捨てるかどうか迷うファイルは圧縮し、元のファイルを削除して空き容量を確保しよう。「ドロップイット」というフリーアプリを使うと便利。このアプリは、アイコンにフォルダーをドロップして、自動的にファイルを判別して振り分けなどの処理を行うものだ。

関連記事▶【Windows10】一括削除!重複ファイルを検索する無料アプリ「デュプファイルエリミネーター」

捨てるべきか迷う、古いファイルがけっこうある

捨てるかどうか迷うファイルは圧縮し、元のファイルを削除して空き容量を確保しよう。これには「ドロップイット」というフリーアプリが便利。このアプリは、アイコンにフォルダーをドロップして、自動的にファイルを判別して振り分けなどの処理を行うもの。振り分けの条件と処理を複数設定できる。

例えば、「1年以上アクセスしていない」「1Mバイト以上」のファイルを見つけて「圧縮する」という設定を作り、これを実行する。さらに、同じ条件で見つかったファイルを「削除する」という設定を作って実行すれば、圧縮されたファイルの原本が削除され、ドライブの空き容量は増える。

後日、その古いファイルが必要になり、既存フォルダーを探しても見つからなかったら、ドロップイットで作った圧縮ファイルを探し、解凍すればいいわけだ。

デスクトップ上にある「ドロップイット」のアイコンに、対象ファイルが入っているフォルダーをドロップする。

画像1: 捨てるべきか迷う、古いファイルがけっこうある

どんなサイズか、いつ作成されたか、いつアクセスしたかなどでファイルを指定できる。これにより、昔作成して、最近アクセスしていないファイルを圧縮することが可能。

画像2: 捨てるべきか迷う、古いファイルがけっこうある

■解説/福多利夫(フリーライター)

関連記事▶【Windows10】一括削除!重複ファイルを検索する無料アプリ「デュプファイルエリミネーター」

This article is a sponsored article by
''.