【Windows10】保存しているファイルを効率よく検索する方法は?コピーや移動の速度が遅い原因は?

ガジェット

Windows10では、パソコンの中にあるファイルを検索する場合、さまざまな機能を使える。例えば、メニューバーの「検索」をクリックして「検索ツール」を使う。ここで条件付けが可能だ。更新日やサイズ、分類(ファイル種別)を使うといい。ここでは、ファイルの移動/コピーについても解説する。

パソコン操作術
パソコンに保存してあるファイルを検索すると、かなり時間がかかる

まず、検索条件を絞るというテクニックがあります。エクスプローラーの検索欄にキーワードを入力し、メニューバーの「検索」をクリックすると、「更新日」や「分類」「サイズ」などで、対象ファイルを絞り込むことが可能。例えばサイズで「大きい(128MB-1GB)」を選択すれば、検索時間も検索結果の表示も速くなります。

また、Windows10は、ファイル検索を速くするため「インデックス」という機能を使います。これは標準でオンになっていますが、まれに「インデックスを使用しない」になっている場合もあるので、「フォルダオプション」の「検索」タブをチェックしましょう。また、外付けHDDなど任意のドライブやフォルダーでインデックスを作ることも可能。スタートメニューの「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」で「インデックスのオプション」を開き、「変更」をクリックすれば、任意の場所をインデックス作成対象にできます。

パソコンのスペックが低いと検索に時間がかかるので、パワーアップや買い替えも検討しましょう。

パソコンの中にあるファイルを検索する場合、さまざまな機能を使える

メニューバーの「検索」をクリックして「検索ツール」を使う。ここで条件付けができる。

更新日やサイズ、分類(ファイル種別)を使うのが便利。動画や画像ファイルは、サイズを限定することでかなり見つかりやすくなる。

Windows10の検索にはインデックスという機能を使う。この機能のオプションで、任意の場所を検索の対象にすることも可能だ。

内蔵HDDだけでなく、外付けHDDなども検索対象にできる

パソコン操作術
作成したファイルがどこに保存されているかわからない

近年のほとんどのアプリでは「ドキュメント」フォルダーに作成ファイルが保存されます。しかし、古いアプリでは、アプリ本体をインストールしたフォルダーに保存されるので、その場合は「Program Files(プログラム ファイルズ)」フォルダーの当該アプリのフォルダー内を探すといいでしょう。

また、多くのアプリは直近の保存フォルダーを記憶しているので、アプリを起動し、「名前を付けて保存」をクリックすると、開いたウインドウで、直前に保存したフォルダーを確認できます。

基本は「ドキュメント」。直前の保存場所は「名前を付けて保存」を試みて調べる

ほとんどのアプリは「ドキュメント」フォルダーまたはそのサブフォルダーにファイルを保存。まずここを探すのが基本だ。

アプリを起動して「名前を付けて保存」の操作を行うと、直前の保存で使ったフォルダーを確認できる。

パソコン操作術
ファイルのコピーや移動の速度が遅い/移動ができない

コピーや移動が遅いのは、根本的にはパソコンのパワー不足。重要なのはメインメモリーの容量です。「スタート」の右クリック→「システム」で「実装RAM(ラム)」の容量を調べ、これが4Gバイト以下なら、8G~16Gバイトへの追加/換装を検討しましょう。

ストレージの空き容量不足も遅さの原因。極力、全容量の半分程度の空き容量は確保しておきましょう。

移動などができない場合、単純に移動先のストレージの容量が足りない可能性があり、その場合は警告が出るので、不要ファイルの整理や、別のストレージを用意する必要があります。

また、移動させたいファイルが、その時点でアプリに編集モードなどで開かれている場合も、移動できません(閲覧モードの場合はアプリで開いていても移動できることが多いです)。

移動/コピーの不具合の原因はさまざま

移動/コピーが遅い場合、メインメモリー不足が考えられる。「システム」で実装メモリーを調べ、4Gバイト以下なら増量を検討する。

移動先に十分な空き容量がないと、コピーや移動はできない。空き容量がギリギリの場合は、パソコン全体の動作が非常に遅くなる。

編集モードで開かれているファイルは、移動できない。まず編集中のファイルを保存し、アプリを終了してから移動させよう。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース