iPhone12が発売されたこともあり、買い替えを検討中の方は多いと思います。しかし、どのモデルを選べばいいのかお悩みではないでしょうか。できるだけ安く、高性能なiPhoneを手に入れたいですよね。そこで本記事では、個人的に最もコストパフォーマンスが高いと感じるiPhoneSE2についてご紹介します。メリット、デメリットをわかりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneSE2は「使える」か?

日常生活なら十分すぎるスペック

結論から述べると、日常生活で利用するならiPhoneSE2は十分すぎる性能です。
ネットサーフィンはもちろん、高い処理能力が求められるゲームも問題なく楽しめます。
カメラや動画もきれいに撮影するできるでしょう。

もちろん、トータルの性能ではiPhone11やiPhone12の方が優れています。
しかし、iPhoneSE2の方が数万円単位で安いのも事実です。
後述するメリット、デメリットを比較しながら、ご自身にマッチするかを見極めてください。

iPhoneSE2のメリット

ここでは、iPhoneSE2のメリットをユーザー目線で解説します。
難しい話は極力避けて、日常生活で感じるメリットに焦点を当てています。

コストパフォーマンスが高い

画像: コストパフォーマンスが高い

iPhoneSE2はコストパフォーマンスに優れたモデルです。
「A13 Bionicチップ」「1200万画素のカメラ」「4Kビデオ撮影」など高性能にもかかわらず、本体代金が44,800円(税別)からに設定されています。

また、128GBは49,800円(税別)、256GBは60,800円(税別)です。
iPhone12 miniの64GBが74,800円(税別)なので、iPhoneSE2がどれだけ安いかが伝わるかと思います。

片手で操作できるコンパクトなサイズ感

iPhoneSE2は、高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mmのコンパクトな設計です。
片手で操作可能なサイズ感なので、使いにくさを心配する必要はありません。

また、画面サイズに関しては4.7インチとなっています。
ちなみにiPhone11とiPhone12の画面サイズは6.1インチです。
「大画面のスマホは使いにくい」という方にiPhoneSE2をおすすめします。

Apple Payを利用できる

画像: Apple Payを利用できる

iPhoneSE2は、Apple社が提供するウォレットアプリ「Apple Pay」に対応しています。
クレジットカードや電子マネーの一括管理することが可能です。
iDやQUICPayの加盟店なら、専用端末にタッチするだけで買い物できます。

また、Apple payにはモバイルSuicaを登録できます。
関東圏の電車やバスであれば、スマホをタッチするだけで乗車可能です。
Apple Payのアプリ上でいつでもチャージでき、わざわざ財布からSuicaを取り出す必要がありません。
キャッシュレスメインの生活をしている方にとって、iPhoneSE2は強力な味方になってくれるでしょう。

ホームボタンが搭載されている

iPhoneSE2にはホームボタンが搭載されています。
「iPhoneだから当たり前じゃないの?」と思うかもしれませんが、Face ID(顔認証)を搭載したiPhoneX以降のモデルにはホームボタンが存在しません。

どちらが優れているというわけではありませんが、iPhoneSE2以前のモデルを使用している場合、ホームボタンがないと違和感を感じると思います。
「今まで同じようにiPhoneを使いたい」という方は、iPhoneSE2の購入を検討してみてください。

iPhoneSE2のデメリット

ここでは、iPhoneSE2の気になる点をユーザー目線で解説します。

iPhone6sより少し重い

iPhoneSE2の重量は148gです。
同じサイズ感のiPhone6Sの重量が143gなので、少しだけ重いことになります。
たった5gの差ですが、両手に持ちながら比べてみると違いがはっきり分かるレベルです。
私は1週間程度で慣れましたが、使い始めは違和感を覚える方が多いかと思います。

カラーバリエーションが少ない

iPhoneSE2のカラー展開は、「ホワイト」「ブラック」「レッド(プロダクト)」の3種類です。

【カラー展開】

画像: www.apple.com
www.apple.com
  • ホワイト
  • ブラック
  • レッド(プロダクト)

他のiPhoneのようにシルバーやスペースグレイが存在しないので注意してください。
個人的には、オーソドックで使いやすいブラックをおすすめします。

バッテリー消費が速い

画像: バッテリー消費が速い

iPhoneSE2の最大のデメリットは、バッテリー消費が速い点です。
フル充電の場合、ネットサーフィンなら1日、ゲームをすれば数時間程度で消費されます。

バッテーリー消費が速い反面、充電速度も高速です。
毎日充電するのが面倒でなければ、iPhoneSE2で問題ないでしょう。

まとめ

今回は、個人的にコストパフォーマンスが高いと感じるiPhoneSE2をご紹介しました。
メリット、デメリットに関しては下記の通りです。

【押さえておくべきメリット】

  • 64GBで44,800円(税別)から手に入る
  • 片手で操作可能なサイズ感で、ホームボタンも搭載
  • Apple Payに対応している

【注意すべきポイント】

  • iPhone6Sより少し重い
  • カラーバリエーションが少ない
  • バッテリー消費が速い

高性能なiPhoneが5万円以下と考えれば非常にお買い得です。
また、ハイスペックモデルのiPhoneは、日常生活では使い余す可能性が高くなります。
特にこだわりがない方なら、iPhoneSE2で満足できるはずです。

This article is a sponsored article by
''.