愛知県出身の明治大学理工学部卒、ベンチャー企業経由、起業家26歳。現在地点は、レンタル電動自転車とスマホ一台で月収100万円以上を稼ぐ「出前館」配達員(業務委託パートナー)。2021年2月現在、都内で1000人以上といわれる出前館配達員の中で、彼は十指に入るドライバーだ。持ち前の頭脳を生かし、いかに戦略的に稼ぐかを常に考えているという。脱出世・脱所有「ミレニアル世代」とデジタルネイティブ「Z世代」のはざまに生きる岩澤岳志さん(仮名)に話を聞いた。(聞き手=今村友信・特選街web編集長)

出前館の配達員を始めたきっかけ

出前館の配達拠点にしているという、JR大久保駅(東京都新宿区)近くの喫茶店で待ち合わせると、ドコモ・バイクシェアの赤いレンタル電動自転車でやってきた岩澤さん。どこにでもいる、育ちの良さそうな好青年という印象だ。まずは現況と、出前館の配達員を始めたきっかけについて尋ねた。

――ずいぶん若いんですね。理工系の有名大卒。進路の選択肢はそれなりに多かったと思いますが…。

岩澤 現在26歳です。地方公務員の両親のもと愛知県で育ち、大学入学を機に上京しましたが、卒業後、新卒で入ったベンチャー企業が3ヵ月で倒産。その後、IT系大手企業に転職。そこで、さまざまな事業者や企業経営者とのつながりを得、それらを足がかりに職業紹介の事業を立ち上げようと、一人で起業しました。少資本でも参入できる業界だと思い、一念発起、脱サラしましたが、そう簡単にうまくいくはずはありません。事業を回すためにも、日々の生活をするためにも、とりあえず日銭を稼がなくてはなりません。そこで、事業を継続しつつ、短期・単発・日払いのバイトも同時にするようになったのです。

画像: 今回インタビューに応えてくれた岩澤岳志さん(26)。出前館配達員として月収100万円以上をコンスタントに稼ぐ。

今回インタビューに応えてくれた岩澤岳志さん(26)。出前館配達員として月収100万円以上をコンスタントに稼ぐ。

――本業がなかなかうまく行かず、日銭稼ぎでバイトを。

岩澤 はい。まずは、「時給がいいから」という理由で、大手レストランチェーン店専属の宅配バイトをはじめました。それが、今の仕事につながるデリバリーサービスとの最初の出合いです。バイク免許は持っていたものの、配達経験なし土地勘なしの状態からスタートでした。そんな状態で、レストランチェーン店の仕事を少しずつ覚えていきました。それとは違う単発バイトの一つに「出前館」がありました。試しにちょっとやってみましたが、当時の出前館には、時給アルバイトでの雇用形態しかありませんでした。1日5件配達しようと20件配達しようと同じ報酬であることに嫌気がさし、業務委託契約が結べるUber Eats(ウーバーイーツ)で働き始めます。この頃から「稼ぐ」ということにこだわるようになったと思います。

Uber Eatsをやめて出前館へ

――出前館のアルバイトからUber Eatsへ。

岩澤 しかし、ここで大きな問題が生じます。それは、配達手段が無いことです。今までの単発バイトでは、当たり前のように乗っていた雇用先の配達用バイクがありません。バイクや自転車を自前で買う金もない。そこで、必然的にレンタル自転車(ドコモ・バイクシェア)で配達を行うようになりました。これは今でも変わりません。家賃の安い自宅(川崎市)から職場(新宿区)まで電車で移動してレンタル自転車で稼ぎ、そしてまた電車で自宅へ戻るというスタイルは、とても合理的で自分に合っていると思います。

――Uber Eatsは稼げましたか。

岩澤 Uber Eatsでは、比較的順調に稼げたと思います。休むのがもったいないほどで、毎日9時から23時まで働けば、週に20万円弱の収入になっていました。ただ、Uber Eatsは、お客様から受けた注文が自動的に配達員に振り分けられるため、「もっと稼ぎたい」という自分にはやや不満でした。その後、さまざまなデリバリーサービスが参入してくる中、出前館も(アルバイトだけでなく)業務委託パートナーの募集を開始したと知り、ある程度稼げていたUber Eatsを完全に辞め、出前館の配達員一本で勝負しようと思いました。それが2020年9月ごろ、25歳のことです。

関連記事▶【出前館とは?】ウーバーイーツとの違い 配送料や手数料、配達エリアを比較 クーポンやポイント活用方法も解説

出前館の配達員が稼げる理由

――ある程度稼げていたUber Eatsから、出前館の業務委託パートナーへ。出前館の配達員一本で勝負しようと思ったのは、なぜですか。

岩澤 出前館の配達員一本にしたのは、Uber Eatsやmenu(メニュー)など他のデリバリーサービスにはない「メリット」があるからです。それは「より多く稼げる」ということです。なぜ多く稼げるのか。それは、出前館の受注システムに特徴があるからです。受注システムの大きな特徴は、大きく分けて二つあります。一つは、受注の可否は「早押しで決まる」ということ。そしてもう一つは、お客様からの注文時に「届け先(お客様)の住所が表示される」ということです。特に後者は、配達員から見れば最大のメリットといえます。

画像: 「出前館は他社にはないメリットがある」という岩澤さん。人気店のクリスピー・クリーム・ドーナツから。

「出前館は他社にはないメリットがある」という岩澤さん。人気店のクリスピー・クリーム・ドーナツから。

――注文時に客側の住所がわかるのは、なぜメリットなのですか。というか、Uber Eatsは、最初の受注時点では「どこの店舗か」までは分かるけど、「どこに届けるか」までは配達員はわからないのですね。

岩澤 そうなんです。出前館の場合、お客様から注文が入ると、配達員のスマホ画面には「注文内容」が表示されます。配達員は、それを受けるか受けないか、一瞬の判断で決定しなければいけません。(スマホ画面を見せながら)ほら、いま音が鳴ってお客様から注文が来ています。画面はこんな感じです。この画面に「受け取り店舗」と同時に、「○○区○○町○丁目」という「届け先のだいたいの住所」まで表示されているでしょう。この小さな違いが、圧倒的な収入の差を生むんです。この情報が、効率よく配達するのにとても重要なのです。

――届け先のだいたいの住所が出ることが、それほど大きいのですね。

岩澤 これがあるのとないのとでは大違いです。お客様から注文が入った瞬間に、自分(配達員)の位置と店舗までの距離、店舗からお客様の距離がだいたいどの程度離れているか、信号が少ないルートで行けるか、頭の中でパッと組み立てることができます。ある程度慣れてくると、これを利用して、移動中に複数の注文を受け、「ダブル」(一回の配達で2件の注文を処理すること)や「トリプル」、そして「4件持ち」などを達成することができます。ちなみに4件持ちは、配達員仲間の間では非常に羨ましがられます(笑)。適当に注文を取っていただけでは、1時間で1件、もしくは2件がいいところ。ここが腕の見せどころ。いかに効率の良い注文を取り、最適なルートを組むかということに腐心しています。

画像: 注文が入った瞬間に、自分の位置と店舗までの距離、店舗からお客様の距離をイメージし、頭の中でルートを組み立てる。写真は磯丸水産。

注文が入った瞬間に、自分の位置と店舗までの距離、店舗からお客様の距離をイメージし、頭の中でルートを組み立てる。写真は磯丸水産。

画像: 一回の配達で複数の注文を処理すること「ダブル」「トリプル」などという。

一回の配達で複数の注文を処理すること「ダブル」「トリプル」などという。

出前館の報酬について

――なんだか、話を聞いているとマグロ漁船に乗り込んで一攫千金を狙うような感じでワクワクしますね。現在の実績と報酬を教えてください。どのくらいの単価なんですか。

岩澤 現在の配達実績は、月平均で1200件程度。自己ベストは、11~21時で57件(2020年12月期)。出前館一本で、コンスタントに月収100万円以上を稼いでいます。配達1件あたりの報酬は言えませんが、件数と月収でだいたいの目安がわかると思います。ちなみに平日の報酬は、2021年2月現在、基準単価より1.2倍、土日祝日は1.4倍というブースト(引き上げ)価格になっていて、1件あたりの配達報酬が1000円を超えることもあります。現在、都内で1000人以上いる出前館配達員の中には、バイク部門で私よりも稼いでいる「超人」がまだ数人いるようですが、自転車部門ではおそらくトップクラスではないかと…。

――月1200件というと、1日平均40件! 10時間の稼働として1時間に4件配達。しかも休みなし…。それ以上の猛者もいるとか。スゴすぎる…。

岩澤 あとは、「拠点」と「エリア」を選ぶことです。私は、新宿拠点の中でも新宿・大久保エリアを主戦場にしていますが、そのエリアは、都内で注文件数ベスト4に入る激戦区です。店舗が、ある程度同一地区に集中していること。人が多くて道が狭いこと。一方通行が多く、車やバイクが入りづらいこと。自転車配達員は、そんなエリアを選びます。そのような立地のほうが、自転車の良さが生きるからです。逆に、新宿拠点の中でも、高田馬場エリアは店が点在していて道路は直線が多いので、バイクの配達員が非常に多いです。だから、自分の配達スタイルに応じて「拠点」と「エリア」を選ぶことが大切です。

出前館の客層について

――出前館とUber Eatsの両方を経験している岩澤さんですが、客側の特徴ってそれぞれ違うんですか。

岩澤 出前館のお客様の特徴を挙げるとすれば、常連さんが多いことですね。Uber Eatsと比べてそう思います。私は、自分の配達するエリアをあえて絞っているため、同じお客様に1日2回以上とか、5日連続とか配達させていただくことも珍しくありません。なので、お客様とのコミュニケーションも多くなります。余談ですが、注文のたびにマスクを複数枚いただける常連さんがいて、私はもう、半年ほどマスク買ったことありません(笑)。あと、これは私の拠点の特徴だと思いますが、外国人のお客様も多いです。中国系、韓国系、あとはどこの国かわからない超富裕層の外国人(笑)。お釣りをチップ代わりにいただくこともあります。

画像: 意外にも、超高層マンションに住むような客ほどクーポンやポイントなどを「お得に」「賢く」利用しているという。

意外にも、超高層マンションに住むような客ほどクーポンやポイントなどを「お得に」「賢く」利用しているという。

――新宿は、高所得者向けの超高層マンションも多いですが、そんな客層も出前館を利用するんですね。

岩澤 出前館は、クーポンの発行や送料無料キャンペーンなど、さまざまな販売促進を行っています。面白いのが、超高層マンションの上層階に住んでいるような、いかにも「高所得者です」みたいなお客様のほうが、クーポンやキャンペーンを積極的に利用しつつ、さらにキャッシュレスでポイントをためて…みたいに「お得」で「賢い」利用の仕方を実践しているように感じます。やっぱり、ある程度お金を持っている人は、そのへんがシビアだから成功できるのかな、と思います。

This article is a sponsored article by
''.