格安SIMも20Gバイトの新料金プランで大手に対抗!

ガジェット

格安SIMと呼ばれるMVNO(自らは回線を持たず、他社から通信回線を借りて運営する携帯通信事業者のこと。仮想移動体通信事業者ともいう。)も、続々と新料金プランを打ち出している。例えば、IIJmio(ミオ)は、「ギガプラン」を導入。2Gバイトから20Gバイトまでの5段階制だ。

20Gバイト2068円の新プランで大手に対抗!

格安SIMと呼ばれるMVNO(自らは回線を持たず、他社から通信回線を借りて運営する携帯通信事業者のこと。仮想移動体通信事業者ともいう。)も、続々と新料金プランを打ち出している。

例えば、IIJmio(ミオ)は、「ギガプラン」を導入。2Gバイトから20Gバイトまでの5段階制で、データ容量は繰り越しにも対応する。料金は2Gバイトで858円、20Gバイトで2068円。

IIJmioの新料金プランも段階制

IIJmio・ギガプラン(ドコモ、au回線に対応)
月額料金 858(2Gバイト)~
2068円(20Gバイト)まで5段階
高速データ
通信容量
2G/4G/8G/15G/20Gバイト
(5G回線も利用可能※)
通話料 22円/30秒
※月額660円のオプションで1回3分まで通話無料
※2021年6月以降提供予定。利用は無料

また、イオンモバイルは0.5Gバイトから50Gバイトまで17種類から選べる「さいてきプラン」を導入。料金は20Gバイトで2398円と、いずれも大手キャリアよりも安く、データ使用量の少ない人や、2回線めのユーザーにピッタリだ。

魅力的なSIMフリー端末が続々登場!

シャープ
AQUOS sense5 SH-M17
実売価格例:5万600円

格安SIMでは買いやすいミドルレンジモデルが売れ筋になっている。AQUOS sense5は、5Gも利用できるデュアルSIM対応端末だ。

ディスプレイ メインカメラ
5.8型
液晶
1080×2280
1200万
1200万
800万

※価格は記事作成時のものです。

■解説/石野純也 (ジャーナリスト)

ガジェットスマホ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース