【Windows10】パソコン起動時のパスワード入力を省略する方法

ガジェット

テレワークなどで、確実に自分しか使わないパソコンもあるだろう。そのような場合、サインインの際にパスワードなどの入力を不要にすることができる。顔認証や指紋認証も必要なくなる。Windowsの基本操作として覚えておくと便利だ。

起動時にパスワードを入力するのがめんどう

Windowsでは、複数のユーザーを登録し、切り替えながら使うことができる。その際、原則としてユーザーごとにパスワードやPINの設定が求められる。しかし、テレワークなどで、確実に自分しか使わないパソコンもあるだろう。そのような場合、サインインの際にパスワードなどの入力を不要にすることができる。顔認証や指紋認証も必要なくなる。

スタートボタンの右にある検索枠に半角文字で「netplwiz」と入力。「コマンドを実行」を選ぶと「ユーザーアカウント」の設定画面が出る。ここで、「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外して「OK」。次の画面で現在のパスワードを入力して「OK」を押すと、次回からサインインの操作が不要になる。戻すときは、同じ画面でサイドチェックを付ければいい。

●パスワードなしでサインインできる

(1)「netplwiz」コマンドで開いた画面でパスワードを不要にするユーザーを選び、「ユーザーがこのコンピューターを~」のチェックを外して「OK」。

(2)次の画面で、これまで使っていたパスワードを入力して「OK」。再起動すると、パスワードなどの認証なしでサインインできるようになっている。

■解説/下島朗(エントラータ)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース