フリーランスや在宅勤務の流行によって、家で作業をする方も増えてきています。しかし、どうしても道具が不足してしまったり、孤独感を感じてしまったりする方もたくさんいるのです。そんなときに便利なのがコワーキングスペース。それぞれがそれぞれの仕事をしながらも、他者との触れ合いが生まれるという特殊な場所です。そういった環境を求めているワーカーの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

コワーキングスペースとは

まずは、コワーキングスペースとはどういったものなのかご紹介します。コワークとは何か、何をするところなのかなど、基本的な部分を確認していきましょう。

画像: コワーキングスペースの意味とは(写真はイメージ/Pixabay)

コワーキングスペースの意味とは(写真はイメージ/Pixabay)

そもそもコワーキングとは

コワーキングスペースとは文字通り、コワーキングするところのことです。では、コワーキングとは何なのでしょうか。コワーキングは、事務所や作業場などを共有しつつも独立して仕事を行う働き方のことです。つまり同じ場所で働いていつつも、別々の仕事をしている状態です。

在宅勤務やフリーランスなど新しい仕事の形が徐々に流行してきている昨今、コミュニケーションや他者とのつながりの方式として注目されています。

コワーキングスペースで何をする?

一般的に、コワーキングスペースは仕事をする場所とされています。自分のPCや仕事道具を持ち込み、それぞれの作業を行っていくのです。

また、コワーキングスペースでは、他の利用者とのコミュニケーションも重要とされます。家で一人仕事をしていると得られない交流や、人がいるという状態を体感できるため、孤独感を味わずに済むのがメリット。つまりコワーキングスペースとはそれぞれが独自の仕事をしつつ、他の人との交流をするための場所ということです。

さらに施設によってはイベントを開催し他の利用者との交流を重視しているところもあるので、人とのつながりをより重視している方は、そういった施設を利用するとよいでしょう。

コワーキングスペースのサービス

コワーキングスペースでは、デスクや椅子などの作業用の設備を提供しています。さらに無料のWi-Fiを使えるので、ネットワーク接続も可能です。

モニターやコピー機などの作業用品のレンタルやフリードリンクサービスなどを提供している施設もあり、利用者が快適に使えるように工夫されています。

こうしたサービスを利用しながらそれぞれが仕事をし、コミュニケーションをとる。そういったことがコワーキングスペースの利点といえるでしょう。

コワーキングスペースを使うには

まずはドロップインで様子を見る

気になるコワーキングスペースを見つけたら、一度実際に利用してみるのがオススメです。

これをドロップインといい、回数制で利用する使い方です。コワーキングスペースは一般的に月額利用をすることが多く、ドロップインはお試しといった意味合いを持ちます。

画像: まずはドロップインで様子を見る(写真はイメージ/Pixabay)

まずはドロップインで様子を見る(写真はイメージ/Pixabay)

ドロップインをする場合は事前に予約が必要なことも多いので、希望するのであれば一度施設に連絡するのがいよいでしょう。

そして実際に利用の際には、設備内容はもちろんのこと利用している人の空気感、スタッフの対応、イベントの有無などをチェックしたいところです。

人とのつながりを求めて利用したいのに誰も使っていないケースや、内輪のコミュニティが形成されすぎていていて入りづらいなどといったこともありえるので、ドロップインの際によく見ておきましょう。

定額会員に登録する

施設のコンセプトや設備、人間関係などに納得したら、定額会員に登録します。利用したい時間によってコースが設定されているので、自身の都合に合わせて選ぶようにしましょう。

施設によって24時間使えるところもあれば、決められた時間しか利用できない場所もあるので、そういったポイントも登録前に確認しておくようにしましょう。

This article is a sponsored article by
''.