Googleが提供する無料の文書作成ソフト「Googleドキュメント」には、音声入力機能がある。音声入力は、キーボードやマウスを使わずに文字入力や操作を行えるのが利点。ただし、句読点は入力できないので、後からキーボードで編集する必要がある。

「Googleドキュメント」の音声認識で文書を作成する

Googleが提供する無料の文書作成ソフト「Googleドキュメント」には、音声入力機能がある。音声入力は、キーボードやマウスを使わずに文字入力や操作を行えるのが利点。キーボード操作が苦手な人こそ覚えておくといい。

音声入力を使うには、「Chrome」の利用が必須。Googleアプリの一覧から「ドライブ」を開き、新規のGoogleドキュメントを開く。続いて、「ツール」メニューの中から「音声入力」をクリック。あとは画面に表示されたマイクのアイコンをクリックしたら、入力したい内容を話せば、文字が入力される。ただし、句読点は入力できないので、後からキーボードで編集する必要がある。

■音声入力は「Chrome」でのみ使える

「Chrome」でドキュメントを新規作成。「ツール」→「音声入力」を選択するとマイクのアイコンが表示されるので、クリックして入力したい文章を声に出す。

画像1: 「Googleドキュメント」の音声認識で文書を作成する

音声入力中はマイクが赤く表示される。文章を入力し終えたらマイクのアイコンをクリックする。

画像2: 「Googleドキュメント」の音声認識で文書を作成する

■解説/今西絢美 (ライター)山﨑理香子(ライター)

This article is a sponsored article by
''.