光回線の回線工事ができない時の選択肢は?ホームルーター・モバイルルーター・テザリングの違い

ガジェット

工事不要な「ホームルーター」について解説する。ソフトバンクの「SoftBank Air」は、最大速度962Mbpsで月額5368円(機器代金36回払いの場合)。UQ WiMAXの「WiMAX2+」は、最大1.2Gbpsで月額4268円(2年自動更新)から利用できる。宅内工事ができなくても、光回線以外の選択肢を知っておくといい。

宅内工事ができないけど、光回線以外の選択肢は?

▶工事不要な「ホームルーター」に注目

賃貸物件などでは貸主の許可が得られずに、回線工事ができない場合もある。そんなときに検討したいのが、工事不要で設置できる「ホームルーター」だ。通信会社と契約して利用する据え置き型のWi-Fiルーターで、モバイルデータ通信でインターネットに接続できる。

例えばソフトバンクの「SoftBank Air」は、最大速度962Mbpsで月額5368円(機器代金36回払いの場合)。UQ WiMAXの「WiMAX2+」は、最大1.2Gbpsで月額4268円(2年自動更新)から利用できる。

ホームルーターのサービス例

通信サービス Softbank Air WiMAX 2+
最大通信速度 942Mbps 1.2Gbps(※1)
通信容量 無制限 無制限
通信制限 サービス安定提供に伴う
速度制限あり
前日までの
直近3日間で
10Gバイト以上(※2)
初期費用 3300円 3300円
月額料金 5368円
(機器代金36回払い)
4268円
(2年契約自動
更新)
※1 ハイスピードプラスエリアモード利用時(別途、月額1105円の「LTEオプション」が必要)。
※2 「LTEオプション」利用時はLTE通信が7Gバイトを超えると制限あり。
また、前日3日間の通信制限は、LTEとWiMAX 2+合計で10Gバイトとなる。

モバイルルーター利用の回線が割安らしいが……

▶テレワークなどの用途には不向き

「モバイルルーター」は、携帯電話会社などのデータ通信を利用してネットに接続する小型のWi-Fiルーターのこと。公衆無線LANが使えない場所でも、インターネットを利用できる。ただし、バッテリー式でアンテナも小さいため、電波の届く範囲は狭い。テレワークなどで長時間利用するなら、上の項目で紹介したホームルーターのほうがいいだろう。

なお、モバイルルーターでは、通信容量の完全無制限をうたった「どんなときもWiFi」などで通信障害が頻発した。通信会社を選ぶときは、信頼性を重視することが大切だ。

長時間利用は「ホームルーター」が最善手

モバイルルーターは外出先での利用が望ましい。自宅での利用ならホームルーターがおすすめだ。

ワイモバイル
Pocket WiFi 803ZT
実売価格例:1万800円

モバイルルーター

UQ WiMAX
HOME 02
実売価格例:1万6500円

ホームルーター

スマホのテザリングは固定回線代わりになる?

▶条件をクリアできれば価値あり

「テザリング」は、スマホをモバイルルーター代わりにして、Wi-Fi経由でパソコンなどをインターネットに接続できる機能。ただし、モバイルデータ通信を使うため、通信量の上限を超過すると速度が制限される。また、スマホのWi-Fi出力は弱いため、離れた場所からはつながりにくく、バッテリー消費も気になる。

それでも固定回線代わりにしたいなら、容量無制限プランへ加入し、携帯電波が支障なくつながる場所で使うのが理想だ。なお、ドコモは無料だが、auやソフトバンクでは容量に制限があったり、一部で有料だったりする点に注意。

ドコモはテザリングが無料!

ドコモは無料で申し込みも不要。auとソフトバンクは別途申し込みが必要で、一部プランでは月額550円かかる。

※価格は記事作成当時のものです。

●解説/宮下由多加(ITライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース