一台のクルマを長年所有されている方であれば、一度は経験したことがあると思われるのが、夜間運転時に、ライトを点灯しているにもかかわらず暗いと感じたこと。これ、実は、ヘッドライトの光量が低下したのではなく、ヘッドライトがくすんでいたり、黄ばんでいたりすることが原因だったりする。ヘッドライトのくすみや黄ばみ、あまりにも酷くなると車検に通らなくなるケースがあるので、メンテナンスをしっかりしておきたい部分の一つでもある。今回は、新車購入から10年経過したクルマのヘッドライトを研磨してコーティングしたら、どれくらいキレイになるのか素人がDIYで試してみた。

ヘッドライトをDIYでキレイにするには?

さて、くすんでしまったヘッドライトや黄ばんでしまったヘッドライトをキレイにするには、一体どのようにすればいいのだろうか。今回、初挑戦ということもあり施工方法をいろいろと調べてみたところ、特別な道具を使わなくてもキレイに出来ることがわかった。また、更に調べてみると、キレイな状態にできるだけでなく、キレイな状態を長持ちさせることのできるアイテムを見つけられたので、早速、ネットショッピングで購入してみた。

サンプルとなるのは10年前に購入したクルマ

今回、サンプルとなるのは、2011年に新車で購入した実家のクルマで、トヨタマークXジオ。実家のガレージは屋根付きではあるものの、ボンネット部分はほぼ雨ざらし状態であることから、ヘッドライト部分は黄ばみが発生するなど劣化が進んでいた。車検に通らないほどのくすみや黄ばみではないが、10年前のクルマというヤレ感が出てしまっている。まだまだ乗り替える予定はないという事なので、今回の実験材料にさせてもらった。

画像: 今回のサンプル車両(2011年式 トヨタマークX ジオ)ヘッドライトの黄ばみが気になる

今回のサンプル車両(2011年式 トヨタマークX ジオ)ヘッドライトの黄ばみが気になる

画像: 施行前の状態。写真左はヘッドライト上部の黄ばみが目立ち、写真右は全体的に黄ばみが目立つ。

施行前の状態。写真左はヘッドライト上部の黄ばみが目立ち、写真右は全体的に黄ばみが目立つ。

そもそも、なんでヘッドライトは黄ばむのだろうか?

ヘッドライトのくすみや黄ばみは、どうして起こるのだろうか。実は、ヘッドライトに使用されている素材に起因しているケースが殆どである。どういうことかというと、ヘッドライトの素材はその昔(25年以上前)、ほとんどがガラスを使用して作られていたのだが、ヘッドライトのデザインが急速に複雑なデザインに変わる中、ガラスでの加工が難しくなったりコストがかかったりすることから、成型がより簡単な樹脂素材へと切り替わってきた。その結果、年数がある程度経過してくると、どうしてもくすんでしまったり、黄ばんでしまうケースが目につくようになった。樹脂素材が劣化する主な原因は紫外線。青空駐車をしているクルマであれば、年中紫外線にさらされており、手入れを怠れば、いつのまにか醜い姿に変貌してしまう。ボディはキレイなのに、ヘッドライトのくすみや黄ばみに悩んでいる方も多くいることから、各社から対応品として手軽にキレイにできる製品が発売されている。しかし効果が持続しない製品も多くあり、施工してみたもののわずか数ヶ月で再び黄ばんでしまうことも間々あるようだ。今回の使用アイテムは、手間こそ少しかかるが効果の持続時間が比較的長めという実例もあるようなので、気になる方はチェックしてほしい。

今回試したのは、スリーエム「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」

早速だが、今回試した製品はスリーエムの「3Ⅿヘッドライト用クリアコーディング剤」(税込2680円程)。キット内容は、研磨材(3M独自の研磨材)とコーティング剤ととてもシンプルだ。ただ、これだけではちょっと不安だったので(初めてということもあり)耐水ペーパー(800円程度)を予備で購入した。そのほか、研磨作業時ボディに傷を付けないための養生マスキングテープ、ヘッドライトを水で濡らすための蓄圧式スプレー、その水をふき取るためのマイクロファイバークロスを用意した(かかった費用は全部で5000円程度)。

画像: 用意したのは「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」、マスキングテープ、耐水ペーパー (800~3000番)、マイクロファイバークロス、そして、蓄圧式スプレー

用意したのは「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」、マスキングテープ、耐水ペーパー
(800~3000番)、マイクロファイバークロス、そして、蓄圧式スプレー

画像: 【ヘッドライトの黄ばみ取りDIY】研磨&コーティングでくすみ・くもりも除去!新車登録から10年経過したクルマで試してみた
3M ヘッドライト用クリア コーティング剤 39173
種類:自動車ヘッドライト用研磨材および保護コーティング剤
用途:自動車ヘッドライトレンズ、テールランプ、ウィンカー等の黄ばみ・くもり・くすみの除去および保護
成分:水、ウレタンポリマー混合物、ジエチレングリコールモノエチルエーテル、アクリルコポリマー、ポリメチルメタクリレート、紫外線安定剤
液性(コーティング剤):弱アルカリ性
¥2,166
2021-07-27 21:28

準備が整ったので、早速作業スタート

表面のくすみや黄ばみの度合いで、初めに使う耐水ペーパーの番手を決めるのだが、今回はくすみや黄ばみがそこそこあるため、800番の耐水ペーパーを使って作業を始めてみた。研磨前に、ボディへの傷防止のためにマスキングテープで養生し、その後ヘッドライトを洗浄。準備が整ったら蓄圧式スプレーでヘッドライトに水をかけながら、水になじませた耐水ペーパーで研磨を始めた。開始早々、黄色いカスが出始めるが、この黄色いカスが出なくなるまでひたすら研磨し続ける。ちなみに、黄色いカスは紫外線などによる汚れ。研磨のコツは、一か所に集中するのではなく、まんべんなく全体を磨くように意識すること。一通り研磨ができたら水で削りカスを洗い流し、タオルで余分な水滴をふき取る。磨き残しが無いかを確認したら次は1000番の耐水ペーパーを使用して、同じように研磨する。これを2000番、3000番までおこなったら、いよいよコーティングの1回目を塗り込んでいくという流れで進める。今回、耐水ペーパーを別途用意したが、「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」にも、3000番の耐水ペーパーが入っていたので、最後にもう一度研磨を行った。

画像: ボディに傷がつかないように、マスキングテープでしっかり養生

ボディに傷がつかないように、マスキングテープでしっかり養生

画像: まずは800番から研磨を開始。耐水ペーパーを水に馴染ませ、ヘッドライトに水を噴霧する

まずは800番から研磨を開始。耐水ペーパーを水に馴染ませ、ヘッドライトに水を噴霧する

画像: 耐水ペーパーで研磨し始めると黄色い削りカスがでてくる。これが、紫外線などで劣化した汚れ。 汚れをキレイに拭き取ったら、最初の800番は終了

耐水ペーパーで研磨し始めると黄色い削りカスがでてくる。これが、紫外線などで劣化した汚れ。
汚れをキレイに拭き取ったら、最初の800番は終了

画像: 次に1000番の耐水ペーパーで研磨する

次に1000番の耐水ペーパーで研磨する

画像: さらに次は2000番で研磨。1000番で研磨したときよりも、少し透明度が上がったのがわかる

さらに次は2000番で研磨。1000番で研磨したときよりも、少し透明度が上がったのがわかる

画像: 最後は3000番。2000番で研磨したときよりもさらに透明度が上がった

最後は3000番。2000番で研磨したときよりもさらに透明度が上がった

いよいよコーティング開始

磨きの行程が終了したので、いよいよコーティングの行程に移行する。袋を開封すると、コーティング液に浸されたシートが出てくるので、まずは1回目のコーティングを行う。1回目のコーティング終了後は15分程度乾燥させ、次に2回目の仕上げ用コーティングを行う。2回目のコーティングが完了したら、1時間程度自然乾燥させれば全ての工程が終了となる。乾かしている間は、触れたり、水に濡れないように注意が必要だ。

画像: 使用した「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」の中味

使用した「3Mヘッドライト用クリアコーティング剤」の中味

画像: 付属の3000番のペーパーが入っていたので、最終研磨を行ったところ、かなり透明度が上がった

付属の3000番のペーパーが入っていたので、最終研磨を行ったところ、かなり透明度が上がった

画像: 一回目のコーティングを施工。磨いて白くなっていたヘッドライトが、コーティング剤でみるみる透明になっていくのがわかる

一回目のコーティングを施工。磨いて白くなっていたヘッドライトが、コーティング剤でみるみる透明になっていくのがわかる

画像: 一回目のコーティングが完了。この状態でも十分と思えるほどキレイになった

一回目のコーティングが完了。この状態でも十分と思えるほどキレイになった

画像: 2回目のコーティングも終了し、これで、作業の全てが終了。出来上がりにはかなり満足

2回目のコーティングも終了し、これで、作業の全てが終了。出来上がりにはかなり満足

乾燥までの1時間

コーティングが乾燥するまでの1時間、クルマのあちらこちらに目を向けると、10年の月日を感じさせる部分が目につく。例えば、未塗装樹脂部品が白く劣化していたりなど。そこで、ヘッドライトコーティングの乾燥までの1時間で未塗装樹脂部分をキレイにしてみることにした。施工する場所は、フロントガラス、ワイパーの根本付近のプラスチックカバー。使用したのは、ワコーズの「スーパーハード」(未塗装樹脂用耐久コート剤)。この製品は、付属する専用のスポンジにコート剤を染み込ませ、劣化した樹脂部分にそのスポンジで塗り込み、その後乾いたタオルで拭きあげれば完成という、いたって簡単なアイテムだ。とても簡単な作業だがその効果は絶大で、白く劣化していた樹脂部品が、まるで新品部品であるかのように黒々とした状態に蘇る。それも、一度塗り込んだら、長い期間効果が持続するので、とても重宝するアイテムだ。

画像: 写真左が施工前、だいぶ白く劣化してしまっている。写真右が左半分を施工した状態で、その違いが歴然としている

写真左が施工前、だいぶ白く劣化してしまっている。写真右が左半分を施工した状態で、その違いが歴然としている

画像: 写真左が施工終了後で、新車時のような黒々とした状態に蘇った。写真右は、今回使用した「スパーハード」

写真左が施工終了後で、新車時のような黒々とした状態に蘇った。写真右は、今回使用した「スパーハード」

まとめ

これで、コーティングの作業自体は終わりだ。とても簡単だし、特別な工具を使用しなくても施工が出来るのがうれしい。ここまでにかかった時間は、養生などの準備を入れても1時間程度だから、気になっているのであれば、施工する事をお薦めする。

画像: まとめ
画像: 写真左側が施工前。写真右側が施工後。かなり透明度が上がった

写真左側が施工前。写真右側が施工後。かなり透明度が上がった

画像: 全ての施行が終了した状態。思いのほかキレイになり、10年前のクルマとは思えないほど

全ての施行が終了した状態。思いのほかキレイになり、10年前のクルマとは思えないほど

施工後のお手入れは

施工後のお手入れとしては、ヘッドライトを意識しながら洗車することだろう。例えば、クルマのボディにはワックスがけをするのに、なぜかヘッドライトにはワックスをかけるという意識がなかった。この意識を変えることで、年数の経過した車でもキレイに保つことが出来るようになるかもしれない。

最後に、そして次は!

最後に、今回、初めての試みとしてヘッドライト磨いてみたが、意外にも簡単にキレイになった。これを機に、ヘッドライトだけではなく、ボディに至るまでキレイにしてみたくなってきた。果てして、ボディ全体がくすんでしまったクルマを蘇らせることはできるのか、機会があったら挑戦してみたいと思う。

This article is a sponsored article by
''.