HDMIがなくても変換アダプターがあれば、外部のディスプレイに接続が可能だ。ここでは、サンワサプライ「USB-CVU3HD2」を紹介する。また、アダプター利用が難しい時は、手持ちのタブレットをディスプレイと活用してもいい。「spacedesk(スペースデスク)」というアプリが便利だ。

関連記事▶【Windows10】テレワークがはかどる「マルチディスプレイ」の導入方法

HDMI端子がなくて外部ディスプレイにつなげない

ディスプレイの接続端子はHDMIが採用されていることが多い。一方、パソコンによっては、HDMI端子が搭載されていないこともある。

このようなケースでも、変換アダプターを使えば外部ディスプレイとの接続が可能になる。パソコンのUSBポートから、アダプターを介してHDMIに変換できる仕組みだ。

●HDMIがなくても変換アダプターなら接続可能に

サンワサプライ
USB-CVU3HD2
実売価格例:1万140円

画像: パソコンのUSB3.0端子に接続して使うUSB-HDMI変換アダプター。4K出力にも対応しているので、4Kディスプレイを使いたいときにも最適だ。

パソコンのUSB3.0端子に接続して使うUSB-HDMI変換アダプター。4K出力にも対応しているので、4Kディスプレイを使いたいときにも最適だ。

アダプターの利用が難しいときは、手持ちのタブレットをディスプレイとして活用する手もある。「spacedesk(スペースデスク)」というアプリをパソコンとタブレットにインストールすれば、Wi-Fi接続でパソコン画面をタブレットに出力できる。

●タブレットにWi-Fi経由でパソコン画面を出力

画像: 「spacedesk」のドライバーアプリをパソコンにインストール。タブレットに「spacedesk」アプリをインストールして起動し、「Connection」で接続。

「spacedesk」のドライバーアプリをパソコンにインストール。タブレットに「spacedesk」アプリをインストールして起動し、「Connection」で接続。

マルチディスプレイとして使う場合は、接続後にWindowsの設定から「表示画面を拡張する」に切り替えればいい。iPadでもAndroidタブレットでも利用でき、ケーブル不要なのもメリットだ。

画像: Wi-Fi経由でパソコン画面が表示される。

Wi-Fi経由でパソコン画面が表示される。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/宮下由多加(ITライター)

関連記事▶【Windows10】テレワークがはかどる「マルチディスプレイ」の導入方法

This article is a sponsored article by
''.