Wi-Fiの2.4Gヘルツ、5Gヘルツ帯だけつながらない時の原因は?使用チャンネルが混雑していて通信できない場合も

ガジェット

Wi-Fiについての悩みをバッチリ解決していこう。2.4G、または5Gヘルツ帯だけつながらない場合は、Wi-Fiルーターの設定で、2.4Gヘルツ帯/5Gヘルツ帯での通信が無効になっていないかをチェックする必要がある。

2.4G、または5Gヘルツ帯だけつながらない

▶チャンネルが混雑しているかも

まず、一般的なWi-Fiルーターは、2.4Gヘルツ帯と5Gヘルツ帯でSSIDが異なるので、間違えていないかを確認。また、Wi-Fiルーターの設定で、2.4Gヘルツ帯/5Gヘルツ帯での通信が無効になっていないかをチェックしよう。

さらに、周囲に2.4Gヘルツ帯、または5Gヘルツ帯の電波利用が多く、使用チャンネルが混み合っていて通信できない場合もある。通常、Wi-Fiで使うチャンネルはルーターが自動選択しているが、手動で使用チャンネルを固定することで通信可能になる場合もある。

ルーターの設定画面で使用するチャンネルを手動選択

ルーターの設定画面で、使用したい電波帯が有効かどうかを確認。使用するチャンネルを手動変更する方法もある。

●解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース