作業途ウェブカメラを購入して設置すればいいが、コロナ禍の影響で品薄が続いている。用意が間に合わない場合は、「iVCam(アイブイカム)」というアプリを使えば、手持ちのスマホをウェブカメラとして利用することが可能になる。

オンライン会議用のカメラがパソコンに付いてない

作業途ウェブカメラを購入して設置すればいいが、コロナ禍の影響で品薄が続いている。用意が間に合わない場合は、「iVCam(アイブイカム)」というアプリを使えば、手持ちのスマホをウェブカメラとして利用することが可能になる。

パソコンとスマホそれぞれにこのアプリをインストールし、Wi-FiもしくはUSB接続すれば、パソコンにスマホカメラの映像が表示される仕組みだ。

●「iVCam」でスマホをウェブカメラ化する

画像: パソコンとスマホに「iVCam」をインストール。パソコン側でアプリを起動し、待機状態にしておく。

パソコンとスマホに「iVCam」をインストール。パソコン側でアプリを起動し、待機状態にしておく。

画像: スマホの「iVCam」アプリを起動すると、このようにスマホカメラの映像がウエブカメラとしてパソコンに表示される。

スマホの「iVCam」アプリを起動すると、このようにスマホカメラの映像がウエブカメラとしてパソコンに表示される。

なお、「Zoom」で使う場合、初期設定では映像が左右反転して表示される。これを解消するには、「iVCam」のカメラ設定で「水平ミラーリング」をオンにしよう。

画像: 「Zoom」では映像が左右反転するので、パソコンの「iVCam」のカメラ設定を開き、「水平ミラーリング」をオンにして反転を修正しよう。

「Zoom」では映像が左右反転するので、パソコンの「iVCam」のカメラ設定を開き、「水平ミラーリング」をオンにして反転を修正しよう。

「iVCam」は無料で利用できるが、映像にロゴが入り、一定期間後は解像度が640ドット×480ドットに固定されるなど制限がある(有料版は1080円)。利用はあくまでも急場しのぎと割り切り、後日改めてウエブカメラを用意するのが賢明だ。

■解説/宮下由多加(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.