「IPv6」とは、通信機器どうしが互いに情報(IPアドレス)のやり取りをするための通信規格を示す。以前は「IPv4」が主流だった。ここでは、よく聞くようになった「IPv6」について解説していく。

「IPv6」って言葉をよく聞くようになったけど、どういうもの?

「IPv6」とは、通信機器どうしが互いに情報(IPアドレス)のやり取りをするための通信規格を示す。以前は「IPv4」が主流だったが、使える通信方式がIDとパスワード認証が必要となる「PPPoE」のみのため、通信速度が遅くなりやすいという弱みがあった。

一方、最新の「IPv6」では認証不要の「IPoE」方式にも新たに対応しており、よりスムーズなインターネット接続を実現。通信速度の遅い理由が、主にPPPoE方式にあるなら、IPoE方式に切り替えることで解決する可能性が高いといえる。

IPoE方式の利用方法だが、申し込みや料金の有無、対応機器など、プロバイダーによって要件はまちまち。さらに、IPoEの接続にもさまざまな方式があるため、まずはサポートに連絡をして、詳細を確認してみよう。

なお、すでにIPv6を使用しているのに速度が遅いときは、接続方式にPPPoEを利用しているケースも考えられる。こちらについてもサポートに連絡して、IPoE方式に切り替え可能かどうか相談してみるといいだろう。

IPv6(IPoE)とIPv6(PPPoE)の違い
IPv6で使える通信方式は「IPoE」と「PPPoE」の2種類。通信速度の速いIPoEを選んでおけば、間違いない。

IPv6
(IPoE)
IPv6
(PPPoE)
接続可能
なサイト
IPv6のみ
(※)
IPv4/
IPv6
混雑度比較的
空いている
混んでいる
速度速い遅い
(特に、深夜など)
※「IPv6 over IPv4」という方式によりIPv4も接続可能

プロバイダー別の対応IPoE方式
プロバイダーによってはIPoE利用時には申し込みのほか、対応ルーターなどのレンタルが必要なケースもある

プロバイダー接続方式申し込み料金
OCNOCN
バーチャル
コネクト
不要無料
Yahoo!
BB
IPv6高速
ハイブリッド
必要467円
So-netv6プラス必要無料
ぷららOCNバーチャル
コネクト
など
一部
不要
無料
BiglobeIPv6
オプション
必要無料
@niftyv6プラス必要無料

※価格は記事作成当時のものです。

●解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.