「遺すべきデータ以外は見ないで」と頼むのが現実的だが、あらかじめ設定をしてデータを自動削除するツールを使う方法もある。外付けストレージに保管しておき、そのまま処分(破壊など)を頼むのもシンプルでわかりやすい。
画像: 【デジタル終活のやり方】家族に見られたくないデータの隠し方 本気で隠すなら自動削除ツールを使う手も

■取材協力
伊勢田篤史(いせだ・あつし)さん
日本デジタル終活協会 代表理事。「相続で苦しめられる人を0に」という理念を掲げ、終活弁護士として活動している。近著に「社長が突然死んだら?」。

[別記事:【デジタル終活のやり方】デジタル遺産を引き継ぐ方法は?ネット銀行の口座や仕事データ、SNSアカウントまで事前準備が大事→

隠したいデータはすべて遺すべきデータから隔離しておく

見られたくないものは明確に伝え、また、わかりやすい場所には置かないこと。

家族には隠しておきたい趣味の写真やイラスト、文書など、見せたくない「隠すべきデータ」はどうするか。

これは、「遺すべきデータ」を明確に指示したうえで、まったく別のフォルダーに保存しておき、「遺すべきデータ以外は見ないで」と頼むのが現実的だ。

本気で隠したいなら、「まもーれe」(https://www.mamowle.com/)のような、あらかじめ設定をしてデータを自動削除するツールを使う方法もあるが、遺したいものと隠したいものをはっきりと伝えれば、家族も意思を尊重してくれるだろう。

また、絶対に知られたくないSNSアカウントやブログが存在するなら、履歴の残らない、いわゆるシークレットモードで使うなど、ふだんから情報の隔離を心がけておこう。

見せたくないデータは外付けストレージに保管しておき、そのまま処分(破壊など)を頼むのもシンプルでわかりやすい。

スマホの写真も、同様に処分してもらうのが現実的だが、絶対に見られたくない写真は、スマホには入れないようにしよう。

履歴が残らないモードを活用

画像: 各ブラウザーには見たページや検索履歴が残らないモードが用意されているので、これを使う。

各ブラウザーには見たページや検索履歴が残らないモードが用意されているので、これを使う。

隠す写真を選んで非表示にする

画像: 「写真」アプリで選択し、「非表示」にできる。下の設定を行えば、非表示アルバムが表示されない。

「写真」アプリで選択し、「非表示」にできる。下の設定を行えば、非表示アルバムが表示されない。

非表示アルバムを一覧に出さない

画像: iPhoneでは「写真」の設定で非表示アルバムを一覧では見せないようにできる。

iPhoneでは「写真」の設定で非表示アルバムを一覧では見せないようにできる。

画像: 見られたくないデータはすべて外部ストレージに保管し、そのまま処分を頼むのも有効だ。

見られたくないデータはすべて外部ストレージに保管し、そのまま処分を頼むのも有効だ。

■解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.