフル スマートヘッド light』 <PV-BL2H> シャンパンゴールド*スタンド付
【商品特徴】 <<ヘッド>> ■自走機能 ブラシの回転で前に進む自走機能で、じゅうたんの上でも、より軽い操作でお掃除。 ■回転ブラシ モーター駆動方式 ヘッド内部にあるモーターでブラシを強力に回転させます。 ■からまん機構 からまんガイドの効果で糸くずや髪の毛、ペットの毛などが回転ブラシにからみ付くのを抑えます。 ■クルッとヘッド 手もとの操作でヘッドが左右90度曲がって壁ぎわや狭い場所もラクにお掃除。 ■きわぴたブラシ ■ぺタリンコ構造 ヘッドが浮かずに家具の下の奥までお掃除できます。 ■かるふきブラシ ・ワンタッチ着脱 ・水洗い対応 <<使いやすさ(ダストケース)>> ■ごみダッシュ...
¥ 68,300
2021-01-06 12:05

ほかにもヘッドが張り付かないような工夫があったりと、いろんな実力を秘めた新型ラクかるスティック。自走ヘッドの回転ブラシの音が少し大きいかな?という点が気になりましたが、LEDやほうきブラシでの快適なお掃除は大きな魅力です。楽しく使える軽量スティク掃除機を探している人は、ぜひチェックしてみてください。

This article is a sponsored article by
''.