キャッシュレス決済の普及により、コンパクトな財布の需要が増加しています。「使い勝手のいいキャッシュレス財布を探している」「コストパフォーマンスに優れた商品が見つからない」という方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、失敗しないキャッシュレス財布の選び方を解説します。私が実際に使用している商品も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス財布とは

キャッシュレス財布とは、文字通りキャッシュレス決済に適した財布のことです。一般的な財布よりもコンパクトな作りが特徴的で、必要最低限のカードやお金を収納するスペースがあります。

また、キャッシュレス財布の定義はそこまで厳格に定められていません。カードケースで代用したり、小銭入れを活用したり、自己流を貫いても大丈夫です。

しかし、あまりキャッシュレス決済に慣れていない方は、専用のキャッシュレス財布から挑戦してみることをおすすめします。

失敗しないキャッシュレス財布の選び方

ここでは、失敗しないキャッシュレス財布の選び方を解説します。

使用するカード枚数で選ぶ

画像: 使用するカード枚数で選ぶ

キャッシュレス財布で最も重要なのは、カードの収納枚数です。一般的な財布よりもコンパクトな商品が多いので、大量にカードを入れようとすると無理が生じます。キャッシュレス財布の種類によって異なりますが、5枚前後が目安になるでしょう。

ただ、中には10枚以上のカードを収納できる商品もあります。事前に使用するカードをリストアップしておけば、適切なサイズ感のキャッシュレス財布を選ぶことが可能です。

小銭入れの有無で選ぶ

キャッシュレス財布は、大きく分けて、小銭入れがあるタイプとないタイプに分かれます。

小銭入れがあるタイプの場合、当たり前ですが小銭を収納することができます。現状、キャッシュレス決済だけで生活するのは難しいので、実用性を重視するなら小銭ありのタイプがおすすめです。

画像: 小銭入れの有無で選ぶ

小銭入れがないタイプの場合、キャッシュレス財布のサイズをかなりコンパクトにできます。薄いモデルの商品が多く、ポケットに入れてもかさばりません。ただ、実用性を考慮すると小銭入れを別途用意する必要があります。

普段のライフスタイルと照らし合わせながら、どちらのキャッシュレス財布がマッチしているか見極めてください。

素材で選ぶ

画像: 素材で選ぶ

幅広い商品が販売されているキャッシュレス財布ですが、素材は革や化学繊維が目立ちます。

革製品のキャッシュレス財布の場合、見た目の高級感はもちろん、エイジングの過程を楽しめます。使えば使うほど雰囲気が出てくるので、愛着がわきやすい点も魅力的です。ただ、カードや小銭を入れすぎると形が崩れてしまうので注意してください。

化学繊維で作られたキャッシュレス財布の場合、耐久性に優れている点がメリットです。雨の日やアウトドアシーンでも気兼ねなく持ち歩けます。光沢感のあるナイロン素材を選べば、見た目の子供っぽさもある程度カバーできるでしょう。

しかし、個人的にはTPOを選ばず使用できる革製品のキャッシュレス財布をおすすめします。

おすすめのキャッシュレス財布はこれだ!

ここでは、私が実際に使用しているキャッシュレス財布をご紹介します。コストパフォーマンスに優れた商品なので、初めてキャッシュレス財布を購入する方におすすめです。

画像: 【キャッシュレス財布とは】カード収納を重視したコンパクトサイズ おすすめは小銭入れつきの三つ折りタイプ
ミニ財布 レディース メンズ 本革 小さい財布 牛革 イタリアンレザー 三つ折り財布 レザー 小銭入れ カード入れ 収納 薄型 薄い コンパクト 極小 3つ折り 財布 DomTeporna Italy ブランド 送料無料 ギフト 対応 S
ミニ財布  長財布 商品案内 ■スペック 推奨最大収納 ・一万円札 × 10-15枚 ・小銭 × 10枚程度 ・カード × 2-3枚 ■付属品 ブランドロゴ入り オリジナル化粧箱 ■商品詳細 小さくコンパクトなミニ財布。 三つ折り財布。 オシャレな見た目だけでなく、カジュアルスタイルでバックポケットに。バッグの小さなポケットに。 ちょっとしたお出かけや、小さいカバンなどにぴったりです。 またコンパクトでありながら、しっかりと収納容量も兼ね備える。 こだわり熟練の工房が一級素材を見事に料理。 高レベルの縫製と塗りは、細部の違いで解る。 使用感を高めるため、ホックなどのパーツも吟味。強度はも...
¥ 3,480
2021-03-22 5:54

スタイリッシュかつ機能性に優れたデザイン

画像: item.rakuten.co.jp
item.rakuten.co.jp

本製品は非常にコンパクトな作りになっています。画像からも分かる通り、タバコ1ケースとほぼ同じサイズです。

また、小さいながらも収納力に優れています。説明文によると、お札なら10~15枚、小銭は15~20枚、カードは2~3枚入るそうです。しかし、あまり入れすぎるとかさばる印象を受けたので、お札と小銭は数枚程度に収めた方がいいと思います。カードに関しては、5枚までなら問題なく収納できます。

イタリアンレザーを使用

画像: gyazo.com
gyazo.com

本製品にはイタリアンレザーが使用されています。日本皮革研究所による鑑定も受けており、エイジングも期待できるでしょう。

下の画像は私のキャッシュレス財布です。購入した当初は「光沢感が強いかな?」と感じましたが、3週間ほど使用した現在は落ち着いています。育てるタイプのキャッシュレス財布なので、「とことん財布を使い込みたい」という方にぴったりです。

画像: イタリアンレザーを使用

コストパフォーマンス抜群

本製品の価格ですが、3,480円(税込)に設定されています。デザイン性に優れた革製品なのを考慮すると、コストパフォーマンス抜群といえるでしょう。

また、本製品は二つ折りモデルも用意されています。価格は3,980円(税込)で、こちらもコストパフォーマンスに優れています。両モデルとも送料無料なのも魅力的です。

まとめ

今回は、キャッシュレス財布の選び方ついて解説しました。押さえておきたいポイントは下記の通りです。

【選び方のポイント】

  • 使用するカード枚数で選ぶ
  • 小銭入れの有無で選ぶ
  • 素材で選ぶ

上記のポイントだけでは選べないという方は、記事内で紹介したキャッシュレス財布をおすすめします。革製品かつ機能性に優れており、4,000円以下で手に入るコストパフォーマンスに優れた商品です。

ただ、キャッシュレス財布選びに正解はありません。あくまでもキャッシュレスライフをサポートしてくれる道具に過ぎないのです。ご自身のライフスタイルと照らし合わせながら、納得のいく商品を見つけてみてください。

This article is a sponsored article by
''.