Webライター歴5年目にしてやっと出会えた、文章作成のサポートツール「MOJI-KA(モジカ)」の、おすすめポイントと便利さをご紹介します。文章のこまかいミスをチェックしてくれるアプリやツールがあったら文章作成がもっとラクになるのに……と思っていたら、ありました。その名も「MOJI-KA」。MOJI-KAはライターでなくても、ディレクター業や会社員、学生さんにもおすすめの文章作成サポートツールです。

世間のイメージと違うWebライターの仕事

文章作成・校正に悪戦苦闘

コロナ禍にともない、在宅Webライターを目指す人が増えてきたように感じます。

Webライターの仕事は、家の中で優雅に文章を書く仕事……というのは、ほとんど嘘です。

文章をゼロから作り出すために、どんなに眠くてもつらくても、脳をフル回転させなくてはなりません。悩んで苦しんで、やっと生まれた文章は「はい、提出」で終了ではなく、さらに文章校正という次の戦いが始まります。文章には細かいルールがあり、文章校正の仕事は場合によっては文章作成以上に神経を使います。

たとえば、「~たり」という言葉は2回繰り返して使わなくてはいけないこと。「~など」も、具体例がひとつの時には使わないこと。「~することができる」も多用してはいけない、漢字はあえてひらがなに直すべきものもあるなど、読んでいる側からすれば大して気にならないような内容でも、作る側は気にしなくてはなりません。

しかし時には、何度もチェックをしたのに間違いが残されていることもあります。「人間だもの」と自分を慰めてやりたいところですが、ミスはクライアントの仕事を増やし文章を濁らせるだけ。無いにこしたことはありません。

文章作成ツール「MOJI-KA」が超おすすめ!

おすすめする理由はこの8つ!

自分で作成した文章の粗探しを自分でする、それもミスが残らないようにたっぷり時間をかけて。そんなWebライターとしての苦労の日々に終止符を打ったのが、「MOJI-KA」というツールです。MOJI-KAはまだ新しいツールですが、正直「もっと早く作ってくれていれば……!」と思えるほど、文章作成と見直しの手間を省いてくれます。

それもそのはず、MOJI-KAは製作者自身もライターです。ライターがライターのために作成したツールなため、文章作成においてかゆいところに手が届く内容になっています。

1年近く使用して感じた「便利だなMOJI-KAは!」と思わずひざを打つような魅力ポイントを、順にご紹介します。

おすすめ理由①
レギュレーションチェックをしてくれる

まず何といっても嬉しいのが、レギュレーションチェック機能です。

画像: レギュレーションをまとめて入れることもできちゃいます

レギュレーションをまとめて入れることもできちゃいます

Webライティングという仕事は、クライアントごとにルールが異なります。Aのクライアントではひらがなにしろと言われた漢字が、Bのクライアントでは漢字のままにしておけ、と言われることも珍しくありません。

MOJI-KAではクライアントごとにレギュレーションの設定が可能です。これにより、文章作成後のレギュレーションチェックの時間が大幅に減りました。

おすすめ理由②
構成作成のサポートをしてくれる

Webライターは、SEO対策が求められることもあります。SEO対策とは、GoogleやYahooで検索をかけた時に、最初のほうに記事が表示されるよう施策することです。

人はインターネットで調べ物をするとき、最初に表示される2~3記事しか読まない場合がほとんど。読まれる記事を作るために、Webライターの作成した文章は最初の2~3記事に食い込まなくてはなりません。

ではどうすれば上のほうに表示をしてもらえるのか、それはすでに上の方に表示されている記事を参考にするのが基本の対策方法です。

しかしひとつひとつ記事を開いて中身を確認して、というのは手間がかかりますよね。

画像: 構成案作成にも役立ちます

構成案作成にも役立ちます

MOJI-KAのクイック構成機能は、上位記事の見出しを抜き出すため、どんな内容が書かれているのか一目で把握できます。

This article is a sponsored article by
''.