Gショック初のスマートウォッチが登場!Wear OS byGoogleを搭載し様々なスポーツに対応

ガジェット

G-SHOCK初となるスマートウォッチ「GSW-H1000」は、ディスプレイは2層式で、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を切り替えて使う。搭載するOSはWear OS by Google。

さまざまな種目のスポーツに対応したG-SHOCK初となるスマートウォッチ

耐衝撃ウオッチのG-SHOCKのスマートウォッチ機能搭載モデルが2021年5月15日に発売。

カシオ計算機
GSW-H1000
標準価格:8万8000円

Wear OS by Google搭載

心拍計測が可能な光学センサーに加え、方位、高度、気圧、加速度、ジャイロセンサーを搭載。ランニング、ロードバイク、水泳、サーフィン、スノーボードなど、幅広いスポーツ種目をサポートするデータを残すことができる。

マルチインフォメーション表示。心拍数やスピード、ラップタイム、消費カロリーなど、自分が行うアクティビティに合わせて必要な情報を上・中・下の3段にカスタマイズして表示できる。

ディスプレイは2層式で、時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を切り替えて使う。搭載するOSはWear OS by Google。

必要に応じてモノクロ液晶とカラー液晶を切り替えられる2層式ディスプレイ。

※価格は記事作成当時のものです。

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース