ネット預金/証券、仮想通貨といったお金に関する資産は、デジタルとはいえ、資産継承は規定の書類提出が求められる。また、仕事をしている人なら、進行中の仕事データは、確実に仲間に渡せるよう、わかりやすいフォルダーに保存しておきたい。
画像: 【デジタル終活のやり方】デジタル遺産を引き継ぐ方法は?ネット銀行の口座や仕事データ、SNSアカウントまで事前準備が大事

■取材協力
伊勢田篤史(いせだ・あつし)さん
日本デジタル終活協会 代表理事。「相続で苦しめられる人を0に」という理念を掲げ、終活弁護士として活動している。近著に「社長が突然死んだら?」。

[別記事:【デジタル終活のやり方】パソコン・スマホで遺すべきデータは?保存は「無料」のクラウドへ→

進行中の仕事データは、わかりやすいフォルダーに保存しておこう

金融資産以外でも、引き継いでもらいたいものは、はっきりと意思を表示しよう。

引き継いでもらうもので最もイメージしやすいのは、ネット銀行やネット証券会社などの金融資産だろう。どこに口座があるかはもちろんだが、遺族としては預金や有価証券の内容、証拠金取引の状況なども不安になるところだ。

また、仕事をしている人なら、職場の人に迷惑をかけないためにも、日々の業務で使っている「ワード」や「エクセル」などの現在進行中の仕事データは、確実に仲間に渡せるよう、わかりやすいフォルダーに保存しておきたい。

ほかにも、個人の趣味として調べたり研究したりしているものがある人なら、その成果物がデータとしてパソコンの中に蓄積されているはず。こういったものは、遺族が興味なければ扱いに困る可能性はあるものの、「自分が熱中していたものであること」「不要であれば処分してもらってかまわないこと」を伝え、具体的にどうするかは任せてもいいだろう。

SNSを利用していたり、趣味のブログやホームページを開設したりしているなら、遺族がログインできるよう、その情報も整理しておきたい。まだ一部だが、追悼アカウントという仕組みが用意されたサービスもある。

金融関係はきちんと準備を

画像: ネット預金/証券の相続手続きは、口座番号などの情報がそろっていれば、スムーズに進む。

ネット預金/証券の相続手続きは、口座番号などの情報がそろっていれば、スムーズに進む。

主なネット金融機関

銀行楽天銀行証券会社SBI証券
ソニー銀行
イオン銀行楽天証券
PayPay銀行
auじぶん銀行松井証券
新生銀行
住信SBIネット銀行マネックス証券
東京スター銀行

主なSNSなど

LINEミクシィ
ツイッターLinkedIn
インスタグラムTikTok
フェイスブック…など

デジタル遺産も、引き継ぎに関してはリアル遺産と変わらない

資産継承では例外は認められないので準備が肝心。必要な情報はすべて書き残そう。

パソコンやスマホ内のデータについては、「遺す」場合と基本的な考え方は共通だ。必要なものと不要なものを分け、内容と引き継ぎ先をフォルダー名でわかりやすくしつつ、ノートでも引き継いでもらう先をはっきり指定しておこう。

ネット預金/証券、仮想通貨といったお金に関する資産は、デジタルとはいえ、手続き自体は店舗型金融機関とそれほど変わらない。資産継承は遺族が各社へ問い合わせる必要があり、また、規定の書類提出が求められる。

資産継承については、例外はまず認められないので、必要な情報が抜け落ちないよう、きちんとノートに記載しておこう。また、キャッシュカードの保管場所も忘れずに書いておきたい。

ネット銀行の住宅ローンや、クレジットカード会社やカードローンなどの借金が残っている場合は、同様に遺産となるので、併せて伝えなければならない。

SNSの場合は、一身専属なので、そのまま継承できないことが多いが、「フェイスブック」は家族や友人を「追悼アカウント管理人」としてあらかじめ指定しておくことで、例えば、お別れメッセージを投稿してもらうなどの管理を任せられる。「インスタグラム」にも追悼バッジを表示する機能があり、今後はほかのサービスでも増えていくかもしれない。

なお、ブログやホームページのサービスでは、遺族からのリクエストに対してできることが明示されていないが、問い合わせ窓口に連絡することで、アカウント削除などに対応してもらえることもある。

ただし、確実ではないので、自分の死後に削除してほしい、もしくは逆に継続してほしいというときは、遺族がサービスにログインできるようアカウント/パスワードをきちんと伝えておいたほうがいい。サービス規約の内容によっては、法的にはグレーゾーンとなるが、何もできずに困るのは遺族なので、ログイン情報はきちんと伝えておくべきだろう。

ネットでも規定の書類が必要

画像: ネット専業でも遺産継承の手順は書類が必要。遺族がスムーズに手続きできるよう準備する。

ネット専業でも遺産継承の手順は書類が必要。遺族がスムーズに手続きできるよう準備する。

フェイスブックは家族や友人に託せる

画像: フェイスブックは、「友達」になっているアカウントを追悼アカウント管理人として指定できる。

フェイスブックは、「友達」になっているアカウントを追悼アカウント管理人として指定できる。

インスタグラムはフォームから申請

画像: インスタグラムは、所定の手続きを踏むことで、追悼アカウントの申請ができる。

インスタグラムは、所定の手続きを踏むことで、追悼アカウントの申請ができる。

画像: デジタルとはいえ継承には一定の手続きが必要。必要な情報はノートにまとめておく。

デジタルとはいえ継承には一定の手続きが必要。必要な情報はノートにまとめておく。

■解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.