キャッシュレス決済好きにはたまらない商品がリリースされました。その名もEVERING(エブリング)。指にはめるタイプのキャッシュレス決済端末で、Visaのタッチ決済に対応しています。エブリングをリーダーにかざすだけで支払いが可能です。しかし、エブリングは人気商品なのでオンラインの先行予約分は完売。一般販売以外で手に入れる方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

EVERINGとは

EVERING(エブリング)とは、Visaのタッチ決済に対応したスマートリングのことです。キャッシュレス決済端末の一種で、対象店舗での買い物に利用できます。Apple Watchでの決済の指輪版をイメージすればわかりやすいでしょう。

画像: store.evering.jp
store.evering.jp

カラーはブラックのみの1色展開。サイズに関しては17種類用意されており、指の形に合ったエブリングを選ぶことができます。製品価格は18,000円(税別)です。

※エブリングの決済機能には4年間の有効期限が設定されています。

EVERINGの特徴とは

画像: EVERINGの特徴とは

EVERING(エブリング)には押さえておきたい5つのポイントがあります。

【5つのポイント】

  • キャッシュレス決済機能
  • 充電なしで利用可能
  • 国際レベルのセキュリティ
  • 防水+高耐久
  • アプリで手軽に管理

最大の特徴はやはりキャッシュレス決済機能でしょう。事前にクレジットカードでお金をチャージし、エブリングを専用端末(リーダー)にかざすだけで買い物ができます。リーダーが発する電波に反応する仕組みなので、充電の必要がありません。

画像: evering.jp
evering.jp

また、エブリングはVisaのタッチ決済に対応したスマートリングです。当然ですがセキュリティレベルも高く、安全に利用できます。スマートフォンのアプリを利用すれば紛失時の機能停止も可能です。

使い心地にも注力しており、ジルコニアセラミックと呼ばれる素材を採用しています。低刺激はもちろん、防水機能(5気圧)+高耐久を実現しており、日常生活で快適に活用できるでしょう。つけたまま手を洗っても問題ありません。

EVERINGは9月に一般販売

キャッシュレス決済好きからしたら試さずにいられないEVERING(エブリング)。しかし、人気商品のためオンラインの先行予約分は完売しています。一般販売は9月を予定しているとのことなので、興味のある方は要チェックです。また、代官山の蔦屋書店をはじめ、一部店舗ではエブリングの予約販売を行っています。下記の店舗まで足を運べば、手に入れられるかもしれません。

【EVERING特設ポップアップ】

  • 六本木 蔦屋書店(終了)
  • 代官山 蔦屋書店
  • b8ta Tokyo – Yurakucho
  • b8ta Tokyo – Shinjuku Marui

まとめ

機能性が高く見た目もおしゃれなEVERING(エブリング)。一般販売された際は必ずゲットしたいと思います!

This article is a sponsored article by
''.