現在、国内外の多くの美術館・博物館が、作品の画像をインターネットに公開している。ここでは、おすすめアプリ5選「Google Art & Culture(グーグル アート カルチャー)」、「e国宝」、「DailyArt」、「MAU M&L 博物館」、「MAU M&L 近代椅子コレクション」を解説する。

美術品からミュージアムまで、手軽にアートを満喫したい!

スマホがあれば、芸術鑑賞を楽しむこともできる。現在、国内外の多くの美術館・博物館が、作品の画像をインターネットに公開しているが、幅広くいろいろな作品に触れたいのなら、まずは「Google Art & Culture(グーグル アート カルチャー)」をチェックしてみよう。楽しく芸術についての知識を深めることができ、訪れてみたい美術館が見つかるかもしれない。

見たい作品が絞られているなら、ジャンルに特化したアプリがおすすめ。実際に美術館に行く前の予習にも、過去にリアルで鑑賞したことがある作品の復習にも役立つ。

世界80ヵ国、2000以上の美術館・博物館の作品を閲覧できるアプリ。多彩なテーマから興味があるものを選んで、解説を読みながら芸術を鑑賞できる。

第1位
Google Arts & Culture

画像1: 【アート鑑賞アプリのおすすめ5選】美術品からミュージアムまで手軽にアートを満喫!

提供元:Google LLC
無料
iPhone Android

多彩なコンテンツを楽しみ、芸術への造詣を深められる

アプリを起動すると「今日のトップピック」が表示され、複数の編集されたコンテンツを閲覧できる。上方向にスクロールすると、アートの世界を探究できる多彩なメニューが表示される。

画像: 多彩なコンテンツを楽しみ、芸術への造詣を深められる

実際に美術館に訪れた気分になれる「バーチャルリアルリティツアー」や、全方位で見られる「360°動画」など、デジタルならではのユニークなコンテンツも用意されている。スマホのカメラで撮影した写真をアート調に変換できたり、アートを題材にしたクイズを楽しめたり、エンタメ的にも充実している。

画像: 美術館に所蔵されている作品だけでなく、世界的に知られる遺跡や景勝地などの写真も解説付きで見られる。音楽や動画付きのコンテンツもある。

美術館に所蔵されている作品だけでなく、世界的に知られる遺跡や景勝地などの写真も解説付きで見られる。音楽や動画付きのコンテンツもある。

画像: 好きな芸術家の、複数の美術館に所蔵されている作品を一気に見ることも可能。お気に入りに登録すれば、後で見るときに便利。

好きな芸術家の、複数の美術館に所蔵されている作品を一気に見ることも可能。お気に入りに登録すれば、後で見るときに便利。

画像: カメラで撮った写真を世界の名画ふうに変換できる機能も楽しい。自撮りをして、自分に似た名画を検索するといった遊びも楽しめる。

カメラで撮った写真を世界の名画ふうに変換できる機能も楽しい。自撮りをして、自分に似た名画を検索するといった遊びも楽しめる。

画像: 「GAMES」というコンテンツでは、芸術を題材にしたクイズやパズルを楽しめる。やや難しいものも多いが、楽しみながら芸術について学べる。

「GAMES」というコンテンツでは、芸術を題材にしたクイズやパズルを楽しめる。やや難しいものも多いが、楽しみながら芸術について学べる。

第2位
e国宝

画像2: 【アート鑑賞アプリのおすすめ5選】美術品からミュージアムまで手軽にアートを満喫!

提供元:国立文化財機構
無料
iPhone Android

国立博物館などの所蔵物を細部まで拡大して見られる

東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館および奈良文化財研究所が所蔵する約1000点の国宝と重要文化財を閲覧できる。作品には詳細な説明があり、鮮明な画質のまま拡大して見ることも可能。一部の絵巻や経巻は、すべてつながった状態でスクロール可能。

画像: トップページで作品のジャンルを選択し、見たい作品の検索に進める。作品名や作家名を入力して検索することも可能。

トップページで作品のジャンルを選択し、見たい作品の検索に進める。作品名や作家名を入力して検索することも可能。

画像の拡大もできる!

画像: 詳しい解説付きで作品を鑑賞可能。 「+」をタップすると、画像を拡大できる画面 に切り替わる。

詳しい解説付きで作品を鑑賞可能。「+」をタップすると、画像を拡大できる画面に切り替わる。

第3位
DailyArt

画像3: 【アート鑑賞アプリのおすすめ5選】美術品からミュージアムまで手軽にアートを満喫!

提供元:Moiseum
無料(アプリ内課金あり)
iPhone Android

毎日起動するだけで新しい作品に出会える

3000点以上の芸術作品を検索・鑑賞でき、お気に入りの作品は登録しておける。毎日一つの作品とその作品にまつわるエピソードが配信され、それを読むだけでも芸術の知識を深められる。780人以上の芸術家の物語や、500館以上の世界の美術館の最新情報もチェックできる。

画像: アプリを起動すると今日の作品が表示される。右にスワイプして、過去の配信された作品を振り返ることも可能。

アプリを起動すると今日の作品が表示される。右にスワイプして、過去の配信された作品を振り返ることも可能。

画像: 作品には詳しい解説が添えられている。後で見たい作品を「お気に入り」に登録したり、SNSにシェアしたりできる。

作品には詳しい解説が添えられている。後で見たい作品を「お気に入り」に登録したり、SNSにシェアしたりできる。

第4位
MAU M&L 博物館

画像4: 【アート鑑賞アプリのおすすめ5選】美術品からミュージアムまで手軽にアートを満喫!

提供元:武蔵野美術大学
無料
iPhone

小さなスマホの画面に貴重な文献を鮮明に表示

武蔵野美術大学の美術館・図書館の公式アプリ。所蔵する17世紀から19世紀までの解剖図、自然誌、航海記などを高画質な画像で見られる。画像はピンチ操作で拡大・縮小でき、スワイプで次のページに切り替えられる。航海記を地図から選択して展開するといった新しい見方も楽しめる。

画像: 美しくデザインされたトップ画面から検索が可能。右にスワイプすると、荒俣宏氏が解説する動画を見ることができる。

美しくデザインされたトップ画面から検索が可能。右にスワイプすると、荒俣宏氏が解説する動画を見ることができる。

画像: 多くの文献を収録し、高解像度ディスプレイに最適化された高画質での表示も可能。画像の読み出しもスピーディだ。

多くの文献を収録し、高解像度ディスプレイに最適化された高画質での表示も可能。画像の読み出しもスピーディだ。

第5位
MAU M&L 近代椅子コレクション

画像5: 【アート鑑賞アプリのおすすめ5選】美術品からミュージアムまで手軽にアートを満喫!

提供元:武蔵野美術大学
無料
iPhone

世界を代表する椅子のコレクションを3D表示

武蔵野美術大学 美術館・図書館が開館以来収集してきた椅子のコレクションを高画質で見られる。画像は3D化されているので、回転させて見ることや、椅子に当たるライティングを変化させることも可能。素材や技法、サイズ、特徴などの詳細なデータも表示される。

画像: ウェグナーやヤコブセンなど世界的に著名なデザイナーがデザインした椅子に加えて、日本人がデザインした椅子も収録。

ウェグナーやヤコブセンなど世界的に著名なデザイナーがデザインした椅子に加えて、日本人がデザインした椅子も収録。

画像: 3D画像なので、回転させたり、ライティングを変えたり、拡大して細部を見たりと、デジタルならではの鑑賞を楽しめる。

3D画像なので、回転させたり、ライティングを変えたり、拡大して細部を見たりと、デジタルならではの鑑賞を楽しめる。

※価格は記事作成当時のものです。

●解説/村元正剛(ITライター)

●イラスト/中山昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.